《特集》鳥取城北 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

鳥取城北 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 鳥取城北 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季鳥取大会=準優勝。秋季中国大会=ベスト4:県大会の初戦は倉吉北に10-1(7回コ)、続く準々決勝は夏の独自大会決勝戦で敗れた倉吉東に10-0(7回コ)、準決勝・境戦は、延長11回の末に3-2で勝利。決勝・米子東戦は、5点リードで迎えた9回裏に同点に追いつかれ、10-11x(延長10回サヨナラ)で敗れて準優勝。中国大会では、初戦・浜田高校に7-4で勝利。続く準々決勝・宇部鴻城戦は、8回裏に同点に追いつき、9回裏に坂根叶琉(1年)のサヨナラ3ラン本塁打で、7x-4で勝利。準決勝の広島新庄戦は、3-4で敗れて4強。

◆一発を持つ攻撃力の高さが自慢:秋公式戦のチーム成績は、打率.327(18位)、平均得点7.1点(17位)、1試合平均本塁打0.9本(3位)、防御率3.41(29位)、平均失点3.7点(28位)、平均失策0.4個(2位)を記録。チーム合計で6本塁打を放つなど、攻撃力の高さが自慢だ。県大会・中国大会ともに終盤戦ではドラマチックな試合を演じ、接戦では粘り強さを持つ。スポーツ6紙の評価は、Bが3つ、Cが3つ。

◆打撃のキーマンは畑中未来翔・徳山太一:主将の畑中未来翔(みくと・2年)は、打率.345、打点6、本塁打2本を記録。甲子園交流試合前には、3年生のほぼ全員が「勝つために畑中が必要」とアンケート回答し、下級生で唯一ベンチ入り。甲子園では3安打を記録した。また、徳山太一(2年)は、いずれもチームトップ成績(タイ含)の打率.484、打点6、本塁打2本を記録。県大会・倉吉東戦では、2打席連続弾を含む3安打4打点と躍動した。

◆投手陣のさらなる成長に期待:最速134キロのエース右腕・廣田周佑(2年)は、秋は5試合29回1/3を投げて防御率5.22。タフさがありヒットを打たれながらも試合を作る。また、左腕の奥田智哉(2年)や身長183センチの長身右腕・山内龍亜(2年)も控え、ひと冬超えた投手陣の成長が上位進出の鍵を握る。女房役の捕手・岸野桂大(2年)は、2塁送球タイムは1.8秒の強肩を持ち、秋の7試合で許した盗塁はわずか4と、投手陣を支える。岸野は大阪・大淀ボーイズ時代に明豊のエース・京本眞(2年)とバッテリーを組んで全国制覇を経験。

◆1・2年生の部員数は出場校で最多73名:鳥取城北・山木博之監督は「うちの選手たちは皆、小さなころから甲子園を目指し、甲子園に行くために鳥取城北へ来た。彼らにとって甲子園は何物にも代えがたい舞台だ。そこで勝つために、私は厳しいことを言うし、厳しい練習も課す。それでも彼らは頑張っている。彼らにはぜひ、”頑張ったら報われる”ということを感じてほしい」と選手にメッセージを送る。



鳥取城北 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更あり]

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 廣田周佑  3年 右右 鳥取 岩美町立岩美
02 岸野桂大  3年 右右 兵庫 神戸市立魚崎
03 宮田葵   3年 右左 鳥取 八頭町立八頭
04 中木村連次郎 3年 右左 兵庫 夢前
05 手槌皓太  3年 右左 鳥取 伯耆町立岸本
06 松田龍太  3年 右右 兵庫 神戸市立魚崎
07 太田英之介 3年 右右 兵庫 神戸市立本山南
08 徳山太一  3年 右右 大阪 大阪市立難波
09 畑中未来翔 3年 右左 鳥取 鳥取市立中ノ郷 ◎主将
10 奥田智哉  3年 左左 奈良 葛城市立白鳳
11 山内龍亜  3年 右右 沖縄 名護市立屋部
12 荒川結生  3年 右右 鳥取 鳥取大学附属
13 永谷光貴  3年 右右 京都 神川
14 松尾天翔  3年 右左 ※最終登録変更で追加
15 後藤和輝  3年 右左 ※最終登録変更で追加
16 坂根叶流  2年 右右 鳥取 北栄町立北条
17 辻井陸   3年 右右 兵庫 宝塚市立長尾
18 徳永健太  3年 右右 兵庫 姫路市立城山
監督:山木博之 



