【夏の甲子園】東海大相模 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

東海大相模 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 紫藤大輝 3年 二宮(千葉)
2 井上恵輔 3年 東海大菅生(東京)<主>
3 山村崇嘉 2年 東海大相模(神奈川)
4 加藤響 2年 厚木(神奈川)
5 金城飛龍 3年 荏田南(神奈川)
6 遠藤成 3年 仁賀保(秋田)
7 西川僚祐 2年 古和釜(千葉)
8 鵜沼魁斗 2年 生浜(千葉)
9 本間巧真 3年 湘南台(神奈川)
10 野口裕斗 3年 南毛利(神奈川)
11 諸隈惟大 2年 二宮(千葉)
12 萩原義輝 3年 我孫子(千葉)
13 石田隼都 1年 真岡(栃木)
14 松本陵雅 2年 秦野・西(神奈川)
15 茂谷光 2年 中野島(神奈川)
16 高嶋壮汰 3年 宮前(埼玉)
17 冨重英二郎 3年 浦賀(神奈川)
18 緒方舜 3年 南毛利(神奈川)



東海大相模チーム紹介

神奈川:東海大相模(私立)4年ぶり11度目

<地方大会のチーム成績>
全7試合 失点10 打率.399
本塁11 盗塁18 失策3

◉チームの特長:神奈川大会の決勝では、5本塁打・26安打・24得点と圧倒。リードオフマン・鵜沼魁斗、主軸の山村崇嘉・西川僚祐の2年生トリオに注目。西川は通算42本、山村は通算38本、鵜沼22本と2年生トリオで「100発超え」と量産中。

背番号1桁の野手9人で高校通算240本、控え選手と合わせると通算287本という東の横綱打線(デイリー)。父が金足農業出身の最速145キロ誇る二刀流・遠藤成(ショート)にも注目だ。




投手陣では、二刀流・遠藤成を筆頭に、石田隼都(1年)、紫藤大輝、野口裕斗、冨重英二郎、諸隈惟大(2年)ら6人が揃う。春の関東大会王者。

◉学校紹介:1963年(昭38)に創立された私立校。生徒数1838人(女子232人)。野球部は同年創部で部員数90人。甲子園出場は春10度、夏は4年ぶり11度目。主なOBは巨人菅野智之、日本ハム大田泰示ら。所在地は神奈川県相模原市南区相南3の33の1。大金真人校長。



東海大相模 6-1 近江 8月11日(2回戦)

優勝候補同士の注目の一戦。全国制覇した15年以来、11度目出場の東海大相模(神奈川)が初戦突破。昨夏8強の近江(滋賀)は守備が乱れ6失策で6失点。初戦敗退となった。

近江は滋賀大会全5試合で無失策だった堅守が乱れた。積極走塁で次の塁を狙う東海大相模のプレッシャーに、ほころびが出て、大会注目の好左腕、林優樹投手を守りで援護できなかった。打線は東海大相模先発の右腕、遠藤成(じょう=3年)の前に抑え込まれた。



(春季関東大会)東海大相模はV余韻浸らず…見据える先は夏の横浜戦

5/23(木) 日刊スポーツ
<関東大会:東海大相模7-3東海大菅生>決勝

東海大相模(神奈川1位)が東海大菅生(東京1位)との「Tokai対決」を制し、春季関東大会で初優勝した。初回、1番鵜沼魁斗(2年)の先頭打者初球本塁打で、一気に流れを引き寄せた。主軸6人で170本超の本塁打を誇る強力打線は「打倒横浜での夏の甲子園」へ決意を新たにした。

優勝から3分後、東海大相模・門馬敬治監督(49)は余韻に浸ることなく、選手たちを集め「夏のことしか考えるな」と告げた。全ての意識は、7月7日に開幕する夏の神奈川大会へ。「45日後ですよね」。残された時間も知っていた。

