【無念すぎる】選抜・高知高校 島内優成主将が左足首を骨折!3月14日の練習試合で。

【速報】選抜・高知高校 島内優成主将が左足首を骨折!3月14日の練習試合で。

選抜出場の高知高校の主将の島内優成捕手が、3月14日の練習試合でスライディングした際に左足首を骨折したことがわかった

全治2カ月と診断され、センバツ出場は絶望となった。代役として抽選会に出席した副主将のエース・中屋友那投手(3年)は「島内が出られない分、自分がしっかり投げたい」と力を込める。

島内は20日に手術を受ける予定で、「精神的にも中心なので、できればベンチには入れたい」と島田監督。

島内優成の横顔

ナインが絶対的な信頼を寄せるキャプテン。「チームが悪い状態でも、流れを変えることのできる選手になりたい」と話し、甲子園では「『攻めて勝つ』。そのためにチームを率いることができたら」と力を込める。試合では、扇の要の司令塔として、個性豊かな投手陣をリード。「対戦相手の特徴をつかみ、しっかり導きたい」。誓うのは、自らを鍛え、支えてくれた中学時代の恩師らへの「恩返し」のプレーだ。最大の武器の強肩で「盗塁を刺して、チームを勢いづかせることができたら」。

高知中出身。172センチ、67キロ。

スポンサー リンク