【島根】21世紀枠推薦校 松江南 センバツ2022年⚡️

島根県 21世紀枠推薦校 2022年

センバツ2022年 島根県 21世紀枠推薦校 特集!

🌸推薦校:松江南 2021年11月10日(水)発表

🌸選出理由:登録選手20名に満たない18名の少人数の中で、秋季島根県大会では地区大会で平田を撃破し、その後は8強入りを果たした。一人一人の課題に合わせた実践主体の練習に取り組み、効率を上げることで学習時間を確保するなど文武両道を実践。昨年度の3年生はほとんどが国公立大に合格した。この他、ボランティアに取り組み、地域の人との関わりを大切に活動していることなどが評価された。松江南は1961年創立で、野球部は1982年創部。

◆松江南の戦歴|秋季島根大会2021年
・準々決勝:松江南 1-8 出雲西(7)
・1回戦 :松江南 5-2 出雲商業
—–地区大会(2次戦)————————-
・2回戦 :松江南 1-8 出雲西(8)
・1回戦 :松江南 5-2 出雲商業
—–地区大会(1次戦)————————-
・決定戦 :松江南 5-0 平田



[中国] 地区推薦校有力候補は?

【中国地区】21世紀枠の地区推薦予想アンケート

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


🌸21世紀枠(3校):例年、11月から12月にかけて47都道府県から推薦校が1校ずつ選出。その後に全国9地区から1校ずつを選出(9校)。最終的には2022年1月28日(金)の選考委員会で、東日本=1、西日本=1校、地域限定なし=1校の合計3校が選出予定。⚡️全国47都道府県の推薦校一覧はコチラ[更新中]


🌸センバツ高校野球2022年 主な大会日程
・日程:2022年3月18日(金)〜30日(水)
・選考委員会(出場校決定):1月28日(金)
・組み合わせ抽選会:3月11日(金)午前9時



[前年2021年] 21世紀枠推薦校 矢上高校

センバツ2021 21世紀枠推薦校(島根)は、矢上高校が選出。※中国地区の推薦校にも選出

◆秋季島根大会では、1回戦・松江農林戦は3x-2でサヨナラ、2回戦・開星戦は3x-2のサヨナラ、準々決勝・大社戦は延長13回の末、5x-4のサヨナラで勝利。3試合連続でのサヨナラ勝利で4強入りを果たし、秋季中国大会に出場。2019年の秋季島根県大会でも優勝するなど、近年好成績をおさめている。

◆広島との県境の山間地にある邑南(おおなん)町は人口約1万人と、過疎と少子化が進む。その中で、全国から生徒を受け入れる「しまね留学」や「地域課題解決型学習」などの取り組みを地域と一体になって取り組んできたこと、学業と部活動を両立させていることなどが評価された。

◆日本海側が大雪に見舞われた2021年1月には、近隣除雪作業を行うなど、地域に根ざした活動にも取り組む。練習中に捕食で食べるお米などは地域の差し入れという。

◆監督は、プロ野球・広島カープの元捕手で2017年に就任した山本翔氏(37)。購入したマンションがある広島から妻子とともに島根へ移住。現在は町の教育委員会でスポーツ施設の管理運営を担当する。

◆1948年の創立の県立高校。共学で全校生徒246人。野球部は1989年創部。春夏通じて甲子園出場なし。部員数47人(3年生含め62人)。校内に10頭以上の黒毛和牛を飼育する農場を持ち、産業技術科の野球部員も育てる。

【秋季中国大会の戦歴・結果】
・1回戦:矢上(島4) 3-5 山口県桜ヶ丘(山1) 

【秋季島根大会の戦歴・結果】
・3位決定戦:矢上 3-6 o立正大淞南
・準決勝  :矢上 3-10 石見智翠館(7)
・準々決勝 :矢上 5x-4 大社(13)
・2回戦  :矢上 3x-2 開星
・1回戦  :矢上 3x-2 松江農林

【センバツ2021年 地区推薦校および出場校】
★:21世紀枠として4校がセンバツ出場(例年3校)
※明治神宮大会中止に伴い1枠が21世紀枠に追加
============================
・北海道  :知内(北海道)
・東北   :八戸西(青森)
・関東&東京:石橋(栃木)
・東海   :三島南(静岡)
・北信越  :富山北部・水橋連合(富山)
・近畿   :東播磨(兵庫)
・中国   :矢上(島根)
・四国   :川之石(愛媛)
・九州   :具志川商業(沖縄)