【センバツ2021】沖縄県の21世紀枠推薦校 具志川商業が選出

沖縄県の21世紀枠推薦校 具志川商業が選出

沖縄県におけるセンバツ2021年の21世紀枠推薦校は、具志川商業に決まった。11月12日(木)、沖縄高野連が発表した。

2020年の秋季沖縄大会では、準優勝という好成績をおさめた。初戦・名護商工戦を7-4で勝ち切ると、2回戦・3回戦はいずれもコールド勝ちし、準々決勝は8-3で宮古に勝利。

準決勝は興南との一戦となり、初回に奪った3点を最後まで守り切り、3-2の接戦を制して、春秋通じて初の秋季九州大会出場権を掴んだ。決勝は、沖縄尚学に8-0で敗れて、準優勝。

九州大会では、初戦で東海大熊本星翔に4-2で勝ち、8強入り。準々決勝では、大会で準優勝した福岡大大濠に3-0で敗れたが、接戦を演じた。

180センチ、74キロのエース新川俊介(2年)は、沖縄大会まで背番号5をつけ三塁手と投手の兼任だったが、九州大会で初めてエースナンバーを背負い、公式戦初先発となった東海大星翔戦で初完投した。

3年前からコーチを務め、今年から外部監督として母校の監督に就任したのは喜舎場正太監督。民間企業で働きながら仕事後に選手たちを指導している。

▶︎センバツ21世紀枠推薦校一覧(更新中)



具志川商業の秋季大会における戦歴・結果

◆具志川商業 野球部 ベンチ入りメンバーはこちら

【秋季九州大会の戦歴・結果】
・準々決勝 具志川商業(沖2) 0-3 福大大濠(福1)
・1回戦 具志川商業(沖2) 4-2 東海大星翔(熊1)

【秋季沖縄大会の戦歴・結果】
・決勝戦 具志川商業 0-8 沖縄尚学
・準決勝 具志川商業 3-2 興南
・準々決勝 具志川商業 8-3 宮古
・3回戦 具志川商業 11-4 美来工科(7)
・2回戦 具志川商業 9-2 八商宮工総(7)
・1回戦 具志川商業 7-4 名護商工



センバツ高校野球 2021年

2021年春のセンバツ高校野球は、3月19日(金)に開幕し、31日(水)=決勝の日程で開催予定。休養日は、準々決勝翌日と準決勝翌日となる。

出場校数(出場枠)は例年通り。北海道=1、東北=2、関東東京=6(関東4・東京1・比較1)、東海=2、北信越=2、近畿=6、中国四国=5(中国2・四国2・比較1)、九州=4、明治神宮大会枠=1、21世紀枠(東日本1・西日本1・地域限定なし1)=3の合計32チーム。※明治神宮大会枠(中止影響)については、1月13日(水)に発表予定

【センバツ2021年の大会日程】
・11月から順次〜 47都道府県の21世紀枠推薦校発表
・12月11日(金)全国9地区の21世紀枠推薦校発表
・1月29日(金)出場校決定 ※選考委員会
・3月12日(金)組み合わせ抽選会
・3月19日(金)開幕
・3月27日(土)準々決勝
・3月28日(日)休養日
・3月29日(月)準決勝
・3月30日(火)休養日
・3月31日(水)決勝
・8月09日(月)夏の甲子園が開幕

【センバツ2021年の特集ページ】

スポンサー リンク