【出場校一覧】第97回全国高校サッカー選手権大会2018-2019|組み合わせ日程 抽選会・代表校・会場・注目選手

第97回全国高校サッカー選手権大会が迫る!

<以下、出場校続々決定中>

高校サッカー応援歌はMrs. GREEN APPLE「僕のこと」

第97回全国高校サッカー選手権大会の応援歌 はMrs. GREEN APPLE「僕のこと」に決定!来年1月14日の決勝、埼スタで応援歌LIVEが行われる。

第97回高校サッカー選手権

高校サッカー選手権のシーズンがやってくる。第97回全国高等学校サッカー選手権大会は、2018年12月30日から2019年1月14日までの期間、埼玉スタジアム2002などで開催される予定だ。

今大会は前半日程とファイナルフォー以降の後半日程に分割して実施される。

県予選は、7月14日開幕の神奈川県大会を皮切りにスタート。代表校・チームは、11月18日には全48代表校が出揃う。

舞台・会場は、前年同様、準決勝と決勝は埼玉スタジアムで、開会式・開幕戦の会場は駒沢陸上競技場で開催予定。

「スポンサーリンク」

選手権応援マネージャー名前「清原果耶」

第97回全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーが、女優・モデルとして活躍している清原果耶に決定した。

高校サッカー歴代応援マネージャー
05年度 堀北真希
06年度 新垣結衣
07年度 北乃きい
08年度 逢沢りな
09年度 川島海荷
10年度 広瀬アリス
11年度 川口春奈
12年度 大野いと
13年度 松井愛莉
14年度 広瀬すず
15年度 永野芽郁
16年度 大友花恋
17年度 高橋ひかる
18年度清原果耶

「スポンサーリンク」

代表チーム・出場校一覧

11月18日には全48代表校が出揃う。

組合せ抽選会は11月19日を予定。

【北海道・東北】
北海道:旭川実(3年連続7回目の出場)
青森:11月17日(土)/準決勝(15日)青森山田vs十和田工、東奥義塾vs野辺地西
岩手:遠野(6年連続28回目の出場)
宮城:仙台育英(2年連続33回目の出場)
秋田:秋田商(4年連続44回目の出場)
山形:羽黒(2年連続7回目の出場)
福島:尚志 (5年連続10回目の出場)

【関東】
茨城:11月18日(日)/明秀日立vs(鹿島学園vs古河一)
栃木:矢板中央(2年連続9回目の出場)
群馬:11月18日(日)/前橋育英vs桐生一
千葉:11月18日(日)/流経大柏vs市立船橋
埼玉:11月18日(日)/昌平vs浦和南
東京A:11月17日(土)/大成vs国士館
東京B:11月17日(土)/駒澤大高vs帝京
神奈川:桐光学園(2年ぶり11回目の出場)
山梨:日本航空(6年ぶり2回目の出場)

【北信越】
新潟:帝京長岡(2年ぶり6回目の出場)
富山:富山一(4年連続29回目の出場)
石川:星稜(2年連続28回目の出場)
福井:丸岡(3年ぶり29回目の出場)
長野:都市大塩尻(3年ぶり5回目の出場)

「スポンサーリンク」


【東海】
岐阜:岐阜工(4年ぶり26回目の出場)
静岡:11月17日(土)/浜松開誠館vs静岡学園
愛知:11月17日(土)/東邦vs名古屋
三重:四日市中央工(3年ぶり33回目の出場)

【関西】
滋賀:11月17日(土)/草津東vs綾羽
京都:11月18日(土)/東山vs京都共栄
大阪:11月17日(土)/大阪学院大高vs東海大仰星
兵庫:関西学院(50年ぶり10回目の出場)
奈良:11月17日(土)/一条vs奈良育英
和歌山:11月18日(日)/和歌山北vs初芝橋本

【中国】
鳥取:米子北(9年連続13回目の出場)
島根:立正大淞南(3年連続17回目の出場)
岡山:岡山学芸館(2年ぶり2回目の出場)
広島:11月18日(日)/瀬戸内vs広島皆実
山口:11月18日(日)/高川学園vs西京

