《特集》東海大甲府 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

東海大甲府 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 東海大甲府 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季山梨大会=優勝、秋季関東大会=4強:県大会は決勝で日本航空に10-2で勝利し優勝。関東大会の初戦では、細田学園に8-1で勝利。勝てば選抜当確となる準々決勝では、東海大相模と対戦し、9回裏に2点を挙げてサヨナラ(2x-1)。準決勝では常総学院に10-0(6回コールド)で敗れた。(参考:夏の独自大会は、決勝で山梨学院に5-4で勝利し優勝)

◆牽制球もキレるエース左腕・若山恵斗に注目:最速139キロの直球と80キロ台の変化球で緩急をつけた投球が持ち味のサウスポー。関東大会では、細田学園戦と東海大相模戦の2試合を一人で投げ抜き、わずか合計2失点。完投能力があり、夏の独自大会の決勝マウンドも任されるなど経験豊富。細田学園戦では「牽制球で3回刺す」などマウンドさばきの上手さも光る。

◆夢を託した3年生のサポートで打撃強化:打撃面では、山梨大会の5試合で毎試合2桁安打を記録。中心は、最高打率.560を記録した木下凌佑(2年)とチーム最多13打点を挙げた猪ノ口絢太(1年)だ。また、久井竣也(2年)は、山梨大会の準々決勝・甲府工戦でソロ本塁打、関東大会の準々決勝・東海大相模戦ではサヨナラ打を放つなど勝負強い。また、夏の独自大会で優勝するも叶わなかった甲子園の夢を託した3年生エースの亀井康生が打撃投手を務め、打撃力を磨いた。

◆主なチームデータ:防御率2.51(24位)、1試合平均失点は2.9点(22位)、打率.333(15位)、1試合平均得点6.6点(21位)



東海大甲府 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更あり]

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 若山恵斗  左左 3年 埼玉県 蓮田市立蓮田
02 三浦諒太  右右 3年 神奈川県 寒川町立旭が丘 ◎主将
03 久井峻也  右右 3年 大阪府 岸和田市立春木
04 桑島里人  右左 3年 京都府 京都市立近衛
05 後藤紘和  右右 3年 愛知県 名古屋市立八幡
06 中澤空芽  右右 3年 東京都 港区立高陵
07 木下凌佑  右右 3年 愛知県 瀬戸市立南山
08 猪ノ口絢太 左左 2年 栃木県 佐野市立南
09 福與大地  右左 3年 長野県 松川町立松川
10 加藤太陽  左左 3年 東京都 練馬区立関
11 赤井海人  右右 3年 滋賀県 栗東市立栗東西
12 久保田稚彰 右右 3年 ※最終登録変更で追加
13 三枝正弥  左左 3年 山梨県 甲斐市立竜王
14 塚本柊真  右左 3年 茨城県 つくば市立茎崎
15 佐瀬栞太  左左 3年 ※最終登録変更で追加
16 野田彪雅  右右 3年 静岡県 富士市立田子浦
17 國政来斗  右左 3年 大阪府 四條畷市立四條畷西
18 山口優星  右右 2年 東京都 杉山区立井荻
監督:村中秀人



秋季大会の主な成績・データ

<東海大甲府の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】5年ぶり6回目(夏の甲子園=13回)
【成績】山梨大会=優勝、関東大会=4強
【勝敗】8戦7勝1敗
【評価】A=0、B=5、C=1(スポーツ紙6紙)
【打率】 .333 / 15位 (.332)
【防御率】2.51 / 24位 (2.19)
【失点数】23点 / 17位 (22.3点)
 →平均 2.9点 / 22位 (2.4点)
【得点数】53点 / 22位 (67.4点)
 →平均 6.6点 / 21位 (7.3点)
【本塁打】3本 / 18位 (3.5本)
 →平均 0.4本 / 12位 (0.4本)
【盗塁数】17個 / 13位 (15.9個)
 →平均 2.1個 / 11位 (2個)
【失策数】6個 / 11位 (7.2個)
 →平均 0.8個 / 15位 (0.8個)
【部員数】64人(3人) (5位)
【生徒数】817人 (17位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月20日(土) 1回戦 [第2日目]
14:20 東海大相模 3-1 東海大甲府(延長11回) [見所]
  東海大相|000|000|100|020=3
  東海大甲|000|000|010|000=1

✍️試合結果コメント
東海大相模が東海大甲府に延長11回の末、3-1で勝利。秋季関東大会・準々決勝でのサヨナラ負けのリベンジを果たした。東海大相模は、直前の最終メンバー変更でベンチ入りした背番号18・石川永稀(2年)が好投。8回104球を投げ、被安打6の1失点と試合を作った。さらに、9回からはエース左腕・石田隼都(2年)が、気迫あふれる投球で相手打線を抑えた。延長11回表には、キャプテンの大塚瑠晏(2年)が勝ち越しとなるタイムリー2塁打、さらに4番・柴田疾(2年)のタイムリーで合計2点を挙げ、3-1と勝負を決めた。一方の東海大甲府は、エース左腕・若山恵斗(2年)が延長11回を1人で投げ抜き、合計123球の熱投。気合十分で、甲子園球場全体の視線を集めた。バックも再三の好守備で盛り立てた。8回裏には、関東大会の東海大相模戦でサヨナラ打を放った久井竣也(2年)が1-1とする同点打を放つなど、勝負強さをみせた。

