《選手名簿》上田西 野球部メンバー2021年

上田西 野球部メンバー 2021年

上田西 野球部 2021年メンバーを特集!

⚡️2021年秋季長野県大会 登録選手⚡️
==守備・名前・学年・投打・出身中学==
1 高梨匠   2年 左左 東京浮間
2 小川隼弥  2年 右右 春富 ◎主将
3 飯田尚良  2年 右右 東京志村ニ
4 ベイグミルザ ダナ 2年 右右 松代
5 中島功翔  2年 右右 長野東部
6 横山聖哉  1年 右左 上田四
7 花岡瑠伊  2年 右左 望月
8 岡島諒   2年 左左 高陵
9 大藪知隼  2年 右左 丸子
============================
控 権田成也  1年 右左 赤穂
控 柳沢一成  2年 左左 上田四
控 小林誓悟  1年 右右 赤穂
控 井出涼太  1年 左左 長野北部
控 小林遼太郎 1年 右右 丸子
控 内山瑛誠  2年 右右 坂城
控 室賀公貴  1年 右右 塩田
控 北沢奎翔  2年 右右 篠ノ井西
控 滝沢一樹  1年 右右 上田一
控 内堀陸   2年 右右 御代田
控 春口慶太  2年 右右 裾花

⚡️特集ページ:長野県大会の日程・結果



センバツ2021年 メンバーを特集!

センバツ2021年 上田西 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季長野大会=準優勝、北信越大会=準優勝:県大会の準決勝・松商学園戦は、5-2で勝利。決勝・佐久長聖戦は16-9で大敗。北信越大会では、初戦・福井商業に10-1(7回コ)、準々決勝・日本航空石川に10-3(8回コ)。準決勝は、絶対王者・星稜に5-4で競り勝ち、選抜当確。決勝は敦賀気比に16-5で大敗した。

◆大量失点経験も攻撃力はトップクラス:両大会の決勝は佐久長聖と敦賀気比に「16失点」。これが響き、秋は防御率4.18(30位)、総失点60点(32位=最下位)、1試合平均失点も5点(32位=最下位)とワースト圏。しかし、攻撃力が光る。打率.408(1位)、総得点101点(2位)、1試合平均得点は8.4点(7位)と、打ち勝つ野球が持ち味だ。

◆エース山口謙作が絶対的な柱:なんといっても左腕・山口謙作がチームの大黒柱だ。福井商業戦は5回を投げ11奪三振、2安打1失点。日本航空石川戦は3失点、星稜戦は4失点と2試合連続完投し、強力打線を抑え込んだ。山口が長い回を投げられなかった試合は大量失点する傾向にあり、控え投手の底上げが鍵に。

◆キーマンはキャプテン柳沢樹:攻撃陣は、東信地区大会からの全12試合で2桁安打を記録。柳沢樹主将は12試合で打率.615、17打点を記録した。ラッキーボーイ的存在となった飛鳥井洸(あすかいひろ・2年)は、準決勝・星稜戦で2打席連続本塁打を放つなど、選抜当確の立役者に。リードオフマンの笹原操希は1年時に4番も経験した好打者で、外野守備も堅実だ。

センバツ2021年 ベンチ入りメンバー

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 山口謙作 左左 3年 神奈川県 小田原市立泉
02 小川隼弥 右右 2年 長野県  伊那市立春富
03 杉浦琉生 右右 3年 長野県  坂城町立坂城
04 飛鳥井洸 右右 3年 神奈川県 秦野市立鶴巻
05 藤牧虹凱 右右 3年 長野県  佐久市立東
06 柳澤樹 右左 3年 長野県  上田市立丸子 ◎主将
07 大藪知隼 右左 2年 長野県  上田市立丸子
08 笹原操希 右右 3年 長野県  長野市立裾花
09 梅香拓海 左左 3年 長野県  佐久市立臼田
10 堀内琢斗 右左 3年 長野県  青木村立青木
11 松村龍我 右左 3年 長野県  飯田市立高陵 
12 石川智勝 右右 3年 愛知県  一宮市立南部
13 滝沢善  右右 3年 ※最終登録変更で追加
14 土岐栞太 右右 3年 神奈川県 大磯市立国府
15 青木明憲 右右 3年 長野県  松本市立波田
16 花岡瑠伊 右左 2年 長野県  佐久市立望月
17 片平紫温 右右 3年 長野県  上田市立丸子北
18 髙梨匠  左左 2年 東京都  北区立浮間 



