【注目進路】金足農業 菊地彪吾、八戸学院大学へ合格|セミ王子の愛称

金足農業 菊地彪吾、八戸学院大学へ合格|セミ王子の愛称

夏の甲子園で準優勝した金足農業の菊地彪吾(ひゅうご)が、北東北大学リーグの八戸学院大学に合格した。

近江との準々決勝では、9回裏無死満塁でのスクイズで一気に二塁からサヨナラ生還。また、大垣日大との2回戦では、背中にセミが止まったまま三塁打を放ち「セミ王子」の愛称がついた。


金足農業 菊地彪吾プロフィール

名前は「ひゅうご」と読む。

50メートル6秒、チーム1の俊足。

学科は造園緑地科。

出身中学は秋田 秋田市山王中。

今大会 準々決勝の近江戦、三塁走者に続いて走ろうとする菊池を止める三塁コーチャーを振り切って本塁へ猛ダッシュ&ヘッドスライディングし、見事2ランスクイズで劇的逆転サヨナラ勝ちへと導いた。

14日の大垣日大(岐阜)戦では、背中にセミが止まりネットでも話題を呼んだ。だが本人は「カブトムシはいけるが、セミはあまり好きじゃない。飛ぶ系は…」と話している。

試合前は清水翔太の曲を聴いてリラックス。学校では食品加工でジャムなどを作り販売。危険物取扱丙種の資格も持つ。

スポンサー リンク