就任から20回目の夏へ。酸いも甘いも味わった門馬監督は「めちゃくちゃ厳しい。それ以外ないです」と神奈川の7月を表現した。ナインはもっと直接的だ。

井上恵輔主将(3年)は「関東優勝は当たり前と思ってやってきた。自分たちは横浜しか見ていません。横浜との準決勝に勝ち、その勢いで甲子園を決めたい」と断言した。春季県大会の結果から、夏に横浜と対戦可能性があるのは準決勝だ。昨秋は敗北。練習時から「そんなんじゃ横浜に勝てねえぞ!」との声が飛び交うほど、強く意識する。



(春季関東大会)決勝は“東海大”対決!東海大相模、金城Jr.のV打で2年ぶり決勝

5/23(木) サンスポ

東海大相模が山村学園を延長十回の末に4-1で下し、2年ぶりの決勝進出。巨人・金城龍彦ファーム打撃兼外野守備コーチ(42)の長男、飛龍が延長十回に決勝の2点三塁打を放った。

1-1の延長十回1死二、三塁。金城が右中間を破る決勝の2点三塁打を放った。「あそこで打たないと負けてしまう場面で、しっかり振ろうと思いました」

高校通算24本塁打の右打者。父・龍彦さん(42)は横浜(現DeNA)時代の2000年に首位打者に輝くなど通算1648安打を放ったスイッチヒッターだ。

準々決勝で応援に駆けつけてくれた父はこの日は不在。巨人のファーム打撃兼外野守備コーチを務めるため、「忙しいので。自分から連絡もしていないです」。それでも「常に全力。チームプレーが大事」という父の教えは財産だ。



(春季関東大会)東海大相模4強進出 1年生左腕・石田が5回1失点の好投

5/21(火)  スポニチ
<春季関東大会準々決勝 東海大相模8―1浦和実>

東海大相模は公式戦初登板の左腕・石田隼都(1年)が5回1失点と好投。浦和実を8回コールドで下した。公式戦初登板に「緊張した」と言いながらもスライダーとチェンジアップを織り交ぜ、毎回の6奪三振。

栃木・真岡ボーイズ時代は中3時にNOMOジャパン入りした実力者で、15年夏に全国制覇した時のエース・小笠原(現中日)と縦じまのユニホームに憧れて進学した。「信頼される投手になりたい」と目を輝かせていた。


(春季関東大会)東海大相模 3年生左腕の冨重が初完投 前橋育英の猛追振り切る

5/20(月) スポニチ
<春季高校野球関東大会2回戦 東海大相模7-6前橋育英>

東海大相模が前橋育英の猛追を振り切って8強進出。背番号11の左腕・冨重英二郎(3年)が6失点しながらも高校初完投。

中学時代は横浜東金沢シニアでプレー。「勉強もしたかったので高校は公立を考えていた」と本格的な競技は中学までにするつもりだった。しかし「相模に行けるチャンスをもらった。やるなら強い所で日本一を目指そう」と15年夏の甲子園で全国制覇した名門に飛び込んだ。

夏を見据え、門馬敬治監督は「代えるのは簡単だけど、公式戦の経験は大きな財産。我慢した」と続投させた。「昨夏はメンバーに入っていないが、彼にやってもらわないと困る。たくさんのお客さんがいる中で投げきったのは良かった」。


(春季関東大会)東海大相模 二刀流の遠藤が投打で奮闘 木更津総合破り初戦突破

5/18(土) スポニチ
<春季高校野球関東大会 東海大相模4―3木更津総合>

先発は背番号6を背負った主将の遠藤成(じょう)。最速145キロを誇る右腕。約1年ぶりの公式戦登板を果たし、7回2/3を1失点。

門馬敬治監督は「この時期ですから。まだまだですよ。でも、夏はもう1枚、2枚というところになるから。県大会は投げていなかったので最初にいこうと。夏までの間をどう過ごすかという中で大きい一日だった」。

打っては3番で8回に追加点となる中前適時打。木更津総合の先発・篠木のスライダーに苦戦したが、2番手の根本から適時打を放ち「コンパクトにセンター返しを心がけた結果」。高校通算40発のシュアな打撃を披露した。

スポンサー リンク