《見どころ》東海大甲府 vs 東海大相模 センバツ2021

東海大甲府 vs 東海大相模 センバツ2021

センバツ2021「東海大甲府 vs 東海大相模」の試合の見どころを特集する。

“東海大学系列同士”の一戦は、”秋季関東大会の準々決勝”と同一カードに。勝てばセンバツ当確となる秋季関東大会・準々決勝では、東海大甲府が土壇場9回裏に2点を奪い、2x-1(9回逆転サヨナラ)で東海大相模を撃破。東海大相模とすれば、リベンジマッチとなる。手の内を知り尽くす同士のガチンコ対決が予想される。

◆3月20日(土) 1回戦 [第2日目]
14:20 東海大相模(神奈川) vs 東海大甲府(山梨)
・・|000|000|000|= 0
・・|000|000|000|= 0

◆主なポイント(注目選手など)
・東海大甲府の左腕・若山恵斗(2年)は、大会屈指の好投手。関東大会は、細田学園戦と東海大相模戦の2試合を一人で投げ、わずか合計2失点と好投。村中秀人監督は、巨人・原辰徳監督と東海大相模・東海大学の同期で、東海大相模の元監督でもある。

・東海大相模は、夏の甲子園交流試合でも話題となった高速テンポ投法の左腕・石田隼都(2年)に注目が集まる。チームは、打率.344(12位)、1試合平均得点7.9点(12位)、防御率1.19(6位)と総合力も高く、上位進出を狙う。

・ユニホームは、東海大相模が「青み」がかり、東海大甲府は「薄いグレー」である点が見分けのポイントだ。東海大系列高校がセンバツに3校出場するのは初。(今回=東海大甲府、東海大相模、東海大菅生)



東海大甲府のチーム成績・特徴

◆東海大甲府(ベンチ入りメンバー)
左腕・若山恵斗(2年)は緩急自在の注目投手。関東大会では、細田学園戦と東海大相模戦の2試合を一人で投げ、わずか合計2失点。細田学園戦では「牽制球で3回刺す」などセンスが光る。チーム防御率は2.51(24位)、1試合平均失点は2.9点(22位)。打撃面は、夏の独自大会で優勝するも甲子園出場が叶わなかった3年生が打撃投手などで支援。山梨大会5試合で毎試合2桁安打を記録するなど、チーム打率は.333(15位)、1試合平均得点6.6点(21位)。大一番の東海大相模戦では9回裏に2点を挙げてサヨナラ勝利し、センバツ切符。

【回数】5年ぶり6回目(夏の甲子園=13回)
【成績】山梨大会=優勝、関東大会=4強
【勝敗】8戦7勝1敗
【評価】A=0、B=5、C=1(スポーツ紙6紙)
【打率】 .333 / 15位 (.332)
【防御率】2.51 / 24位 (2.19)
【失点数】23点 / 17位 (22.3点)
 →平均 2.9点 / 22位 (2.4点)
【得点数】53点 / 22位 (67.4点)
 →平均 6.6点 / 21位 (7.3点)
【本塁打】3本 / 18位 (3.5本)
 →平均 0.4本 / 12位 (0.4本)
【盗塁数】17個 / 13位 (15.9個)
 →平均 2.1個 / 11位 (2個)
【失策数】6個 / 11位 (7.2個)
 →平均 0.8個 / 15位 (0.8個)
【部員数】64人(3人) (5位)
【生徒数】817人 (17位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)



東海大相模のチーム成績・特徴

◆東海大相模(ベンチ入りメンバー)
高速テンポ投球の左腕・石田隼都(2年)に注目。甲子園交流試合・大阪桐蔭戦では、極めて早い投球テンポで、左右の打者を翻弄するピッチングが話題に。関東大会では、準々決勝で東海大甲府に9回裏に2点を奪われ逆転サヨナラ負けで8強。秋成績は、打率.344(12位)、1試合平均得点7.9点(12位)、防御率1.19(6位)、1試合平均失点1.2点(4位)、1試合平均失策数は0.4個(2位)と高い総合力を誇り、関東・東京地区の6校目として選出。スポーツ6紙の評価はA=3、B=3。上位進出をうかがう。なお、副主将・門馬功(2年)は、門馬監督の息子である。

【回数】2年連続12回目(夏の甲子園=11回)
【成績】神奈川大会=優勝、関東大会=8強
【勝敗】9戦8勝1敗
【評価】A=3、B=3、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .344 / 12位 (.332)
【防御率】1.19 / 6位 (2.19)
【失点数】11点 / 5位 (22.3点)
 →平均 1.2点 / 4位 (2.4点)
【得点数】71点 / 16位 (67.4点)
 →平均 7.9点 / 12位 (7.3点)
【本塁打】6本 / 3位 (3.5本)
 →平均 0.7本 / 4位 (0.4本)
【盗塁数】16個 / 17位 (15.9個)
 →平均 1.8個 / 14位 (2個)
【失策数】4個 / 3位 (7.2個)
 →平均 0.4個 / 2位 (0.8個)
【部員数】55人(1人) (13位)
【生徒数】1831人 (4位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)