【チケット】春高バレー2021年 無観客試合で開催(チケット発売なし)

春の高校バレー 2021年 チケット概要

春高バレー2021年は、新型コロナ感染拡大防止のために無観客試合で開催され、チケットの発売はなし。

バーチャル春高バレーが全試合を無料ネット配信する予定。(男女決勝戦はオンデマンド配信)

 【春の高校バレー2021 日程・速報結果】
 ・1月5日(火):1回戦、1月6日(水):2回戦
 ・1月7日(木):3回戦・準々決勝
 ・1月9日(土):準決勝、1月10日(日):決勝
 ・会場:東京体育館(無観客試合、開会式はなし)
 ・選手:男子出場メンバー 女子出場メンバー
 ・中継:バーチャル春高バレーが無料ネット中継



春の高校バレー 出場校メンバー一覧

【北海道・東北】左=男子出場校、右=女子出場校
北海①:北海道科学大(2年連続5回目) 札幌山の手(3年連続13回目)
北海②:恵庭南(2年連続3回目) 帯広南商業(10年ぶり5回目)
青森 :弘前工業(3年ぶり41回目) 青森西(4年連続17回目)
岩手 :不来方(2年連続14回目) 高田(7年ぶり21回目)
秋田 :雄物川(26年連続26回目) 秋田北(3年連続5回目)
山形 :山形南(2年連続12回目) 米沢中央(2年ぶり10回目)
宮城 :仙台商業(3年ぶり7回目) 古川学園(16年連続41回目)
福島 :福島商業(2年ぶり2回目) 郡山女子大附(5年連続22回目)

【関東】左=男子出場校、右=女子出場校
茨城 :土浦日大(3年連続12回目) 日立第二(32年ぶり2回目)
栃木 :足利大附属(2年連続40回目) 國學院栃木(34年連続35回目)
群馬 :伊勢崎(4年ぶり12回目) 西邑楽(3年連続7回目)
埼玉 :昌平(初出場) 春日部共栄(6年ぶり15回目) 
東京①:駿台学園(11年連続13回目) 文京学院大(4年連続12回目)
東京②:東亜学園(16年連続37回目) 共栄学園(2年連続25回目)
東京③:安田学園(15年ぶり6回目) 八王子実践(6年連続43回目)
千葉 :習志野(14年連続37回目) 敬愛学園(2年連続10回目)
神奈①:東海大相模(2年ぶり4回目) 川崎橘(3年連続26回目)
神奈②:慶應義塾(2年連続3回目) 伊勢原(3年ぶり18回目)
山梨 :日本航空(19年連続19回目) 帝京第三(14年ぶり2回目)




【北信越】左=男子出場校、右=女子出場校
長野 :松本国際(8年連10回目) 都市大塩尻(3年連続8回目)
新潟 :東京学館新潟(2年ぶり13回目) 長岡商業(3年連続9回目)
富山 :富山第一(2年ぶり7回目) 富山第一(8年連続13回目) 
石川 :石川県工(2年ぶり29回目) 金沢商業(19年連続46回目)
福井 :福井工大福井(3年連続44回目) 北陸(7年ぶり8回目)

【東海】左=男子出場校、右=女子出場校
静岡 :聖隷クリストファー(5年ぶり13回目) 富士見(8年連続13回目)
愛知 :星城(4年ぶり15回目) 誠信(2年ぶり2回目)
岐阜 :県立岐阜商(10年連続17回目) 県立岐阜商(4年ぶり7回目) 
三重 :松阪工業(6年連続38回目) 津商業(4年ぶり17回目)

【近畿】左=男子出場校、右=女子出場校
滋賀 :近江(18年連続36回目) 近江(3年ぶり13回目)
和歌山:開智(26年連続26回目) 和歌山信愛(7年連続37回目)
奈良 :天理(3年連続8回目) 奈良文化(3年連続3回目)
京都 :東山(2年連続13回目) 北嵯峨(23年ぶり3回目)
大阪①:清風(6年連続28回目) 金蘭会(10年連続10回目)
大阪②:近大付属(初出場) 大阪国際滝井(2年連続22回目)
兵庫 :市立尼崎(22年連続33回目) 氷上(2年連続36回目)




【中国】左=男子出場校、右=女子出場校
岡山 :玉野光南(6年ぶり13回目) 就実(7年連続44回目)

広島 :崇徳(7年連続47回目) 広島桜が丘(2年連続3回目)
鳥取 :鳥取中央育英(4年連続4回目) 岩美(2年ぶり3回目)
島根 :松江高専(初出場) 安来(2年連続37回目)
山口 :高川学園(6年連続9回目) 誠英(31年連続41回目)

【四国】左=男子出場校、右=女子出場校
香川 :高松工芸(3年ぶり22回目) 坂出商業(初出場)
徳島 :城東(3年ぶり6回目) 城南(2年連続12回目) 
愛媛 :松山工業(4年ぶり26回目) 松山東雲(5年連続7回目) 
高知 :高知(5年連続20回目) 高知(2年連続2回目) 

【九州】左=男子出場校、右=女子出場校
福岡 :東福岡(10年連続12回目) 誠修(2年連続18回目)
佐賀 :佐賀学園(3年連続6回目) 佐賀清和(2年ぶり13回目) 
長崎 :大村工業(11年連続18回目) 聖和女学院(3年ぶり5回目) 
熊本 :鎮西(12年連続33回目) 鎮西(2年ぶり4回目)
大分 :大分南(2年連続2回目) 東九州龍谷(21年連続36回目)
宮崎 :都城工業(5年連続37回目) 都城商業(3年ぶり8回目) 
鹿児島:鹿児島商(2年ぶり30回目) 鹿児島女子(2年連続36回目)
沖縄 :美里工業(18年ぶり12回目) 西原(2年ぶり9回目)