【センバツ2019】明石商業 野球部ベンチ入りメンバー・注目選手|エース中森・宮口・来田に注目

明石商(兵庫)3年ぶり2回目

【大会後の特集号発売中】
第91回選抜高校野球大会総決算号 (週刊ベースボール別冊新緑号)
報知高校野球2019年5月号
輝け甲子園の星 2019年5月号(第91回選抜高校野球大会速報)

センバツ準決勝・東邦に4-2で敗れる

東邦4-2明石商(終了)
明石000 000 020=2
東邦000 000 31X=4
【東】石川【明】中森
【本】吉納3ラン(東)安藤2ラン(明)

平成元年の優勝校、東邦が平成最後の大会で30年ぶりに決勝進出。試合はエースの対決となった。東邦・石川昂弥明石商・中森俊介(2年)の両先発投手が力投。

0-0で迎えた7回、四死球で作った2死一、二塁の好機に習志野・吉納翼が、左中間に先制のスリーランホームランを放ち、均衡を破る。その直後、明石商も8回に2死から重宮涼が二塁打で出塁すると、続く安藤碧が右中間にツーランホームランを放ち、1点差に詰め寄る。

しかし、東邦は8回に明石商の守備の乱れで貴重な追加点を挙げ、逃げ切った。

【第10日 4月2日(火)準決勝】
習志野 6-4 明豊 (結果)
明石商業 2-4 東邦 (結果)
※開門時間:9時半 32,000人



センバツ準々決勝・智弁和歌山に4x-3(9回サヨナラ)

智弁和歌山3-4明石商(9回サヨナラ本塁打)
智弁100 020000  =3
明石210 000001x=4

明石商が1番・来田涼斗(2年)の劇的なサヨナラ本塁打で、昨年センバツ準優勝の智弁和歌山を破り春夏通じて初の4強入り。初回も来田だった。押し出し四球で先制された1回、来田涼斗が先頭打者本塁打を放ち、すぐさま同点。

その後、2点を追うの智弁和歌山は5回、黒川史陽主将のタイムリーツーベースと根来塁の犠牲フライで2点を返し、試合を振り出しに戻す。

クライマックスは、同点で迎えた9回裏、明石商の来田がこの日2本目となるソロ本塁打を放ちサヨナラ勝ち。エース中森俊介(2年)も粘りづよい攻撃を見せる智弁和歌山を3点に抑える力投だった。

【第9日 3月31日(日)準々決勝】
習志野 4-3 市和歌山 (みどころ)
龍谷大平安 0-1x 明豊 11回 (みどころ)
東邦 7-2 筑陽学園 (みどころ)
智弁和歌山 3-4x 明石商 (みどころ)
※開門時間:7時 第2試合 41,000人



センバツ/2回戦 大分に13-4で勝利 

明石商13-4大分(終了)
明石140 210 140=13
大分100 000 030=4
【明】宮口、中森、溝尾、杉戸、南
【大】武藤、飯倉、長尾、石丸

明石商が大分を圧倒し、甲子園初出場だった16年春以来のベスト8に進出。2回に岡田光が勝ち越しソロ本塁打を放ち、ペースを握る。さらに今大会注目の来田涼斗(2年)の2点タイムリースリーベースなどで4点を奪い勢いづけた。

明石商の先発・宮口は怪我の影響もあり、2回途中降板。エース中森俊介が途中登板し、最速147キロを記録。初戦に続き、自己最速をまたも1キロ更新した。また、打っては4回にソロ本塁打を放つ活躍。大分は1回に同点に追いついたが、その後苦しい試合展開を強いられ、敗れた。

【第8日 3月30日(土)】
東邦 12-2 広陵 (結果)
明石商 13-4 大分 (結果)
智弁和歌山 5-2 啓新 (結果)
※開門時間:7時50分 第2試合 34,000人