秋季大会の主な成績・データ

<鳥取城北の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】2年連続3回目(夏の甲子園=5回)
【成績】鳥取大会=準優勝、中国大会=4強
【勝敗】7戦5勝2敗
【評価】A=0、B=3、C=3(スポーツ紙6紙)
【打率】 .327 / 18位 (.332)
【防御率】3.41 / 29位 (2.19)
【失点数】26点 / 22位 (22.3点)
 →平均 3.7点 / 28位 (2.4点)
【得点数】50点 / 26位 (67.4点)
 →平均 7.1点 / 17位 (7.3点)
【本塁打】6本 / 3位 (3.5本)
 →平均 0.9本 / 3位 (0.4本)
【盗塁数】10個 / 24位 (15.9個)
 →平均 1.4個 / 22位 (2個)
【失策数】3個 / 2位 (7.2個)
 →平均 0.4個 / 2位 (0.8個)
【部員数】73人(2人) (1位)
【生徒数】1125人 (12位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月26日(金) 2回戦  [第7日目 8時開門]
09:00 東海大相模 1-0 鳥取城北  [見所]
東海大相模|010|000|000|=1
鳥取城北|000|000|000|=0

✍️試合結果コメント
東海大相模が鳥取城北に1-0で勝利し、準々決勝進出。背番号10の求航太郎(1年)が先発し、4回2安打と好投(55球)。5回からはエース石田隼都(2年)が投げ、相手に得点を与えなかった。攻撃は、2回表に失策で出た走者を6番・佐藤優真(2年)がヒットで返し1点。最後までこの1点を守り抜いた。一方の鳥取城北は、沖縄出身の背番号10・山内龍亜(2年)の好投が光った。9回表打者1人に四球を出した場面で交代したが、強力打線をわずかヒット4本に抑えた。9回裏に1死3塁のチャンスを作るも、あと一本が出ず敗れた。

✍️試合の見どころ
東海大相模の好投手陣と鳥取城北打線の対決に注目したい。試合は5〜6点の接戦を予想する。東海大相模は、1回戦・東海大甲府と延長11回の死闘を3-1で勝ち切った。好投した背番号18の石川永稀(2年)と、高速テンポ投法で気合十分のエース石田隼都(2年)は、持ち味を十二分に発揮し、勢いにのる。一方の鳥取城北は、1回戦・三島南に6-2で勝利。畑中未来翔(2年)がチャンスで安打を放つなど、キーマンの働きをみせた。他の打者にも力があり、2戦目でその実力を発揮できるかが勝利への鍵となる。


◆3月20日(土) 1回戦 [第2日目]
11:40 鳥取城北 6-2 三島南      [見所] 
  鳥取城北|000|030|003|=6
  三島南|010|001|000|=2

✍️試合結果コメント
鳥取城北が、21世紀枠で出場の三島南に6-2で勝利。先制を許した鳥取城北は、5回に相手守備の乱れを突いた好走塁と、3番・畑中未来翔のタイムリーで3点を挙げて、逆転。最終回・相手投手が交代した場面で、ヒットを重ね3点を追加し、勝負を決めた。エース廣田周佑は、9回を完投、8安打を浴びながらも2失点と力投した(122球)。一方の三島南は、1年生のエース植松麟之介が力投し、試合を作った。打者では、前田銀治が3塁打を放つなど、その存在感を強く示した。三島南は、敗れはしたが、ヘッドスライディング・ダイビングキャッチ・盗塁と、果敢に攻め続ける野球を見せた。

