【選手名簿】東海大相模 野球部 ベンチ入りメンバー 2020年|秋季関東大会

東海大相模 野球部ベンチ入りメンバー

2020年の秋季関東大会に出場する東海大相模 野球部のベンチ入りメンバーを特集!

【東海大相模チーム紹介】
秋季神奈川大会1位。2019年春から神奈川県内公式戦では負けなし。準決勝では、横浜高校を9-1(7回コールド)で撃破し、決勝戦では鎌倉学園に8-2で勝利。夏の独自大会でも優勝を果たしている。

甲子園交流試合でも注目を集めた左腕エース・石田隼都(2年)が大黒柱。手足の長さを生かし躍動感ある投球フォームから、極めて早い投球テンポで、左右の打者を翻弄する。また、金城龍輝(2年)や決勝で9奪三振の好投を見せた大森幹大(2年)など投手層は厚い。

打撃面では、リードオフマンの主将・大塚瑠晏(2年)や、県大会の準決勝・決勝で2試合連続本塁打を放った柴田疾(2年)らが中心となる。また、副主将・門馬功(2年)は、門馬監督の息子で、親子で甲子園を目指す。

【秋季関東大会のベンチ入りメンバー】
【背番号・名前・投打・学年】
01 石田隼都  左左 2年 栃木・真岡市立真岡中
02 谷口翔生  右右 1年 
03 門馬功   右右 2年 神奈川・相模原市立東林中
04 小島大河  右左 2年 神奈川・伊勢原市立山王中
05 柴田疾   右右 2年 
06 大塚瑠晏  右左 2年 栃木・栃木市立栃木南中 
07 小平直道  右右 2年 神奈川・平塚市立江陽中
08 佐藤優真  右右 2年 
09 伊藤航大  右左 1年 
10 大森幹大  右右 2年 
11 金城龍輝  右左 2年 神奈川・横浜市立荏田南中
12 笹田海風  右左 1年 
13 武井京太郎 左左 1年 
14 深谷謙志郎 右右 1年 
15 松山拓馬  右右 1年 
16 綛田小瑛  右左 2年 
17 仙庭涼一郎 右左 2年 
18 向川夏輝  右右 2年
責任教師:長谷川将也
監督:門馬敬治  ▶︎秋季関東大会の日程・結果




【センバツ甲子園交流試合出場選手】
【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】

01 諸隈惟大  左左 3年 千葉・船橋市立二宮中
02 神里陸   右左 3年 沖縄・南風原町立南星中
03 茂谷光   右左 3年 神奈川・川崎市立中野島中
04 加藤響   右右 3年 神奈川・厚木市立厚木中
05 吉沢悠佑  右右 3年 東京・府中市立府中第五中
06 山村崇嘉  右左 3年 神奈川・私立東海大相模中(主将)
07 西川僚祐  右右 3年 千葉・船橋市立古和釜中
08 鵜沼魁斗  右右 3年 千葉・千葉市立生浜中 ★U18(2019)
09 松本陵雅  右右 3年 神奈川・秦野市立西中
10 石田隼都  左左 2年 栃木・真岡市立真岡中
11 笠川洋介  右右 3年 愛知・名古屋市立東陵中 
12 小島大河  右左 2年 神奈川・伊勢原市立山王中
13 門馬巧   右右 2年 神奈川・相模原市立東林中
14 大塚瑠晏  右左 2年 栃木・栃木市立栃木南中
15 河辺壮太  右右 3年 東京・青梅市立泉中学校
16 金城龍輝  右左 2年 神奈川・横浜市立荏田南中
17 小平直道  右右 2年 神奈川・平塚市立江陽中
18 鶴田大翔  右左 3年 神奈川・小田原市立酒匂中
19 高橋颯太  右右 3年 神奈川・川崎市立川中島中
20 稲野辺元太 右右 3年 神奈川・寒川町立旭が丘中
監督:門馬敬治



