【夏の甲子園】明石商業 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

明石商業 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 中森俊介 (2年)篠山東
2 水上桂 (3年)宝塚一
3 宮崎涼介 (3年)湊川
4 清水良 (3年)太田
5 重宮涼 (3年)大久保<主将>
6 河野光輝 (3年)衣川
7 窪田康太 (3年)立花
8 来田涼斗 (2年)神戸・長坂
9 安藤碧 (3年)井吹台
10 杉戸理斗 (3年)長尾
11 溝尾海陸 (3年)御津
12 宮口大輝 (3年)宝塚
13 岡田光 (3年)別所
14 百々亜佐斗 (3年)宝梅
15 横山虎太郎 (3年)青雲
16 宮下匡雅 (3年)朝日
17 井上隼斗 (2年)鳳(大阪)
18 福井雄太 (2年)加古川・中部



明石商業チーム紹介 

兵庫:明石商(市立)2年連続2度目

<地方大会のチーム成績>
全7試合 失点10 打率.313
本塁打2 盗塁13 失策3

◉チームの特長:センバツ4強、鮮烈な印象を刻んだ明石商業。

来田涼斗(2年)が甲子園に帰ってきた。センバツの智辯和歌山戦では、先頭打者弾・サヨナラ弾で鮮烈な記憶を残す。エース中森俊介(2年)は150キロに迫る超本格派右腕。

兵庫大会決勝では最終回に逆転勝利で2年連続2回目の夏の甲子園。




夏の兵庫大会では、センバツでベンチ入りした3年生のうち5人がメンバー外と、熾烈なレギュラー争いで切磋琢磨。兵庫大会では登録外だった、中森とダブルエースだった宮口大輝(3年)と副主将の宮下匡雅(3年)が甲子園メンバーに入る。

吹奏楽部は現在16人。今回は、魚住東中、明石北高、明石清水高の各吹奏楽部が参加し、総勢107人で臨む。

◉学校紹介:1953年(昭28)に市立校として創立。生徒数は816人(女子440人)。野球部も同時に創部され、部員111人。甲子園出場は春2度、夏は昨年に続き2度目。主な卒業生は西武松本航、車いすテニスの上地結衣。所在地は明石市魚住町長坂寺1250。楠田俊夫校長。



明石商 7-6 八戸学院光星 8月18日◇準々決勝

明石商が八戸学院光星を下し、春夏連続で4強進出。

6-6の8回表、スクイズ失敗で2死三塁となったが暴投で決勝点を挙げた。守っては7回2死三塁でエース中森俊介投手(2年)を投入。最速151キロの速球でピンチをしのぎ1点差で逃げ切った。

明石商は1回、今大会初先発の下山昂大を攻め、3連打にスクイズも絡め3点を先制。八戸学院光星はその裏、左腕杉戸理斗に対し、併殺崩れの間に1点を返した。明石商は2回にも安藤碧の3ランでリードを広げた。

八戸学院光星は3回1死二、三塁から大江拓輝の中前2点適時打で反撃。5回無死満塁で明石商は2番手溝尾海陸を投入も、下山の打球が三塁の失策を誘い1点差。6回には2死満塁から下山が押し出し四球を選び同点とした。



明石商 3-2 宇部鴻城 8月16日(3回戦)

センバツ4強の明石商が、延長10回裏に河野のサヨナラ・スクイズで初の夏ベスト8。

初回1死一塁、宇部鴻城の3番・酒井隼平が左中間へ2ランを放ち先制。明石商は5回、2死から3番重宮涼がバックスクリーンへソロを放ち、1点をかえした。

宇部鴻城の岡田佑斗は、宇和島東との初戦に続き先発、7回途中8安打1失点と好投。2番手で7回無死一塁からマウンドに上がった池村健太郎は、四球を出しながらも粘り強い投球であと1本を許さなかった。

1点を追う明石商は、8回に1死二塁から二塁走者の窪田(無死一塁から代走)が三盗に成功。1死三塁から7番清水良がエンドランで一塁に転がす間に三走が生還し同点。試合は9回で決着がつかず延長戦に突入。

