【センバツ2021】鳥取県の21世紀枠推薦校 米子工業が選出

鳥取県の21世紀枠推薦校 米子工業が選出

鳥取県におけるセンバツ2021年の21世紀枠は、米子工業に決まった。11月11日(水)、鳥取高野連が発表した。米子工業は選出されるのは、3年ぶり2回目。1972年には夏の甲子園に出場した経験を持つ。

野球部は1953年創部で、現在の野球部員は14人。2020年の夏の独自大会では4強、秋季大会では8強に進出するなど好成績をおさめている。2013年に就任した井畑浩次監督の下で着実に力を伸ばした。

県高野連は、工業高校らしい「手作りの部活動」も評価した。授業で習得した技術を生かし、グランドの土をならすトンボや、スコアボードの電光表示機などを部員が手作りしている。また、試合マナーがよい点も推薦理由の一つに挙げられた。

米子工業の秋季大会における戦歴・結果

【秋季鳥取大会の戦歴・結果】
・準々決勝 米子工業 4-6 米子東
・1回戦 米子工業 7-3 岩美 ※県大会のみ記載

【センバツ2021年 特集ページ】