秋季関東大会の戦歴・試合結果

10月27日(火) 東海大相模(神1) 1-2x 東海大甲府(山1)(9回サヨナラ)※準々決勝
東海大相模|000|001|000|=1 
東海大甲府|000|000|002|=2x
投手:東海大相模=石田、東海大甲府=若山
————————————————
東海大甲府が土壇場9回裏に2点をあげ、東海大相模に2x-1で逆転サヨナラ勝利。センバツ出場が有力に。試合は、東海大甲府のエース若山恵斗とエース石田隼都の投げ合いとなった。先制したのは東海大相模。6回表、安打と2四球から1死満塁とすると、5番・門馬がレフトへ犠牲フライを放ち1点を先制。9回裏、1点を追う東海大甲府は、先頭が四球を選び出塁。その後、1死から4番・木下がヒットを放ち1死1・2塁のチャンスを作ると、5番・久井がライト前へヒット。弾んだ打球がライトの頭を越え、2者が一気に生還し、2x-1。東海大甲府の先発エース若山は5安打4奪三振3四球の好投を見せ、土壇場の逆転劇を引き寄せた。一方の東海大相模の石田隼都も、9回を一人で投げ抜き、5安打7奪三振4四球と好投した。

10月25日(日) 東海大相模(神1) 7-0 石橋(栃2)(7回コールド)※1回戦
東海大相模|100|033|000|=7 
石橋・・・|000|000|000|=0
投手:東海大相模=石田→大森、石橋=篠崎→曽雌
————————————————
東海大相模が7-0(7回コールド)で石橋に勝利。東海大相模は初回、5番・門馬のタイムリーで1点を先制。さらに5回表には、相手失策から1点、7番・佐藤と8番・石田の安打で2点を追加し、4-0とリードする。6回表には、三連打から満塁のチャンスを作ると、3番・小島、4番・柴田のタイムリーで3点をあげ、7-0。投げてはエース石田隼都が6回を2安打、7回には大森が継投し試合を締めた。



神奈川県出場チームの戦歴・試合結果

【神奈川(2枠)】秋季神奈川大会の結果

①東海大相模の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 東海大相模 8-2 鎌倉学園
・準決勝 東海大相模 9-1 横浜(7)
・準々決勝 東海大相模 6-0 横浜商
・2回戦 東海大相模 13-4 立花学園(7)
・1回戦 東海大相模 10-2 座間(7)

②鎌倉学園の戦歴・試合結果・チーム紹介
・決勝戦 鎌倉学園 2-8 東海大相模
・準決勝 鎌倉学園 10-0 桐蔭学園(5)
・準々決勝 鎌倉学園 7-2 桐光学園
・2回戦 鎌倉学園 3-2 横浜商大
・1回戦 鎌倉学園 8-7 横浜創学館



関東大会 高校野球 2020年

高校野球 秋季関東大会は、10月24日(土)〜11月1日(日)の期間、千葉で開催。無観客試合となり、一般入場はできない。1・2年生部員につき保護者(家族)2名までの入場が可能。

センバツ出場枠は関東東京=6(関東4・東京1・比較1)となり、4強進出でセンバツ出場が有力となる。

秋季関東大会2020年 日程・出場校
・組み合わせ抽選会:10/8(木)14時半 
・日程:10/24(土) 25(日) 27(火) 31(土) 11/1(日)
・開催:千葉県(千葉のホテル予約はコチラから)
==出場校(全15校)|県大会①優勝校 ②準優勝校==
茨城(2枠)|①鹿島学園 ②常総学院
栃木(2枠)|①國學院栃木 ②石橋 
群馬(2枠)|①健大高崎 ②前橋商業 
山梨(2枠)|①東海大甲府 ②日本航空
埼玉(2枠)|①昌平 ②細田学園
千葉(3枠)|①木更津総合 ②東京学館 ③専大松戸
神奈川(2枠)|①東海大相模 ②鎌倉学園



秋季関東大会 優勝予想アンケート

※アンケート開始:10月5日(月)