明石商は10回、安藤が遊撃への内野安打で出塁。続く岡田は投前バントで宇部鴻城・池村投手から二塁送球でいったんアウトの判定も審判団が協議。二塁ベースに入った遊撃手がボールを落としていたとの判定でセーフに覆った。無死一、二塁から再開し、犠打で1死二、三塁。清水良は四球で1死満塁。最後は河野がサヨナラのスクイズを三塁線に転がし試合を決めた。



明石商4-3花咲徳栄 8月11日(2回戦)

明石商(兵庫)が夏の甲子園初白星。大会最高打率の花咲徳栄(埼玉)打線をエース中森俊介(2年)が3失点に封じ、同点の7回に重宮涼主将が決勝打を放つ活躍。

重宮は、3-3で迎えた7回無死一、三塁の絶好機でスクイズをファール。狭間善徳監督(55)は、もう1度スクイズのサイン。だが、出している途中で取り消す。新たなサインは「打て」。重宮は2ストライク後、バットを短く持ち替え、変化球に食らいつき、気迫満点の決勝打。

昨冬、今年6月と2度も主将を降りようと決意。6月は実際に申し入れた。2度とも仲間からの後押しで翻意。今では狭間監督が「あいつは勝負強い。あんな主将はいない」と語る。兵庫大会決勝9回の決勝スクイズに続いて勝負を決めた。

明石商のエース中森は、初回に自己最速まで2キロに迫る147キロを出したが「調子は6割ほど」と速球が走らず、チェンジアップを軸とした。今大会出場校のうち最高のチーム打率4割3分2厘を誇った強力打線を相手に丁寧に制球して9回3失点完投した。



センバツ/明石商(兵庫)3年ぶり2回目

センバツ準決勝・東邦に4-2で敗れる

東邦4-2明石商(終了)
明石000 000 020=2
東邦000 000 31X=4
【東】石川【明】中森
【本】吉納3ラン(東)安藤2ラン(明)

平成元年の優勝校、東邦が平成最後の大会で30年ぶりに決勝進出。試合はエースの対決となった。東邦・石川昂弥明石商・中森俊介(2年)の両先発投手が力投。

0-0で迎えた7回、四死球で作った2死一、二塁の好機に習志野・吉納翼が、左中間に先制のスリーランホームランを放ち、均衡を破る。その直後、明石商も8回に2死から重宮涼が二塁打で出塁すると、続く安藤碧が右中間にツーランホームランを放ち、1点差に詰め寄る。

しかし、東邦は8回に明石商の守備の乱れで貴重な追加点を挙げ、逃げ切った。

【第10日 4月2日(火)準決勝】
習志野 6-4 明豊 (結果)
明石商業 2-4 東邦 (結果)
※開門時間:9時半 32,000人



センバツ準々決勝・智弁和歌山に4x-3(9回サヨナラ)

智弁和歌山3-4明石商(9回サヨナラ本塁打)
智弁100 020000  =3
明石210 000001x=4

明石商が1番・来田涼斗(2年)の劇的なサヨナラ本塁打で、昨年センバツ準優勝の智弁和歌山を破り春夏通じて初の4強入り。初回も来田だった。押し出し四球で先制された1回、来田涼斗が先頭打者本塁打を放ち、すぐさま同点。

その後、2点を追うの智弁和歌山は5回、黒川史陽主将のタイムリーツーベースと根来塁の犠牲フライで2点を返し、試合を振り出しに戻す。

クライマックスは、同点で迎えた9回裏、明石商の来田がこの日2本目となるソロ本塁打を放ちサヨナラ勝ち。エース中森俊介(2年)も粘りづよい攻撃を見せる智弁和歌山を3点に抑える力投だった。

【第9日 3月31日(日)準々決勝】
習志野 4-3 市和歌山 (みどころ)
龍谷大平安 0-1x 明豊 11回 (みどころ)
東邦 7-2 筑陽学園 (みどころ)
智弁和歌山 3-4x 明石商 (みどころ)
※開門時間:7時 第2試合 41,000人



