【センバツ】明石商業 野球部ベンチ入りメンバー2020年 注目選手・出身中学「中森俊介・来田涼斗コンビ」

選抜高校野球2020 明石商業 野球部 特集!

【特集:注目中学生の進学先(U15ほか)】

※2020年のセンバツは中止が発表。同日・3月11日に公表されたセンバツベンチ入りメンバーは以下の通り。

明石商業 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

2020年の高校野球界で最も熱い視線が注がれる2人中森俊介来田涼斗コンビ」。昨年の春夏甲子園4強の立役者、新たに台頭する選手の登場で、頂点を目指す。

2019年の秋季大会の主な戦歴・試合結果(兵庫大会・近畿大会)、得点・打率・防御率・本塁打数・エラー数・盗塁数・部員数・スポーツ紙評価(A/B/C)などの成績集も掲載中。



ベンチ入りメンバー

<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
1 中森俊介 右/左 3年 兵庫県・丹波篠山市立篠山東中
2 名村康太郎 右/左 3年 兵庫県・たつの市立揖保川中
3 植本拓哉 右/左 3年 兵庫県・神戸市立広陵中
4 福井雄太 右/右 3年 兵庫県・加古川市立中部中
5 宮城光伸 右/左 3年 大阪府・摂津市立第五中
6 井上隼斗 右/左 3年 大阪府・堺市立鳳中
7 河野佑哉 右/右 3年 兵庫県・洲本市立五色中
8 来田涼斗 右/左 3年 兵庫県・神戸市立長坂中(主将)
9 嶋谷蒼 右/右 3年 兵庫県・姫路市立大的中
10 中野憂翔 右/左 3年 兵庫県・朝来私立生野中
11 根木郁光 右/右 3年 兵庫県・明石市立野々池中
12 川上桂慎 右/左 3年 兵庫県・明石市立大久保中
13 井崎太玖翔 右/右 3年 大阪府・吹田市立豊津中
14 松下裕人 右/左 3年 兵庫県・加古川市立中部中
15 冨士川宗汰 右/右 3年 兵庫県・たつの市立御津中
16 福本綺羅 左/左 2年 兵庫県・姫路市立高丘中
17 西田陸人 右/右 2年 兵庫県・朝来市立生野中
18 西村元輝 右/右 2年 兵庫県・南あわじ市立三原中



注目選手(打者・投手)

大注目の「中森俊介・来田涼斗コンビ」

・2020年に最も熱い視線が注がれる2人。2019年の春夏甲子園4強の立役者だ。

中森俊介は、最速151キロを誇り制球力も抜群。世代No.1右腕として更なる輝きを見せる。最終学年では155キロ、さらには160キロ到達とプロ入りを目標とする。狭間善徳監督は、成績も常にクラス上位の中森について「アイツはホンマに頭がよくて、生活態度も真面目、練習もこちらが言うことをしっかりやり遂げられる」と評価している。あだ名は「しゅんぼー」。父は元サッカー選手、母は元バレーボール選手。そして兄はシンガーソングライター(竜太さん)でNHKのど自慢にも出場した経験を持つ。

新チームの主将となった来田涼斗は、昨年春の智辯和歌山戦で、先頭打者弾とサヨナラ弾を放つなど、大舞台でファンを魅了する「スター性」がある。

50m5.9の俊足と強肩、抜群の打撃センスを併せ持ち、高校通算本塁打数は29本。センバツで2本塁打、甲子園通算3本塁打を放っており、今大会はPL学園・清原、上宮・元木のセンバツ個人通算最多本塁打記録(4本)の更新にも期待がかかる。好きなタレントは「有田哲平」




2番手の右腕・中野憂翔は、切れのある変化球で勝負する。複数投手陣の仕上がりも上位進出への鍵となる。

堅実な守備の要は、ショートの井上隼斗と捕手の名村康太郎だ。井上は、秋の大会でチーム唯一の本塁打を放つ打撃力も魅力。また、名村捕手は、秋の全7試合でマスク。趣味は「グラブの手入れ」だという