[過去]2020年秋季大会 成績データ

【回数】初出場(夏の甲子園=2回)
【成績】長野大会=準優勝、北信越大会=準優勝
【勝敗】12戦10勝2敗
【評価】A=0、B=6、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .408 / 1位 (.332)
【防御率】4.18 / 30位 (2.19)
【失点数】60点 / 32位 (22.3点)
 →平均 5点 / 32位 (2.4点)
【得点数】101点 / 2位 (67.4点)
 →平均 8.4点 / 7位 (7.3点)
【本塁打】4本 / 9位 (3.5本)
 →平均 0.3本 / 17位 (0.4本)
【盗塁数】20個 / 12位 (15.9個)
 →平均 1.7個 / 15位 (2個)
【失策数】10個 / 25位 (7.2個)
 →平均 0.8個 / 15位 (0.8個)
【部員数】59人(4人) (9位)
【生徒数】888人 (15位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)



[過去]2021年センバツの戦歴

◆3月23日(火) 1回戦 [第4日目]
14:20 上田西 0-1x 広島新庄(延長12回)
上田西|000|000|000|000=0
広島新庄|000|000|000|001=1x

✍️試合結果コメント
広島新庄が上田西との投手戦を1x-0(延長12回サヨナラ)で制した。エース花田侑樹(2年)が先発し、7回1/3(84球)を被安打6・死四球0・奪三振6。続く、秋山恭平(2年)が4回2/3(73球)を被安打2・死四球1・奪三振6と好投した。試合は行き詰まる投手戦となり、迎えた延長12回裏、広島新庄は2死からヒットで走者を出すと、4番・花田侑樹(2年)が外野を抜くタイムリーを放ち、決着をつけた。敗れた上田西は、エース山口謙作(2年)が最後まで一人で投げ抜き、162球の熱投。被安打7・奪三振9・四球はわずか1と好投した。出場校No.1の打率を持つも、相手投手の前に得点を奪えなかった。両チームともに失策0の引き締まったゲームだった。

✍️試合のみどころ
チームカラーが対照的な両校の対戦となる。高い投手力を持つ広島新庄に、強打の上田西が挑む構図か。広島新庄は、花田侑樹(2年)と秋山恭平(2年)の継投が基本で、チーム防御率1.37(7位)と守り勝つ野球が持ち味だ。また、中国大会では初戦以外は1点差の接戦を勝ち抜くなど粘り強さもある。一方の上田西は、出場32校中で打撃力がトップクラスで、打率.408(1位)、総得点101点(2位)、平均8.4得点(7位)と、打ち勝つ野球が持ち味だ。ゲームの鍵を握りそうなのが上田西のエース左腕・山口謙作(2年)だ。北信越大会は、日本航空石川戦は3失点、星稜戦は4失点と2試合連続完投勝利。山口が登板を回避した試合は、いずれも大量失点しており、平均失点は5点(32位)とワーストを記録する。

✍️注目ポイント(注目選手)
広島新庄は、エースで4番の花田侑樹(2年)と元U15日本代表左腕の秋山恭平(2年)の継投が基本。攻撃面では、9番打者・北田大翔捕手がチーム最多10打点を記録。生徒会長を務める平田龍輝(2年)は中国大会全試合で盗塁を記録し、チームトップの打率.469を誇る。新チームは練習試合も含めて負けなしの39連勝中だ。一方の上田西は、キャプテンの柳澤樹(2年)が打率.615、17打点を記録するなどチームを引っ張る。5番・飛鳥井洸(2年)は、星稜戦で2打席連続本塁打を放つなど、ラッキーボーイ的な存在だ。エースの山口謙作(2年)は、日本航空石川戦は3失点、星稜戦は4失点と2試合連続完投勝利。控え投手陣の成長が上位進出の鍵となる。



