【センバツ2021】茨城県の21世紀枠推薦校 境高校が選出

茨城県の21世紀枠推薦校 境高校が選出

茨城県におけるセンバツ2021年の21世紀枠推薦校は、境高校に決まった。11月10日(火)、茨城高野連が発表した。同校の推薦は初。

境は過去の甲子園出場経験はなし。21世紀枠の推薦は初めてとなる。1928年創立で、野球部も同年に創部した。

2020年の秋季茨城県大会では、準々決勝で藤代に敗れたものの、1回戦で土浦日大を4-2、2回戦で常磐大高を2-1で下し、35年ぶりに8強入りするなど好成績をおさめた。

高野連は推薦理由として、文武両道を実践し、全日制普通科で練習時間が限られること(週3日の課外授業あり)、グランドがサッカー部と共用で練習内容が限られること(フリー打撃が困難)、地元出身生徒のみで成果あげていることなどを挙げた。

野球部監督が英語の教員のため、部員全員で毎年英検に挑戦。学級委員長など学校生活でも中心的な役割を果たす部員も多いという。

境高校の秋季大会における戦歴・結果

【秋季茨城大会の戦歴・結果】
・準々決勝 境 1-19 藤代(5回コールド)
・2回戦 境 2-1 常磐大
・1回戦 境 4-2 土浦日大

【センバツ2021年 特集ページ】