【鳥取県】21世紀枠推薦校⚡️センバツ2023年

鳥取県 21世紀枠推薦校 2023年

センバツ2023年 鳥取県 21世紀枠推薦校

🌸推薦校:◉◉ ※発表され次第、更新

【2023年 センバツの主なスケジュール日程】
・センバツ日程:3月18日(土)〜3月31日(金)
———————————————————–
・各地区大会   :10月〜11月
・明治神宮大会  :11月18日(金)~23日(水)
・21世紀枠推薦校:10月〜11月 ※47推薦校発表
・21世紀枠推薦校:12月上旬 ※各地区代表9校発表
・選抜選考委員会 :1月27日(金)
・組み合わせ抽選会:3月10日(金)
・開幕      :3月18日(土)
・準々決勝    :3月27日(月)
・休養日①    :3月28日(火)
・準決勝     :3月29日(水)
・休養日②    :3月30日(木)
・決勝戦     :3月31日(金)
———————————————————–
・前売券 :チケット別途発表|ホテル予約 
・過去結果:センバツ2022夏の甲子園2022



[2022年] 21世紀枠推薦校 倉吉総合産業

センバツ2022年 鳥取県 21世紀枠推薦校

🌸推薦校:倉吉総合産業 11月9日(火)発表
→中国地区推薦校に決定 12月10日(金)発表
→21世紀枠(補欠校)に選出 1月28日(金)発表


🌸選出理由:推薦は初。前身の倉吉産時代を含めると20大会ぶり2回目。エース伊藤愛希投手(2年)を中心としたチームで、秋季鳥取県大会では準優勝。秋季中国大会では1回戦で広陵(明治神宮大会で準優勝)に完封負け(0-6)した。


🌸地元警察署に協力して青少年向けの非行防止啓発活動などを実施。フェンスを自作したり、部員同士が推薦する本をリレー方式で読み継ぐ読書に取り組んでいる点などが評価された。このほか、部員は地元の幼稚園、保育園などを回るなど野球普及活動に取り組む。


🌸倉吉産と倉吉工の統合に伴い、2003年に創設(工業、商業、家庭の3学科)。現在の部員は29人(マネージャー3人を含む)。2019年に就任した定常弘顕監督の指導の下で、着実に力を伸ばしている。


🌸倉吉総合産の戦歴|秋季鳥取大会2021年
====秋季中国大会===================
・1回戦 :倉吉総合産業 0-6 0広陵(=優勝校)
====秋季鳥取大会===================
決勝  :倉吉総合産業 5-16 鳥取商業

・準決勝 :倉吉総合産業 8-0 0鳥取東(7)
・準々決勝:倉吉総合産業 3-2 0鳥取城北
・2回戦 :倉吉総合産業 4-0 0岩美



[2021年] 21世紀枠推薦校 米子工業

センバツ2021年 鳥取県 21世紀枠推薦校

🌸推薦校:米子工業 ※11月11日(水)発表


🌸米子工業は選出されるのは、3年ぶり2回目。1972年には夏の甲子園に出場した経験を持つ。野球部は1953年創部で、現在の野球部員は14人。2020年の夏の独自大会では4強、秋季大会では8強に進出するなど好成績をおさめている。2013年に就任した井畑浩次監督の下で着実に力を伸ばした。


🌸県高野連は、工業高校らしい「手作りの部活動」も評価した。授業で習得した技術を生かし、グランドの土をならすトンボや、スコアボードの電光表示機などを部員が手作りしている。また、試合マナーがよい点も推薦理由の一つに挙げられた。


🌸米子工業の戦歴|秋季鳥取大会2020
・準々決勝:米子工業 4-6 米子東
・1回戦 :米子工業 7-3 岩美