[過去]2020年秋季北信越大会の戦歴

◆決勝戦 上田西 5-16 敦賀気比
上田西|030|000|101|=5
敦賀気比|431|002|60x|=16
—————————————
敦賀気比が上田西に16-5で勝利し優勝。2校はセンバツ出場が有力に。敦賀気比は初回、先頭・東鉄心が2塁打を放ち、3番・前川と4番・大島の連続2塁打で3点を先制。さらに先発・上加世田のタイムリーで初回に4点をあげる。上田西は2回表、1番・笠原の2塁打と2番・梅香の安打で3点を返し、3-4とする。しかし敦賀気比は2回裏、上田西の2番手・堀内の連続3四死球で満塁とすると、4番・大島のタイムリーや犠牲フライで7-3に。その後も敦賀気比は得点を重ね、16-5で大勝。打っては、4番・大島と先発・上加世田がともに4打点と活躍。投げては、元U15日本代表の上加世田(1年)が、15安打を浴びながらも大量援護をもらい、9回を一人で投げ抜いた。上田西の先発・エース山口謙作が4失点で初回でマウンドを降りると、継投した堀内・高梨・片平の投手陣が粘れずに、合計16安打・14四死球と乱調だった。
—————————————
(上田西)山口、堀内、高梨、片平―小川
(敦賀気比)上加世田―長尾
・本塁打:柳沢(上田西)

◆準決勝 星稜 4-5 上田西
星稜|001|102|000|=4
上田西|000|103|01x|=5
—————————————
佐久長聖が接戦を制し、決勝進出。センバツ出場が有力となった。先制したのは星稜。3回表、1死満塁で主将・中田達也の内野ゴロの間に1点。4回表にも1点を加えて2-0とする。一方の佐久長聖は、4回裏に5番・飛鳥井洸がソロ本塁打を放ち、2-1。星稜は6回表、8番・若狭のこの日2打点目となるタイムリーなどで、3-1と再び突き放す。直後の6回裏、佐久長聖は、5番・飛鳥井洸がこの日2本目となる3ラン本塁打を放ち、4-4の同点に追いつつく。8回表、2死2塁から星稜・野口のセンター前のあたりを、佐久長聖センター笹原が本塁へストライク送球しタッチアウト、ピンチをしのぐ。その裏、佐久長聖は先頭の4番・杉浦が2塁打を放つと、この日2本塁打の飛鳥井は敬遠。その後、星稜が満塁策をとると、勝負の打者となった8番・小川隼弥が、レフト前に運んで5-4と勝ち越し、これが決勝点。投げては、エース山口謙作が9回を一人で投げ抜き、10安打を放たれながらも4失点と粘った。同点弾を含む2本塁打の飛鳥井、8回のバックホームでピンチを防いだセンター笠原などの活躍が光った。
—————————————
(星稜)野口―中谷
(上田西)山口―小川
・本塁打:飛鳥井2(上田西)

◆準々決勝 上田西 10-3 日本航空石川 (8回コ)
上田西|001|040|230|=10
航空石川|100|011|000|=3

—————————————
上田西が10-3(8回コールド)で日本航空石川に勝利。1-1の同点で迎えた5回表、上田西は1死満塁で3番の柳澤が2点タイムリーツーベースで勝ち越し。さらに犠牲フライとヒットを絡めて5-1とした。航空石川も5回・6回に1点ずつを加え5-3とするが、上田西は7回・8回に、1番笠原・2番梅香・3番柳澤・4番杉浦の上位打線がチャンスを確実生かし、合計5点をあげて試合を決めた。航空石川はヒット10本を放つも3得点に留まった。
—————————————
(上田西)山口―小川
(航空石川)百瀬、藤井、大久保―広中
・3塁打:笹原2、山口(上田西)
・2塁打:柳沢(上田西)内藤(航空石川)

上田西 10-1 福井商業 (7回)
上田西|330|040|000|=10
福井商業|100|000|000|=1

—————————————
上田西は1回2死から、柳沢からの4連続長短打で先制。2回も柳沢の2点三塁打などで追加点を挙げ大勝。先発のエース左腕・山口謙作(2年)が5回を投げて11奪三振、2安打1失点と好投。4回から5回にかけては4者連続三振も記録。福井商業は、津田がソロ本塁打を放つなどしたが、敗れた。
—————————————
(上田西)山口、高梨、片平―小川
(福井商業)南、広部―伊藤
・本塁打:津田(福井商業)
・3塁打:柳沢(上田西)
・2塁打:大藪(上田西)津田(福井商業)

長野県球児の進路・進学先を特集

長野県
上田西 佐久長聖 東海大諏訪 長野日大 飯山
都市大塩尻 長野商業 松商学園 松本国際
小諸商 丸子修学館 岡谷南 松本工業
池田工業 日本ウェルネス長野 赤穂 下諏訪向陽