秋季関東大会 優勝予想アンケート

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

[特集] ドラフト会議 10/26 プロ志望届提出者(更新)
[特集] 秋季大会の優勝校・準優勝校一覧 47都道府県

Q.秋季地区大会の優勝予想アンケート実施中!
北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
プロ志望届(更新) センバツ2021 神宮大会 楽天トラベル



神奈川県球児の進路・進学先 2020年

東海大相模 桐蔭学園 横浜 横浜隼人 慶応
鎌倉学園 向上 光明相模原 湘南工大付
法政二 星槎国際湘南 横浜商業 立花学園
藤嶺藤沢 藤沢翔陵 桐光学園 日大藤沢
平塚学園 三浦学苑 横浜商科大 横浜創学館
藤沢清流 武相 相洋 瀬谷 希望ヶ丘 



甲子園交流試合2020 東海大相模 特集!

東海大相模 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

「4人で本塁打150本超え」の強打スラッガー陣(鵜沼加藤山村西川)は、大会屈指の攻撃力を持つ。また、秋公式戦成績における「総合力の高さ」は出場32チームでも抜きに出ている。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果
 [交流試合 8月17日(月)]
 大阪桐蔭 4-2 東海大相模 [大阪|神奈川]

注目選手(打者・投手)

・U18日本代表に2年生ながら選出された鵜沼魁斗は27本、加藤響は32本、主将の山村崇嘉は44本、4番の西川僚祐は53本と、通算本塁打数は「4人で合計156本」の大会屈指の強打力を持つ。(数字は春時点)

・秋の公式戦成績の打率等の主要項目では、防御率をのぞいた全てでTOP10入りするなど、高い総合力を持つ。

・「アグレッシブベースボール」。秋の神奈川大会では6試合で66得点7失点と盤石な強さを見せて優勝。春、夏に続き3季連続で神奈川チャンピオンに輝いた。

・4番の西川僚祐は、父がハンドボール・母がバスケットボールの元選手。佐倉シニア主将としてジャイアンツカップでは優勝を果たした。小学校に入学するときには、すでに135cmあったという。

・武蔵府中シニア時代「エースで4番で主将」として活躍した山村崇嘉は、打撃面の中心を担うとともに、最速142キロの本格派右腕としても期待がかかる。秋公式戦は1試合に登板した。

・投手陣は、諸隈惟大石田隼都(2年)のダブル左腕が柱となる。エース諸隈は、小学生時代にロッテジュニア、中学では佐倉シニアでジャイアンツカップ優勝。U15日本代表にも選出された経験を持つ。

捕手の神里陸は、沖縄の南風原町出身、あだ名は「しまんちゅ」。門馬監督がキーマンとあげる男である。兄の神里和毅は、プロ野球DeNAの外野手。新チーム結成のタイミングで、内野から捕手へ転向。中学2年生以来の捕手守備。元U15日本代表。

金城龍輝(2年)の父は、巨人の金城龍彦コーチ。兄は、東海大相模の1学年上の金城飛龍で、聖地を経験している。

・控えの高橋綾人は、中学時代は日本代表として活躍、アメリカで行われた全米選手権の初戦に先発し13奪三振でノーヒットノーランを達成した経験を持つ。



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】関東4強、神奈川優勝
【評価】A=3、B=2、C=0(スポーツ紙5紙)
【打率】.383★10位
【防御率】2.31
【得点】94点★9位 (10.5点)★5位
【本塁打】7本★9位 (0.8本)★9位
【盗塁数】22★8位 (2.5)★4位
【エラー】6★8位 (0.7)★9位
【部員数】59人/全校生徒1826人★3位
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

戦歴・秋の試合結果

◉秋季関東大会=4強
東海大相模 2-8 健大高崎(準決勝)
東海大相模 12-6 習志野(準々決勝)
東海大相模 14-2 駿台甲府(7回コ)

◉秋季神奈川県大会=優勝
東海大相模 6-2 桐光学園(決勝)
東海大相模 12-1 相洋(8回コ)(準決勝)
東海大相模 23-0 湘南工大付(準々決勝)
東海大相模 11-0 桐蔭学園(5回コ)
東海大相模 9-4 湘南学院

スポンサー リンク