【ドラフト候補】大崎高校 坂本安司 初の甲子園出場に導いたエース”あんじ”

大崎高校 坂本安司 安定感抜群の右腕エース(読み方:あんじ)

センバツ2021 長崎・大崎高校 坂本安司(3年)は、離島・大島からチームを初の甲子園出場に導いた右腕エースである。最速139キロのストレートを持ち、投球テンポは早く、制球力抜群のピッチングが持ち味だ。

※学年=2021年度(大崎高校メンバー特集

【注目のポイント】
・名前の読み方は、坂本安司(さかもと・あんじ)。長崎県佐世保市立日野中学校出身。

・大崎高校でバッテリーを組むのは、同じ日野中学校出身の調祐李(しらべ・ゆうり)。

・チームメートからは、最も私服などが「お洒落である」との評価を得る。

・センバツ2021につながる秋季大会2020年では、8試合59回を投げて、被安打42、奪三振37、与死四球13、失点10、防御率1.53を記録した。

・秋季九州大会2020年では、開新・延岡学園・明豊(延長12回)の3試合を1人で投げ抜き、3試合とも2失点に抑える好投を見せた。

・自己最速を現在の139キロから高速化を図るため、5キロのダンベルを3本の指で持ち上げるトレーニングを積む。指先の力を鍛え、リリースポイントでの力の伝わり方をより強化している。

【参考:秋季九州大会2020年】
・初戦の開新戦(熊本2位)は、8回を投げて、被安打5・死四球2で完投(9-2 8回コールドで勝利)

・準々決勝の延岡学園戦(宮崎2位)は、9回を投げて、被安打3・死四球3・奪三振4で完投(3-2で勝利)

・準決勝の明豊戦(大分1位)は、延長12回・全172球を投げて、被安打11・死四球6ながら2失点で完投(3x-2 延長12回)

※決勝戦の福大大濠戦は、身長181センチの長身左腕・勝本晴彦(1年)が4安打1失点で完投(5-1で勝利)



坂本安司のプロフィール

・身長体重:176/75
・血液型:A
・誕生日:03.6.2
・50mタイム:6.2
・遠投:100
・出身中学:佐世保市立日野
・出身チーム:野球部
・趣味:スニーカー集め
・好きな選手・球団:吉田輝星・なし
・将来の夢:プロ野球選手
・好きな食べ物:ラーメン
・嫌いな食べ物:肉の脂
・好きなタレント:今田美桜
・ニックネーム:あんじ