センバツ/初戦 国士舘に7-1で勝利

明石商7-1国士舘(終了)
国士000 100 000=1
明石030 000 13X=7
【国】白須、山田、石橋
【明】中森(10K)

明石商業が、東京王者の国士舘を7-1で破り、初出場だった16年に続き、初戦突破。先発の2年生エース・中森俊介は初回に自己最速146キロを記録。ヒットを浴びるも要所を締めて、1失点10奪三振の完投勝利。

攻撃では、2回2アウト満塁から押し出しの四球で先制すると、不動のリードオフマン・来田涼斗がタイムリーでさらに2点を追加。終盤にも来田が勝負強いバッティングを見せ、国士舘を突き放した。

一方、10年ぶり9回目のセンバツとなった国士舘は、先発の白須仁久が7回途中まで相手打線を4安打に抑えたが、7四球と制球に苦しんだ。打線はチャンスを生かせなかった。4番・黒澤が1月の怪我から回復し、活躍を見せた。

【第5日 3月27日(水)】
国士舘 1-7 明石商業 (結果)
松山聖陵 1-4 大分 (結果)
啓新 5-3 桐蔭学園 (結果)
※開門時間:8時 第3試合 26,000人


チームの特徴

【主な成績】
・兵庫大会優勝、近畿大会準優勝

【チームデータ】
・部員数:80人(マネ0)
・8勝1敗
・[率].304[本]2[防]1.47[盗]2
・スポーツ紙評価:A・B・B
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・投手陣は今大会注目。最速145キロのエース中森俊介(2年)宮口大輝(3年)の二枚看板。
・奪三振率では、中森が12.35と横浜エース及川に次いで出場選手中2位、宮口は9.50で9位。防御率では、宮口は0.93と4位、被安打率では中森が6.03で7位と高い投手力。

【打撃力】
・注目打者は、新2年生の来田涼斗(きた・りょうと)。1年春入学時は部員129人。大所帯の中で1年春から不動の1番を任される。大阪桐蔭や履正社など28校から誘いを受けたが、兄の進んだ明石商業を選択

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投/打 学年
出身中学/中学時代の所属チーム
1 中森俊介 右/左 2年
 篠山東
 打率.000/本塁打0/打点0(7打席)
2 水上桂 右/右 3年
 宝塚第一/三田ヤング
 打率.355/本塁打1/打点4(31打席)
3 清水良 右/右 3年
 太田/明石ボーイズ
 打率.333/本塁打0/打点0(9打席)
4 岡田光 右/右 3年
 別所/兵庫播磨シニア
 打率.259/本塁打0/打点5(27打席)
5 重宮涼 右/右 3年
 大久保【主将】
 打率.486/本塁打0/打点5(35打席)
6 河野光輝 右/左 3年
 衣川/高砂宝殿ボーイズ
 打率.346/本塁打0/打点4(26打席)
7 溝尾海陸 右/右 3年
 御津/高砂シニア
 打率.258/本塁打0/打点6(31打席)
8 来田涼斗 右/左 2年
 神戸長坂/神戸ドラゴンズ
 打率.243/本塁打1/打点5(37打席)
9 安藤碧 左/左 3年
 井吹台/湊クラブ
 打率.297/本塁打0/打点8(37打席)
10 宮口大輝 右/右 3年
 宝塚/兵庫タイガース
 打率.222/本塁打0/打点4(18打席)
11 南瑛斗 右/右 3年
 宝殿
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
12 宮下匡雅 右/左 3年
 朝日/高砂シニア
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
13 水田彩斗 右/右 3年
 魚住
 打率.294/本塁打0/打点1(17打席)
14 宮本啓吾 右/右 3年
 箕面第一/豊中シニア
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
15 岡部宇裕 右/右 3年
 向洋/兵庫タイガース
 打率.333/本塁打0/打点0(6打席)
16 杉戸理斗 左/左 3年
 長尾
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)
17 横山虎太郎 右/右 3年
 青雲/ヤング淡路
 打率.200/本塁打0/打点1(5打席)
18 百々亜佐斗 右/右 3年
 宝梅/豊中シニア
 打率.-/本塁打-/打点-(-打席)

