【センバツ2021】群馬県の21世紀枠推薦校 館林高校が選出

群馬県の21世紀枠推薦校 館林高校が選出

群馬県におけるセンバツ2021年の21世紀枠推薦校は、館林高校に決まった。11月6日(金)、群馬高野連が発表した。1921年創部で、春夏ともに甲子園出場経験はない。

2020年の秋季群馬県大会では、準決勝で群馬大会・関東大会を制した健大高崎に17-3(7回コールド)で敗れたものの4強進出(12年ぶり)という好成績をおさめている。

高野連は、昨年秋・一昨年秋も8強入りするなど近年の良好な成績に加えて、学校全体で文武両道に力を入れ、多くの部員が大学進学を目標にしていることなどを推薦理由を挙げた。

【2020秋季群馬大会での戦歴・結果】
・準決勝 館林 3-12 健大高崎(7回コールド) (桐)
・準々決勝 館林 6-3 高崎北(桐)
・4回戦 桐生 0-2 館林(高)
・3回戦 安中総合 2-5 館林(上)
・2回戦 館林商工 6-11 伊勢崎工(藤)
・1回戦 館林 2x-1 前橋東(上)



館林高校の秋季大会における戦歴・結果

【秋季群馬大会の戦歴・結果】
準決勝 館林 3-12 健大高崎(7回コールド)
準々決勝 館林 6-3 高崎北
3回戦 館林 2-0 桐生
2回戦 館林 5-2 安中総合
1回戦 館林 2x-1 前橋東

【センバツ2021年 特集ページ】