【原因・爆発音】東筑高校の野球部部室で火事!出火時は無人、鍵かかる!けが人なし。センバツ出場確実

「爆発音がした」 東筑高校野球部室で火事 衣類やバット焼く 夏の甲子園出場の強豪 福岡県


12/13(水) 12:00配信

13日朝、北九州市の県立東筑高校で、

野球部の部室内の道具を焼く火事があった。

この火事によるけが人はなし。

警察と消防によると、13日午前8時50分ごろ、北九州市八幡西区の県立東筑高校で「爆発音がした」と学校関係者から119番通報があった。

消防車など17台が駆けつけ消火にあたり、火は野球部の部室に置いてあった衣類やバットなどおよそ0.5平方メートルを焼き、およそ10分後に消し止められた。

この火事によるけが人はなし。

東筑高校野球部は、今年21年ぶりに夏の甲子園に出場するなど県内屈指の強豪。

学校によると、今朝の練習はなく、出火当時、部員が部室にいた可能性は低いという。

現場に火の気がないことから、警察と消防が原因を詳しく調べている。

<続報>
福岡県警折尾署によると、バッティングの時などに使うすべり止め剤入りのスプレー缶も燃えていた。
出火時、部室は施錠されて無人だった。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です