「スポンサーリンク」


【四国】
香川:四国学院大香川西(4年ぶり11回目の出場)
徳島:徳島市立(2年ぶり16回目の出場)
愛媛:宇和島東(8年ぶり5回目の出場)
高知:11月17日(土)/高知vs高知西

【九州】
福岡:東福岡(6年連続20回目の出場)
佐賀:11月17日(土)/佐賀東vs龍谷
長崎:長崎総科大附(3年連続6回目の出場)
熊本:11月17日(土)/大津vsルーテル学院
大分:11月18日(日)/柳ヶ浦vs大分
宮崎:日章学園(2年連続14回目の出場)
鹿児島:神村学園(2年連続6回目の出場)
沖縄:那覇西(2年ぶり16回目の出場)

「スポンサーリンク」

組み合わせ抽選会の日程

組み合わせ抽選会は、2018年11月19日(月)に日テレホールにて実施予定。

選手権大会の主な日程

7月14日(土) 予選開幕(神奈川から)
11月19日(月) 組み合わせ抽選会
12月30日(日) 開幕
1月14日(月・祝)決勝戦
※大会期間中の詳細日程は別途発表される。

「スポンサーリンク」

第96回大会は過密日程が問題視されていた

前回の第96回大会では、過密日程について、各方面から懸念の声が上がった。勝ち上がるチームが連戦となる過密日程となり、

準優勝の流通経済大柏の本田裕一郎監督や日本代表DF長友佑都が「選手優先で考えてほしい」などとコメント。

大会は、2017年12月30日から18年1月8日の日程で開催され、2回戦と3回戦、準々決勝と準決勝はそれぞれ休息日を設けずに試合が行われていた。

2回戦から登場した流通経済大は、1月2日(初戦)~8日(決勝)の7日間で5試合を戦うハードスケジュールとなっていた。 

「スポンサーリンク」

優勝候補・注目チーム|高校サッカー選手権大会

2018年夏のインターハイ(高校総体)では、山梨学院が初優勝。桐光学園(神奈川)が準優勝した。

<インターハイ:8強>

山梨学院(山梨)優勝
桐光学園(神奈川)準優勝
昌平(埼玉)ベスト4
東山(京都)ベスト4
富山第一(富山)ベスト8
大津(熊本)ベスト8
日章学園(宮崎)ベスト8
三浦学苑(神奈川)ベスト8

「スポンサーリンク」

【注目選手】インターハイ優秀選手一覧 35名|2018年高校総体サッカー

2018年の高校総体(インターハイ)で初優勝した山梨学院からはFW宮崎純真や、西澤俊主将ら6名が選出された。

また、準優勝の桐光学園からはFW西川潤(2年)やCB望月駿介主将(3年)ら5名が選出された。

優秀選手35名は以下の通り。

▽GK
市川隼(山梨学院3年)
中川真(徳島市立2年)
小原司(日章学園3年)

▽DF
堀江貴大(昌平3年)
関根浩平(昌平3年)
関海翔(習志野3年)
内田拓寿(桐光学園3年)
望月駿介(桐光学園3年)
大石悠介(山梨学院3年)
西澤俊(山梨学院3年)
飯田敏基(東山3年)
中村拓海(東福岡3年)
吉村仁志(大津3年)

▽MF
檀崎竜孔(青森山田3年)
木下海斗(昌平3年)
原田虹輝(昌平3年)
中村洸太(桐光学園2年)
阿部龍聖(桐光学園3年)
西川潤(桐光学園2年)
平松柚佑(山梨学院2年)
野村海(山梨学院3年)
小森飛絢(富山一3年)
平尾拳士朗(藤枝東3年)
大竹悠聖(大津3年)
水野雄太(大津3年)
河原淳(日章学園3年)

▽FW
榎本樹(前橋育英3年)
森田翔(昌平3年)
鈴木唯人(市立船橋2年)
ウォー・モハメッド (三浦学苑高3年)
宮崎純真(山梨学院3年)
久乘聖亜(東山3年)
鶴野怜樹(立正大淞南3年)
大森真吾(東福岡3年)
鈴木陽介(日章学園2年)