✍️試合のみどころ
秋合計6本塁打を放った強力打線の鳥取城北に、”21世紀枠”で春夏通じて甲子園初出場の三島南が挑む構図だ。三島南は、秋の静岡大会で優勝候補の静岡高校に準々決勝で3-1で勝利した。エース植松麟之介(1年)が鳥取城北打線を最小失点に抑え、接戦に持ち込みたい。鳥取城北の畑中未来翔主将(2年・みくと)は、秋の公式戦で打率.345・打点6・本塁打2本を記録。夏の甲子園交流試合でも下級生で唯一ベンチ入りし、聖地で3安打を放つなど攻撃面のキーマンだ。投手陣は、エース廣田周佑(2年)・奥田智哉(2年)・山内龍亜(2年)らが揃う。一方の三島南は、投打二刀流の前田銀治(2年・ぎんじ)に注目したい。182cm・88kgの体格を持ち、高校通算19本塁打、投げては最速139キロのストレートを持つクローザーだ。チームは、伊藤侍玄主将(2年・じげん)が引っ張る。



秋季中国大会の戦歴・試合結果

◆準決勝
鳥取城北(鳥2) 3-4 広島新庄(広1)

 鳥取城北|010|020|000|=3  
 広島新庄|000|111|10x|=4
————————————————
(鳥取城北)廣田ー岸野
(広島新庄)花田、秋山ー北田
・本塁打:畑中(鳥取城北)
・2塁打:徳山(鳥取城北)花田(広島新庄)

————————————————
広島新庄が鳥取城北との接戦を4-3で勝利し、決勝進出。センバツ出場が有力に。先制は鳥取城北、2回表に7番・岸野のタイムリーで1点を挙げる。一方の広島新庄は、4回裏に押出四球で1点を挙げ、1-1の同点とする。その後、鳥取城北は5回表に3番・畑中未来翔の2ラン本塁打で3-1と勝ち越す。しかし広島新庄は、5回裏に4番・花田のタイムリーで1点を返し、3-2。さらに6回裏には、9番・北田大翔捕手のタイムリーで3-3の同点に追いつく。7回裏には、4番・花田が2塁打で出塁すると、5番・藤川がタイムリーを放ち、4-3と勝ち越し。これが決勝点となった。広島新庄は、先発したエース花田侑樹が6回途中まで投げて9安打3失点を許すも、6回途中から継投した秋山恭平が鳥取城北打線を1安打に抑える好投を見せた。




◆準々決勝
宇部鴻城(山3) 4-7x 鳥取城北(鳥2)(9回サヨナラ)

 宇部鴻城|010|201|000|=4 
 鳥取城北|002|000|023|=7x
——————————————————–
(宇部鴻城)天野、浦部、山本―池田
(鳥取城北)広田、奥田―岸野
・本塁打:田中(宇部鴻城)坂根(鳥取城北)
・2塁打:広田、神田、徳山(鳥取城北)脇(宇部鴻城)

——————————————————–
鳥取城北が9回裏に4番・坂根叶琉がサヨナラ3ラン本塁打を放ち、7x-4で勝利した。先制したのは宇部鴻城。2回表、9番・清綱のタイムリーで1点を挙げる。一方の鳥取城北は3回裏、失策で出たランナーを犠打で送り、9番・先発の廣田の2塁打で同点とすると、2番・神田の2塁打で2-1と逆転する。しかし宇部鴻城は4回表、4番・田中翔のソロ本塁打と8番・浦部の犠牲フライで2点を挙げて逆転。さらに6回表には犠打で走者を3塁へ進め、7番・深水がスクイズを決めて1点を追加した。しかし8回裏、鳥取城北は先頭から2連打でチャンスを作ると、5番・徳山の2塁打と6番・宮田の犠牲フライで4-4の同点に追いつく。9回裏、鳥取城北は1死1・2塁から4番・坂根叶琉がサヨナラ3ラン本塁打を放ち、7x-4で勝利。鳥取城北は2番手・奥田が終盤にマウンドにあがり6四球を与えるも、無安打と粘りの投球を見せ逆転劇につなげた。