【特集記事リスト】
▷組み合わせ日程/対戦カード
▷ドラフト候補・注目選手
▷選手名簿・ベンチ入りメンバー
▷チケット前売券・当日券
▷開幕直前の練習試合結果
▷高校球児の注目進路・進学先

「スポンサーリンク」

センバツ直前トピックス

<3月9日>
明石商業は、須磨翔風と練習試合を実施し、①6-2②8-0と連勝。世代最注目投手の一人、2年生エースの右腕・中森俊介は、直球に4種類の変化球を織り交ぜ、4回を無失点の好投。「高めに浮いてしまったのは修正点だけど、コンスタントに140キロ台が出せた。球の勢いが増したのは冬の成果」と語った。

<3月12日>
明石商業は、興國との練習試合で、1-0、7-0で連勝。2年生エース中森俊介、3年生エース宮口大輝ら5人が登板し、18イニングを無失点の好投を見せた。

エース中森俊介(2年)

18夏の甲子園で注目を集めた新2年生投手は明石商業の中森俊介だ。夏の甲子園では背番号17、新チームではエース背番号1を背負う。軟式出身で、本格的に硬式球を投げてまだ期間はわずかだが、最速145キロを誇る。(18年夏・八戸学院光星戦で記録)

1番打者・来田涼斗(2年)

明石商業の「1番」を任される男・来田涼斗(新2年)。18春入学時は部員129人。この大所帯の中で1年春から不動の1番に座る。18春の近畿大会1回戦では大阪桐蔭・根尾から安打。

狭間監督は「1年生から1番はなかなかいない。将来のある子。経験を積んでくれたら。足も速い」と期待をかける。高校入学時は、大阪桐蔭や履正社など28校から誘いを受けたという。

3つ上の兄・渉悟さんが最後の夏に、県大会決勝で敗れたのをスタンドで見届け、「兄も悔しい思いをしたので、明石商に決めました」と入学を決意。

18秋季近畿大会の智辯和歌山戦では、3ラン。この時点での高校通算本塁打数は14本。読み方は「きた・りょうと」と読む。50メートル走5秒9の俊足。

背番号10 宮口大輝(3年)

報徳学園を4安打完封でセンバツ当確を引き寄せた好投。「甲子園は自分があこがれていた場所。夏は投げる機会がなかったけど、センバツに出て今度は自分が主役になりたい」と語り、新2年生エース・中森俊介と二枚看板でセンバツへ臨む。

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新

けが人などが出た場合は22日まで入れ替え可能。※変更の可能性あり

▷注目選手・ドラフト候補2019

札幌大谷(メンバー) 
札幌第一(メンバー) 
八戸学院光星(メンバー)
盛岡大付属(メンバー)
桐蔭学園(メンバー)
春日部共栄(メンバー)
習志野(メンバー)
山梨学院(メンバー)
国士舘 (メンバー)
横浜 (メンバー)
東邦(メンバー)
津田学園(メンバー)
星稜(メンバー)
啓新(メンバー)
龍谷大平安(メンバー)
明石商業(メンバー)
履正社(メンバー)
智弁和歌山(メンバー)
市立和歌山(メンバー)
福知山成美(メンバー)
広陵(メンバー)
米子東(メンバー)
高松商業(メンバー)
松山聖陵(メンバー)
市立呉(メンバー)
筑陽学園(メンバー)
明豊(メンバー)
日章学園 (メンバー)
大分(メンバー)
石岡第一(メンバー)
富岡西(メンバー) 
熊本西(メンバー)

「スポンサーリンク」

優勝候補アンケート募集中

※1月29日午後12時からアンケート開始※
※投票は一人1回まで※

【受付中】センバツ優勝候補はどこだ!

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

スポンサー リンク