【ドラフト候補】大阪桐蔭・関戸康介、明徳義塾中学出身の最速146キロ右腕【2021年のドラフト注目投手】

大阪桐蔭・関戸康介、明徳義塾中学出身の最速146キロ右腕

2021年のドラフト候補・大阪桐蔭の関戸康介(せきど こうすけ 2年)。長崎県佐世保市出身。

高知の名門・明徳義塾中学へ進み、1年秋からエース。中学3年の夏には、全日本少年軟式野球大会でチームを準優勝に導いた。

最速は、小学生で129キロを記録。中2年秋には140キロを突破。3年夏には最速146キロに達し、全国的に注目を集めた。

明徳義塾中学から大阪桐蔭へ進学。当時は、野球ファンの間で、その進路決定は大きな注目を浴びた。進路決定に際して「周囲のレベルも高いし、勉強もできるから」とその理由を語る。

今後、その才能をさらに開花させ、2021年のドラフト上位候補として、プロ野球界も大きな注目を寄せそうだ。



関戸康介(大阪桐蔭)プロフィール・出身・経歴

読み方:せきどこうすけ
誕生日:2003年4月14日
50mタイム:6.4秒
出身中学:佐世保市立広田中学校
所属チーム:明徳義塾中野球部
趣味:読書
好きな野球選手:今宮健太
好きな球団:ソフトバンク
将来の夢:メジャーリーガー
好きな食べ物:麺
苦手な食べ物:エビ
好きなタレント:今田美桜
ニックネーム:セッキー

スポンサー リンク