【選手名簿】花咲徳栄 野球部ベンチ入りメンバー2019/秋季関東大会

花咲徳栄 野球部ベンチ入りメンバー2019/秋季関東大会

2019年の高校野球・秋季関東大会におけるベンチ入りメンバーは以下の通り。

【チーム特徴】打撃に破壊力増す 花咲徳栄 埼玉1位
5年連続の優勝を果たした夏の埼玉大会に続き、2季連続で県大会を制した。打線は2年連続で甲子園を経験した4番の井上朋也選手(2年)や、夏の埼玉大会で打率6割超えを記録した田村大哉選手(同)らが引っ張る。

甲子園経験者だけではなく、県大会では浜岡陸選手(1年)が決勝で先制打を放ち全打席で出塁するなど、目覚ましい活躍を見せた。

投手陣は今夏の甲子園でも力投した左腕・高森陽生投手(2年)をはじめ、鈴木朋也投手(同)や須田新太投手(同)も控え、層が厚い。(毎日新聞から)

◉秋季関東大会の日程・出場校メンバー一覧

<背番号・名前・投打・学年>
1 髙森陽生 左/左 2年
2 小林虹希 右/右 2年
3 中井大我 右/左 2年
4 南雲壱太 右/左 2年
5 浜岡陸 右/左 1年
6 田村大哉 右/左 2年
7 渡壁幸祐 右/右 2年
8 南大輔 右/右 2年
9 井上朋也 右/右 2年
10 鈴木朋也 右/右 2年
11 須田新太 右/右 2年
12 廣瀬道夢 右/右 2年
13 田中孝陽 右/右 2年
14 栗島駆 右/右 2年
15 岡田太極 左/左 2年
16 秋山貫太 右/右 1年
17 廣澤瑠衣 右/左 2年
18 横溝文太 右/右 2年



センバツ出場予想アンケート

センバツの関東・東京地区枠は「6」となる。関東大会の上位4チーム(優勝:健大高崎、準優勝:山梨学院、4強:東海大相模・桐生第一)と、東京の優勝校(国士舘)の合計5チームは、センバツ出場が有力に。

残り1枠は、関東大会の上位校と東京大会の上位校(準優勝=帝京)などが候補となる。

センバツ出場枠:関東・東京=6

センバツ出場予想

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...




花咲徳栄 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

背番号・名前・学年・出身中学
1 中津原隼太(3年)所沢・東(埼玉)
2 菅原謙伸(3年)千厩(岩手)
3 中井大我(2年)春里(埼玉)
4 羽佐田光希(3年)東落合(兵庫)
5 田村大哉(2年)蘇我(千葉)
6 韮澤雄也(3年)堀之内(新潟)
7 池田悠真(3年)大和(埼玉)
8 橋本吏功(3年)虻田(北海道)
9 井上朋也(2年)四条畷(大阪)
10 髙森陽生(2年)象潟(秋田)
11 岡崎孝太(3年)黒浜(埼玉)
12 小林虹希(2年)北川辺(埼玉)
13 浅見翼(3年)睦合(神奈川)
14 青柳隆虎(3年)美里(埼玉)
15 吉倉英俊(3年)深沢(東京)主将
16 南大輔(2年)鶴ヶ島・富士見(埼玉)
17 橋本祥生(3年)月洲(大阪)
18 岩崎海斗(3年)田沼東(栃木)



花咲徳栄チーム紹介 

埼玉:花咲徳栄(私立)5年連続7度目

<地方大会のチーム成績>
全7試合 失点8 打率.432
本塁5 盗塁13 失策3

◉チームの特長:1年生から主軸を任される井上朋也(2年)・韮沢雄也など全国屈指の好打者が揃う。初戦の杉戸農戦で32点を挙げるなど、7試合中4試合でコールド勝ち、計101安打・92得点と全国屈指の破壊力を持つ。

エース中津原隼太は、春の準々決勝で東農大三に敗れた直後、岩井隆監督からの提案で横手投げに。正智深谷戦ではノーヒットノーランを記録。




吉倉英俊主将の打撃手袋は、韮沢雄也からプレゼントされたもの。「たのむぞキャプテン。ニラサワより」の文字が刻まれているという。

◉学校紹介:1982年(昭57)創立の私立校。生徒数1747人(女子842人)。野球部も82年に創部で部員は156人。甲子園出場は春4度、夏は5年連続7度目。主なOBは広島高橋昂也、中日清水達也、ボクシング元世界王者の内山高志ら。埼玉県加須市花崎519。田中一夫校長。

スポンサー リンク