「スポンサーリンク」

出場校一覧|高校サッカー選手権大会【前回・第96回】

※第97回大会が決まり次第、更新。

都道府県 出場校 出場歴
北海道 旭川実 2大会連続6度目
青森 青森山田 21大会連続23度目
岩手 遠野 5大会連続27度目
宮城 仙台育英 5大会ぶり32度目
秋田 秋田商 3大会連続43度目
山形 羽黒 6大会ぶり6度目
福島 尚志 4大会連続9度目
茨城 明秀学園日立 2大会ぶり2度目
栃木 矢板中央 2大会ぶり8度目
群馬 前橋育英 4大会連続21度目
埼玉 昌平 3大会ぶり2度目
千葉 流経大柏 3大会ぶり5度目
東京A 実践学園 5大会ぶり3度目
東京B 関東第一 2大会連続2度目
神奈川 桐蔭学園 14大会ぶり9度目
山梨 山梨学院 2大会連続6度目
新潟 日本文理 初出場
富山 富山第一 3大会連続28度目
石川 星稜 2大会ぶり27度目
福井 北陸 2大会連続5度目
長野 上田西 12大会ぶり2度目
岐阜 帝京大可児 5大会ぶり5度目
静岡 清水桜が丘 初出場
愛知 中京大中京 2大会ぶり16度目
三重 三重 初出場
滋賀 草津東 3大会ぶり9度目
京都 京都橘 6大会連続7度目
大阪 大阪桐蔭 9大会ぶり2度目
兵庫 滝川二 2大会連続20度目
奈良 一条 2大会連続8度目
和歌山 初芝橋本 2大会ぶり15度目
鳥取 米子北 8大会連続13度目
島根 立正大淞南 2大会連続16度目
岡山 作陽 3大会ぶり23度目
広島 広島皆実 5大会連続14度目
山口 高川学園 2大会連続24度目
徳島 徳島北 初出場
香川 高松商 2大会連続23度目
愛媛 松山工 2大会ぶり6度目
高知 高知西 初出場
福岡 東福岡 5大会連続19度目
佐賀 佐賀東 2大会連続10度目
長崎 長崎総合科学大付 2大会連続5度目
熊本 東海大熊本星翔 初出場
大分 大分西 初出場
宮崎 日章学園 2大会ぶり13度目
鹿児島 神村学園 4大会ぶり5度目
沖縄 宜野湾 19大会ぶり3度目

「スポンサーリンク」

試合日程・結果速報|高校サッカー選手権大会【前回・第96回】

※第97回大会が決まり次第、更新。

12月30日(土)1回戦

関東第一(東京B)0 – 2佐賀東(佐賀)

12月31日(日)1回戦

清水桜が丘(静岡)1(3PK5)1高川学園(山口)
北陸(福井)1 – 3日章学園(宮崎)
旭川実(北海道)4 – 2宜野湾(沖縄)
昌平(埼玉)1(4PK3)1広島皆実(広島)
明秀学園日立(茨城)3 – 0高知西(高知)
実践学園(東京A)0 – 2滝川二(兵庫)
山梨学院(山梨)1 – 2米子北(鳥取)
尚志(福島)0 – 3東福岡(福岡)
中京大中京(愛知)0 – 3長崎総合科学大付(長崎)
日本文理(新潟)2 – 0立正大淞南(島根)
秋田商(秋田)0 – 1神村学園(鹿児島)
星稜(石川)1 – 0松山工(愛媛)
帝京大可児(岐阜)3 – 0徳島北(徳島)
仙台育英(宮城)3 – 2高松商(香川)
富山第一(富山)1 – 0東海大熊本星翔(熊本)

