【大学野球】上武大学 野球部 2019年度 合格者|瀬戸内高校の門叶や新保利於など

上武大学 野球部 2019年度入学予定者

上武大学(関甲新学生野球リーグ1部)の2019年度AO入試合格者は以下の通り。日刊スポーツが1月15日に報じた。

合格したのは、2017年秋季中国大会の米子松蔭戦で1試合4本塁打をマークした瀬戸内高校の門叶直己、同じく瀬戸内の新保利於主将。新保は2017年のセンバツで選手宣誓を務めていた。

また、2017年の春センバツに出場し、瀬戸内と対戦した明秀日立・4番の芳賀大成や、花咲徳栄・田谷野拳世、徳島の生光学園・湯浅麗斗らも上武大学へと進学する。

瀬戸内高校 門叶直己
瀬戸内高校 新保利於
明秀日立 芳賀大成
花咲徳栄 田谷野拳世
生光学園 湯浅麗斗



【大学別・進学者】
▷筑波大学推薦入試合格者一覧
▷慶応大学入部予定者一覧
▷早稲田大学スポーツ推薦一覧

▷明治大学スポーツ推薦一覧
▷立教大学入部予定者一覧
▷法政大学スポーツ推薦一覧
▷中央大学スポーツ推薦一覧
▷青山学院大学入部予定者一覧
▷駒沢大学スポーツ推薦一覧

▷東海大学入部予定者一覧
▷亜細亜大学スポーツ推薦一覧
▷立正大学スポーツ推薦一覧
▷東洋大学スポーツ推薦一覧
▷専修大学スポーツ推薦一覧
▷國學院大学スポーツ推薦一覧
▷日体大スポーツ推薦一覧

▷桜美林大学入学予定者一覧
▷拓殖大学入部予定者一覧

▷横浜商科大学入部予定者一覧
▷上武大学入学予定者一覧
▷近畿大学入学予定者一覧
▷注目高校球児の進路一覧


「スポンサーリンク」

通称「瀬戸のジャンボ」瀬戸内の門叶直己

読み方は「とがの」と読む。2017年秋季中国大会の米子松蔭戦では1試合4本塁打を放つ大活躍で注目を集めた。瀬戸内には投手として入学。当時の最速は132キロで、変化球はカーブとフォークが武器だったが、故障。その後、打者に専念してきていた。

2017春のセンバツで瀬戸内と明秀日立が対決

スポンサー リンク