◆1回戦
鳥取城北(鳥2) 7-4 浜田(島2)

 鳥取城北|300|001|030|=7  
 浜田・・|003|010|000|=4
————————————————
(鳥取城北)広田、奥田―岸野
(浜田)橋本―勝部
・本塁打:松田(鳥取城北)
・2塁打:咲花、勝部(浜田)大橋(鳥取城北)
————————————————
鳥取城北が7-4で浜田に勝利。鳥取城北は、1回表に1番・松田龍太が先頭打者ホームランを放ち先制。さらに1死から3連打で満塁とすると押出四球で1点、7番・岸野桂大のタイムリーで1点を加え3点をリードする。一方の浜田は、3回裏に死球で出た走者を3番・咲花歩希が2塁打で返して1点、さらに2連続四球で満塁とすると、6番・勝部利来が2点タイムリー2塁打を放ち3-3の同点に追いつく。4回裏には、またも6番・勝部利来がタイムリーを放ち、4-3と勝ち越しに成功。しかし、鳥取城北は6回表、2死2・3塁から2番の神田有叶の2塁打で1点を返し、4-4の同点。さらに8回表、鳥取城北はヒットと2連続死四球で満塁とすると、押出四球で1点を勝ち越し、さらに4番・太田英之介のタイムリーで2点を追加し、7-4とした。両チームともに8死四球ずつを与えた試合は、鳥取城北が12安打と浜田の8安打を上回り、チャンスを生かして得点につなげた。



秋季鳥取大会での戦歴・試合結果

【鳥取(3枠)】秋季鳥取大会の結果

①米子東の戦歴・試合結果
・決勝戦 米子東 11x-10 鳥取城北(10)
・準決勝 米子東 10-3 鳥取西(7)
・準々決勝 米子東 6-4 米子工業
・1回戦 米子東 2-0 鳥取商業

②鳥取城北の戦歴・試合結果
・決勝戦 鳥取城北 10-11x 米子東(10)
・準決勝 鳥取城北 3-2 境(11)
・準々決勝 鳥取城北 10-0 倉吉東(7)
・1回戦 鳥取城北 10-1 倉吉北(7)

③鳥取西の戦歴・試合結果
・3位決定戦 鳥取西 6-1 境
・準決勝 鳥取西 3-10 米子東(7)
・準々決勝 鳥取西 5-4 米子松蔭
・1回戦 鳥取西 2-1 八頭



甲子園交流試合メンバー2020年

【監督】山本博之
<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
0阪上陸   左左 3年 兵庫 伊丹市立松崎中
02 安保龍人  右右 3年 兵庫 明石市立二見中
03 武元翔吾  右右 3年 大阪 枚方市立招堤北中
04 構優斗   右左 3年 兵庫 太子町立太子西中
05 吉田貫汰  右左 3年 京都 京都市立大枝中(主将)
06 藤元和虎  右左 3年 熊本 八代市立第四中
07 河西威飛  右右 3年 兵庫 姫路市立花田中
08 石原夢也  右左 3年 大阪 堺市立長尾中
09 畑中未来翔 右左 2年 鳥取 鳥取市立中ノ郷中
10 松村亮汰  右右 3年 鳥取 湯梨浜町立北溟中
11 中川央   右右 3年 大阪 河内長野市立千代田中
12 藤原聖哉  右右 3年 兵庫 姫路市立灘中
13 村山航希  右右 3年 大阪 八尾市立大正中
14 岡本京太郎 右左 3年 大阪 寝屋川市立第二中
15 竹森翔英  右右 3年 兵庫 尼崎市立中央中
16 小野嘉音  右右 3年 大阪 高槻市立第八中
17 山根琉滉  右左 3年 鳥取 鳥取市立鳥取西中
18 田渕洋介  右右 3年 鳥取 鳥取市立千代南中
19 矢野弦希  右右 3年 兵庫 神戸市立烏帽子中
20 藤本風舞  右左 3年 大阪 大阪市立横堤中

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手