・主軸を任される新2年生・福本綺羅(ひかる)にも注目。秋の近畿大会では4番。秋公式戦打率はチームトップの.462を誇る。福本について、狭間監督は「将来プロに行ける。来田よりも走れる。センスは上かもしれない」と期待を寄せる。初めてメンバー入りした秋は、背番号17ながら近畿大会では4番打者を任された。「綺羅」とかいて「ひかる」と読む。これは、童謡・きらきらぼしの歌詞から命名され、「輝いてほしい」という願いが込められているという。

・下山峻平は、「全国商業高等学校協会」が主催する検定試験のうち、簿記1級・情報処理1級・商業経済2級・電卓1級の4つの検定に合格しているという。



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】近畿8強、兵庫準優勝
【評価】A=2、B=3、C=0(スポーツ紙5紙)
【打率】.335
【防御率】1.87★7位
【得点】46点 (6.6点)
【本塁打】1本 (0.2本)
【盗塁数】9 (1.3)
【エラー】4★4位 (0.6)★7位
【部員数】70人★5位/全校生徒815人
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10



戦歴・秋の試合結果

◉秋季近畿大会=8強
明石商業 3-4 大阪桐蔭(準々決勝)
明石商業 8-3 東山

◉秋季兵庫県大会=準優勝
明石商業 1-5 報徳学園(決勝)
明石商業 4-3 神戸国際大附(準々決勝)
明石商業 11-0 赤穂(5回コ)(準々決勝)
明石商業 8-1 関西学院(7回コ)
明石商業 11-1 舞子(7回コ)



野球部卒業生の進路・進学先 2019-2020

重宮涼・明石商→日本体育大学

溝尾海陸・明石商→日本体育大学

岡部宇裕・明石商→日本体育大学

宮崎涼介・明石商→東海大学

(このほか、判明次第 随時更新中)

▶︎高校球児の進路・進学先リスト一覧(2020版)



出場校チーム紹介

各チームの特集ページでは、注目選手(打者・投手)などベンチ入りメンバーに加え、秋の公式戦成績・試合結果を特集。

◉以下は、左からセンバツ出場回数、スポーツ紙5紙のABC評価の数となる。

【特集ページ/春出場回数/スポーツ5紙 評価数】

【21世紀枠:3校】21世紀枠一覧
帯広農業(北海道4強)初出場 A0 B0 C5
磐城(東北8強)3回目  A0 B1 C4
平田(中国8強)初出場 A0 B1 C4

【北海道:1校】北海道大会
白樺学園初出場(優勝、神宮4強)A0 B5 C0

【東北:2校】東北大会
仙台育英13回目(優勝)A4 B1 C0
鶴岡東2回目(準優)A0 B5 C0

【関東・東京:6校】関東東京大会
健大高崎4回目(優勝、神宮準優)A5 B0 C0
山梨学院4回目(準優)A0 B5 C0
東海大相模11回目(4強)A3 B2 C0
桐生第一6回目(4強)A0 B4 C1
国士舘10回目(優勝)A0 B4 C1
花咲徳栄5回目(8強)A0 B5 C0

【東海:2校】東海大会
中京大中京31回目(優勝、神宮優勝)A5 B0 C0
県立岐阜商業19回目(準優)A0 B5 C0

【明治神宮枠 東海:1校】神宮大会
加藤学園初出場 A0 B3 C2




【北信越:2校】北信越大会
星稜14回目(優勝)A1 B4 C0
日本航空石川2回目(準優)A0 B3 C2

【近畿:6校】近畿大会
天理24回目(優勝、神宮4強)A3 B2 C0
大阪桐蔭11回目(準優)A5 B0 C0
履正社9回目(4強)A4 B1 C0
智辯学園13回目(4強)A0 B5 C0
明石商業3回目(8強)A2 B3 C0
智辯和歌山14回目(8強)A0 B5 C0

【中国・四国:5校】中国四国大会
倉敷商業4回目(優勝)A0 B5 C0
鳥取城北2回目(準優)A0 B5 C0
明徳義塾19回目(優勝)A0 B5 C0
尽誠学園7回目(準優)A0 B4 C1
広島新庄2回目(4強)A0 B4 C1

【九州:4校】九州大会
明豊4回目(優勝)A1 B4 C0
大分商業6回目(準優)A0 B5 C0
創成館4回目(4強)A0 B3 C2
鹿児島城西初出場(4強)A0 B3 C2

スポンサー リンク