1月2日(火)2回戦

日章学園(宮崎)4 – 1佐賀東(佐賀)
流通経大柏(千葉)3 – 0大分西(大分)
神村学園(鹿児島)1 – 0昌平(埼玉)
三重(三重)2 – 3矢板中央(栃木)
明秀学園日立(茨城)1 – 0星稜(石川)
滝川二(兵庫)2 – 3帝京大可児(岐阜)
桐蔭学園(神奈川)2(2PK3)2一条(奈良)
米子北(鳥取)1 – 0仙台育英(宮城)
青森山田(青森)5 – 0草津東(滋賀)
長崎総合科学大付(長崎)2 – 1高川学園(山口)
遠野(岩手)1 – 2作陽(岡山)
日本文理(新潟)2 – 0旭川実(北海道)
大阪桐蔭(大阪)6 – 0羽黒(山形)
上田西(長野)1 – 0京都橘(京都)
富山第一(富山)1 – 0東福岡(福岡)
初芝橋本(和歌山)0 – 5前橋育英(群馬)

1月3日(水)3回戦

日章学園(宮崎)0 – 1流通経大柏(千葉)
神村学園(鹿児島)0 – 1矢板中央(栃木)
帝京大可児(岐阜)0 – 5上田西(長野)
一条(奈良)0 – 3米子北(鳥取)
青森山田(青森)0 – 1長崎総合科学大付(長崎)
作陽(岡山)1(6PK7)1日本文理(新潟)
大阪桐蔭(大阪)1(3PK5)1明秀学園日立(茨城)
富山第一(富山)0 – 1前橋育英(群馬)

1月5日(金)準々決勝

日本文理(新潟)0 – 1矢板中央(栃木)
明秀学園日立(茨城)2 – 3上田西(長野)
長崎総合科学大付(長崎)0 – 3流通経大柏(千葉)
米子北(鳥取)0 – 3前橋育英(群馬)

1月6日(土)準決勝

流通経大柏(千葉)1 – 0矢板中央(栃木)
上田西(長野)1 – 6前橋育英(群馬)

1月8日(月・祝)決勝

流通経大柏(千葉)0 – 1前橋育英(群馬)

「スポンサーリンク」

使用会場|高校サッカー選手権大会【前回・第96回】

※第97回大会が決まり次第、更新。

埼玉スタジアム2002
駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
味の素フィールド西が丘
浦和駒場スタジアム
NACK5スタジアム大宮
ゼットエーオリプリスタジアム
フクダ電子アリーナ
ニッパツ三ツ沢球技場
等々力陸上競技場

「スポンサーリンク」

得点ランキング|高校サッカー選手権大会【前回・第96回】

左:得点 右:試合数
飯島 前橋育英 7 5
久住 日本文理 3 4
佐藤 仙台育英 3 2
佐藤 日章学園 3 3
加藤 流通経大柏 3 5
大森 帝京大可児 3 3
安藤 長崎総合科学大付 3 4
根本 上田西 3 4
荒井 明秀学園日立 3 4
菊井 大阪桐蔭 3 2
菊地 流通経大柏 3 5
中村 青森山田 2 2
中里 佐賀東 2 2
亀山 日本文理 2 4
五十嵐 前橋育英 2 5
今岡 大阪桐蔭 2 2
伊里 明秀学園日立 2 4
圓道 旭川実 2 2
坂田 米子北 2 4
大久保 上田西 2 4
宮崎 前橋育英 2 5
森山 桐蔭学園 2 1
榎本 前橋育英 2 5
河原 日章学園 2 3
田中 上田西 2 4
稲見 矢板中央 2 4
郷家 青森山田 2 2
高橋 神村学園 2 3