✍️試合の見どころ
“東海大学系列同士”の一戦は、”秋季関東大会の準々決勝”と同一カードに。勝てばセンバツ当確となる秋季関東大会・準々決勝では、東海大甲府が土壇場9回裏に2点を奪い、2x-1(9回逆転サヨナラ)で東海大相模を撃破。東海大相模とすれば、リベンジマッチとなる。手の内を知り尽くす同士のガチンコ対決が予想される。

✍️試合のポイント(注目選手)
・東海大甲府の左腕・若山恵斗(2年)は、大会屈指の好投手。関東大会は、細田学園戦と東海大相模戦の2試合を一人で投げ、わずか合計2失点と好投。村中秀人監督は、巨人・原辰徳監督と東海大相模・東海大学の同期で、東海大相模の元監督でもある。

・東海大相模は、夏の甲子園交流試合でも話題となった高速テンポ投法の左腕・石田隼都(2年)に注目が集まる。攻撃面では、4番の柴田疾(2年)に注目だ。秋の公式戦は、打率.471、本塁打4本(出場選手中=1位)、打点15(出場選手中=7位)を記録。チームは、打率.344(12位)、1試合平均得点7.9点(12位)、防御率1.19(6位)と総合力も高く、上位進出を狙う。



秋季関東大会の戦歴・試合結果

◆準決勝
東海大甲府(山1) 0-10 常総学院(茨2)(6回コ)

 東海大甲府|000|000|000|=0 
 常総学院|100|414|000|=10
投手:東海大甲府=加藤→山口→赤井、常総学院=大川
————————————————
常総学院が10-0(6回コールド)で東海大甲府に勝利し、決勝進出。常総学院は1回裏、4番・青木のタイムリーで1点を先制。4回裏には押出四球と1番・宮原の犠牲フライで2点を追加、さらに2番・伊藤の3塁打で2点を挙げ、5-0とする。6回裏には、内野ゴロで1点、4番・青木のタイムリーで1点、さらに2死満塁から7番・塙が2塁打を放ち、10点差をつけゲームセット。常総学院の大川慈英は、6回を一人で投げ、被安打1・与死四球2・奪三振1の完封勝利。前橋商戦で9安打9点、木更津総合戦で17安打9点を記録した打線はこの日も好調で、東海大甲府の3投手に12安打を浴びせた。細田学園・東海大相模の2試合を一人で投げ抜き、合計2失点に抑えた東海大甲府のエース若山恵斗は、この日は登板しなかった。

◆準々決勝
東海大相模(神1) 1-2x 東海大甲府(山1)(9回サヨナラ)

 東海大相模|000|001|000|=1 
 東海大甲府|000|000|002|=2x
投手:東海大相模=石田、東海大甲府=若山
————————————————
東海大甲府が土壇場9回裏に2点をあげ、東海大相模に2x-1で逆転サヨナラ勝利。センバツ出場が有力に。試合は、東海大甲府のエース若山恵斗とエース石田隼都の投げ合いとなった。先制したのは東海大相模。6回表、安打と2四球から1死満塁とすると、5番・門馬がレフトへ犠牲フライを放ち1点を先制。9回裏、1点を追う東海大甲府は、先頭が四球を選び出塁。その後、1死から4番・木下がヒットを放ち1死1・2塁のチャンスを作ると、5番・久井がライト前へヒット。弾んだ打球がライトの頭を越え、2者が一気に生還し、2x-1。東海大甲府の先発エース若山は5安打4奪三振3四球の好投を見せ、土壇場の逆転劇を引き寄せた。一方の東海大相模の石田隼都も、9回を一人で投げ抜き、5安打7奪三振4四球と好投した。

◆1回戦
東海大甲府(山1) 8-1 細田学園(埼2)

 東海甲府|102|001|031|=8 
 細田学園|000|001|000|=1
投手:東海大甲府=若山、細田学園=松本
————————————————
東海大甲府が8-1で細田学園に勝利。先制したのは東海大甲府、1回表に3番・猪ノ口の3塁打で1点を先制すると、3回表には5番・久井のタイムリーと失策で2点を追加。さらに6回表には、3番・猪ノ口の犠牲フライで1点を追加し、4-0とする。一方の細田学園は、6回裏に1番・福垣のタイムリーで1点を返す。終盤にも東海大甲府は、8回表にヒットと失策などから3点、9回表にも2番・後藤の安打で1点を追加した。先発の若山恵斗は、9回1失点10奪三振の好投。ヒット8本を打たれながらも無死四球、さらには巧みな牽制で一塁走者を3度アウトにし、相手の機動力を封じた。打線は15安打と好調だった。



秋季山梨大会の戦歴・試合結果

【秋季関東大会=山梨(2枠)】秋季山梨大会結果

①東海大甲府の戦歴・試合結果
・決勝戦 東海大甲府 10-2 日本航空
・準決勝 東海大甲府 7-3 富士学苑
・準々決勝 東海大甲府 6-3 甲府工業
・2回戦 東海大甲府 11-1 日大明誠 (6)
・1回戦 東海大甲府 9-2 甲府第一(8)

②日本航空の戦歴・試合結果
・決勝戦 日本航空 2-10 東海大甲府
・準決勝 日本航空 6-2 甲府城西
・準々決勝 日本航空 5-3 駿台甲府(11)
・2回戦 日本航空 6-5 日川(14)
・1回戦 日本航空 10-0 山梨(5)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手