センバツ/2回戦 大分に13-4で勝利 

明石商13-4大分(終了)
明石140 210 140=13
大分100 000 030=4
【明】宮口、中森、溝尾、杉戸、南
【大】武藤、飯倉、長尾、石丸

明石商が大分を圧倒し、甲子園初出場だった16年春以来のベスト8に進出。2回に岡田光が勝ち越しソロ本塁打を放ち、ペースを握る。さらに今大会注目の来田涼斗(2年)の2点タイムリースリーベースなどで4点を奪い勢いづけた。

明石商の先発・宮口は怪我の影響もあり、2回途中降板。エース中森俊介が途中登板し、最速147キロを記録。初戦に続き、自己最速をまたも1キロ更新した。また、打っては4回にソロ本塁打を放つ活躍。大分は1回に同点に追いついたが、その後苦しい試合展開を強いられ、敗れた。

【第8日 3月30日(土)】
東邦 12-2 広陵 (結果)
明石商 13-4 大分 (結果)
智弁和歌山 5-2 啓新 (結果)
※開門時間:7時50分 第2試合 34,000人



センバツ/初戦 国士舘に7-1で勝利

明石商7-1国士舘(終了)
国士000 100 000=1
明石030 000 13X=7
【国】白須、山田、石橋
【明】中森(10K)

明石商業が、東京王者の国士舘を7-1で破り、初出場だった16年に続き、初戦突破。先発の2年生エース・中森俊介は初回に自己最速146キロを記録。ヒットを浴びるも要所を締めて、1失点10奪三振の完投勝利。

攻撃では、2回2アウト満塁から押し出しの四球で先制すると、不動のリードオフマン・来田涼斗がタイムリーでさらに2点を追加。終盤にも来田が勝負強いバッティングを見せ、国士舘を突き放した。

一方、10年ぶり9回目のセンバツとなった国士舘は、先発の白須仁久が7回途中まで相手打線を4安打に抑えたが、7四球と制球に苦しんだ。打線はチャンスを生かせなかった。4番・黒澤が1月の怪我から回復し、活躍を見せた。

【第5日 3月27日(水)】
国士舘 1-7 明石商業 (結果)
松山聖陵 1-4 大分 (結果)
啓新 5-3 桐蔭学園 (結果)
※開門時間:8時 第3試合 26,000人


センバツ/チームの特徴

【主な成績】
・兵庫大会優勝、近畿大会準優勝

【チームデータ】
・部員数:80人(マネ0)
・8勝1敗
・[率].304[本]2[防]1.47[盗]2
・スポーツ紙評価:A・B・B
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・投手陣は今大会注目。最速145キロのエース中森俊介(2年)宮口大輝(3年)の二枚看板。
・奪三振率では、中森が12.35と横浜エース及川に次いで出場選手中2位、宮口は9.50で9位。防御率では、宮口は0.93と4位、被安打率では中森が6.03で7位と高い投手力。

【打撃力】
・注目打者は、新2年生の来田涼斗(きた・りょうと)。1年春入学時は部員129人。大所帯の中で1年春から不動の1番を任される。大阪桐蔭や履正社など28校から誘いを受けたが、兄の進んだ明石商業を選択。



エース中森俊介(2年)

18夏の甲子園で注目を集めた新2年生投手は明石商業の中森俊介だ。夏の甲子園では背番号17、新チームではエース背番号1を背負う。軟式出身で、本格的に硬式球を投げてまだ期間はわずかだが、最速145キロを誇る。(18年夏・八戸学院光星戦で記録)

1番打者・来田涼斗(2年)

明石商業の「1番」を任される男・来田涼斗(新2年)。18春入学時は部員129人。この大所帯の中で1年春から不動の1番に座る。18春の近畿大会1回戦では大阪桐蔭・根尾から安打。

狭間監督は「1年生から1番はなかなかいない。将来のある子。経験を積んでくれたら。足も速い」と期待をかける。高校入学時は、大阪桐蔭や履正社など28校から誘いを受けたという。

3つ上の兄・渉悟さんが最後の夏に、県大会決勝で敗れたのをスタンドで見届け、「兄も悔しい思いをしたので、明石商に決めました」と入学を決意。

18秋季近畿大会の智辯和歌山戦では、3ラン。この時点での高校通算本塁打数は14本。読み方は「きた・りょうと」と読む。50メートル走5秒9の俊足。

スポンサー リンク