【福井県】21世紀枠推薦校⚡️センバツ2023年

福井県 21世紀枠推薦校 2023年

センバツ2023年 福井県 21世紀枠推薦校

🌸推薦校:◉◉ ※発表され次第、更新

【2023年 センバツの主なスケジュール日程】
・センバツ日程:3月18日(土)〜3月31日(金)
———————————————————–
・各地区大会   :10月〜11月
・明治神宮大会  :11月18日(金)~23日(水)
・21世紀枠推薦校:10月〜11月 ※47推薦校発表
・21世紀枠推薦校:12月上旬 ※各地区代表9校発表
・選抜選考委員会 :1月27日(金)
・組み合わせ抽選会:3月10日(金)
・開幕      :3月18日(土)
・準々決勝    :3月27日(月)
・休養日①    :3月28日(火)
・準決勝     :3月29日(水)
・休養日②    :3月30日(木)
・決勝戦     :3月31日(金)
———————————————————–
・前売券 :チケット別途発表|ホテル予約 
・過去結果:センバツ2022夏の甲子園2022



[2022年] 21世紀枠推薦校 丹生高校

センバツ2022年 福井県 21世紀枠推薦校

🌸推薦校:丹生


🌸21世紀枠選出までの流れ:①福井推薦校に選出=11月10日(水)発表、②北信越地区推薦校に選出=12月10日(金)発表、③21世紀枠での出場決定=1月28日(金)発表


🌸秋季大会の主な戦歴:読み方は「にゅう」。福井大会は4強。初戦・高志戦はエース井上颯太(1年)の本塁打などで18-7(7C)、2回戦・鯖江戦は5-3、準々決勝・金津戦(夏の準優勝校)は2-1で勝利。準決勝は工大福井(秋優勝校)に0-14(6C)で敗れた。北信越大会出場をかけた3位決定戦・敦賀気比戦は、序盤にリードする展開も終盤に逆転を許して3-8で敗戦。21世紀枠で春夏通じて初出場。 【戦歴:福井大会(4強)】


🌸チーム紹介サマリー:1年生のエース左腕・井上颯太(1年)は、5試合(計37回2/3)を投げて、防御率1.91(出場選手18位)、奪三振37(同18位)、1回当たりの奪三振1.0(同10位)と好成績を残す。聖地では「玉村2世(同校OB広島カープ玉村昇悟)」として”NEWヒーロー”に踊りでる。攻撃陣は、頼れる主将の来田竹竜(きだたける・2年)が復帰予定。左膝半月板損傷のため秋公式戦では出場なしも、1年夏からレギュラーで本来は中軸を担う好打者だ。チームは1番橋本隼(1年)が打率.500(チーム1位)・打点2と好調で、攻撃の口火を切る。中軸の小津慎之介捕手(1年)は、打率.316・打点2を記録し、守っては同じ鯖江中学出身で中2からコンビを組むエース井上をリードする。チーム一番の長打力を持つ5番小松海夢(2年・かいむ)は、打率.353・打点5を記録し、センバツではアーチを目指す。春木監督は「カープ玉村がいて県大会で準優勝したときよりも今のチームの方が総合力は高い」と手応えを口にする。


🌸21世紀枠選出理由:1925年創立の県立校で、21年度の生徒数は332人。野球部員は、2年12人、1年15人、マネジャー4人の計31人。これまで、19年夏の福井大会で準優勝(決勝は町役場でPV)するなど、過去5年間でベスト8以上が5回。越前町唯一の高校として地元から愛され、活躍によって町の活力向上につながっていることなどが評価。週に最低1日は完全オフで、バドミントンやサッカーなど野球以外のスポーツを練習に取り入れる。2年前には丸刈りを廃止。


🌸丹生の戦歴|秋季福井大会2021年
・3位決定:丹生 03-8 0敦賀気比
・準決勝 :丹生 00-14 工大福井(6)
・準々決勝:丹生 02-1 0金津
・2回戦 :丹生 05-3 0鯖江
・1回戦 :丹生 18-7 0高志(7)



[2021年] 21世紀枠推薦校 美方高校

センバツ2021年 福井県 21世紀枠推薦校

🌸推薦校:美方高校 ※11月11日(水)発表


🌸野球部は1・2年生の合計16名と少数ながら、2020年の秋季福井県大会では継投策で勝ち抜きベスト4進出した。高野連は推薦理由として、①部員が少ない中で複数投手を育成していること、②過去5年の各福井県大会でベスト4に2回・ベスト8に4回進出していること(好成績)などをあげている。


🌸美方高校の戦歴|秋季福井大会2020年
・3位決定戦:美方 2-11 北陸(7)
・準決勝  :美方 2-12 福井商業
・準々決勝 :美方 6-2 0大野
・2回戦  :美方 1-0 0敦賀
・1回戦  :美方 5-3 0丹南