「スポンサーリンク」

歴代優勝高校チーム|高校サッカー選手権

2017(平成29)前橋育英(群馬)
2016(平成28)青森山田(青森)
2015(平成27)東福岡(福岡)
2014(平成26)星 稜(石川)
2013(平成25)富山第一(富山)
2012(平成24)鵬 翔(宮崎)
2011(平成23)市船橋(千葉)
2010(平成22)滝川二(兵庫)
2009(平成21)山梨学院大付(山梨)
2008(平成20)広島皆実(広島)
2007(平成19)流経大柏(千葉)
2006(平成18)盛岡商(岩手)
2005(平成17)野 洲(滋賀)
2004(平成16)鹿児島実(鹿児島)
2003(平成15)国 見(長崎)
2002(平成14)市船橋(千葉)
2001(平成13)国 見(長崎)
2000(平成12)国 見(長崎)
1999(平成11)市船橋(千葉)
1998(平成10)東福岡(福岡)
1997(平成9)東福岡(福岡)
1996(平成8)市船橋(千葉)
1995(平成7)静岡学園(静岡)
1994(平成6)市船橋(千葉)
1993(平成5)清水市商(静岡)
1992(平成4)国 見(長崎)
1991(平成3)四日市中央工(三重)
1990(平成2)国 見(推薦)
1989(平成元)南宇和(愛媛)
1988(昭和63)清水市商(静岡)
1987(昭和62)国 見(長崎)
1986(昭和61)東海大一(静岡)
1985(昭和60)清水市商(静岡)
1984(昭和59)帝 京(東京)
1983(昭和58)帝 京(東京)
1982(昭和57)清水東(静岡)
1981(昭和56)武 南(埼玉)
1980(昭和55)古河一(茨城)
1979(昭和54)帝 京(東京)
1978(昭和53)古河一(茨城)
1977(昭和52)帝 京(東京)
1976(昭和51)浦和南(埼玉)
1975(昭和50)浦和南(埼玉)
1974(昭和49)帝 京(東京)
1973(昭和48)北 陽(大阪)
1972(昭和47)浦和市立(埼玉)
1971(昭和46)習志野(東関東)
1970(昭和45)藤枝東(東海)
1969(昭和44)浦和南(国体1、総体1)
1968(昭和43)初 芝(関西)
1967(昭和42)山 陽(広島)
1966(昭和41)藤枝東(静岡)
1965(昭和40)習志野(千葉)
1964(昭和39)浦和市立(埼玉)
1963(昭和38)藤枝東(静岡)
1962(昭和37)藤枝東(静岡)
1961(昭和36)修 道(広島)
1960(昭和35)浦和市立(埼玉)
1959(昭和34)浦和市立(埼玉)
1958(昭和33)山 城(京滋)
1957(昭和32)秋田商(西奥羽)
1956(昭和31)浦和西(埼玉)
1955(昭和30)浦 和(中関東)
1954(昭和29)浦 和(中関東)
1953(昭和28)東千田(広島)
1952(昭和27)修 道(西中国)
1951(昭和26)浦 和(南関東)
1950(昭和25)宇都宮(関東)
1949(昭和24)池 田(近畿)
1948(昭和23)鯉 城(中国一)
1947(昭和22)広島付中(中国一)
1946(昭和21)神戸一中(兵庫)
関西のみの臨時大会
1943−1945戦争のため中断
1942(昭和17)戦争のため中止
1941(昭和16)戦争のため中止
1940(昭和15)普成中(朝鮮)
1939(昭和14)広島一中(中国)
1938(昭和13)神戸一中(兵庫)
1937(昭和12)埼玉師(埼玉)
1936(昭和11)広島一中(中国)
1935(昭和10)神戸一中(兵庫)
1934(昭和9)神戸一中(兵庫)
1933(昭和8)岐阜師(東海)
1932(昭和7)神戸一中(兵庫)
1931(昭和6)御影師(兵庫)
1930(昭和5)御影師(兵庫)
1929(昭和4)神戸一中(兵庫)
1928(昭和3)御影師(兵庫)
1927(昭和2)祟 実(朝鮮)
1926(大正15)大正天皇崩御のため中止
1925(大正14)御影師(兵庫)
1924(大正13)神戸一中(兵庫)
1924(大正12)御影師(兵庫)
1922(大正11)御影師(兵庫)
1921(大正10)御影師(兵庫)
1920(大正9)御影師(兵庫)
1919(大正8)御影師(兵庫)
1918(大正7)御影師(兵庫)
1917(大正6)御影師(兵庫)

スポンサー リンク