《特集》広島新庄 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

広島新庄 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 広島新庄 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季広島大会=優勝、中国大会=優勝:県大会は、初戦・崇徳に5-1で勝利すると、市立呉に9-2(8回コ)、広陵に9-2(7回コ)と甲子園常連校をコールドで撃破。準決勝は西条農業に8-1、決勝・盈進戦は初回の1点を守り切り、1-0で制し優勝。中国大会では、初戦・鳥取西に10-0(5回コールド)で圧倒。続く準々決勝・山口桜ヶ丘戦は3-2の投手戦を制し、準決勝・鳥取城北戦は4-3で逆転勝利。決勝・下関国際戦はシーソーゲームを3-2で制し、優勝。

◆センバツで旋風の予感:秋のチーム成績は、打率.345(11位)、平均得点8.2点(10位)、防御率1.37(7位)、平均失点1.3点(5位)を記録するなど、投打に高い総合力がある。エースで4番の花田侑樹(2年)と全国屈指のサウスポー秋山恭平(2年)の継投で守り勝つ野球が持ち味だ。中国大会では、初戦以外はいずれも1点差の接戦をものにするなど、粘り強さがある。新チームは練習試合も含めて負けなしの39連勝中(春の対外試合解禁前まで)。スポーツ6紙の評価はAが2つ、Bが4つ。上位進出を予感させる優勝候補の一角だ。

◆エースで4番の花田侑樹が大黒柱:花田侑樹(2年)は、182センチ・75キロの体格を持ち、最速143キロのストレートとキレのある変化球を持つ本格右腕。秋は9試合に登板し63回を投げて、被安打59、奪三振58、与死四球19、失点12、防御率1.57と安定。ほぼ全ての試合で先発し、秋山に継投する。攻撃面では4番を担い、県大会の準決勝・広陵戦では2ラン、接戦が続いた中国大会でも多くの得点シーンに絡むなど、投打に渡って躍進の原動力となった。

◆クローザーはU15日本代表の秋山恭平:サウスポーの秋山恭平(2年)にも熱い視線が向けられる。身長170センチと小柄な体格で、切れのあるボールと小気味のいいピッチングで相手打線を封じる。前回の2020センバツ出場校を決める選考委員からは「中国地区No.1左腕」との評価も引き出した。先発の花田が試合を作り、秋山に継投するのが勝利の方程式。

◆スピードスターは生徒会長:平田龍輝(2年)は、50m5.9秒の俊足を持ち、中国大会では全試合で盗塁を記録。打っては、秋公式戦を通じて打率.469とチームトップ。守備位置はライト、グラブには「絆」と刻まれている。学校では生徒会長を務める。

◆恐怖の9番打者・北田大翔:北田大翔(2年)は、花田・秋山をリードする捕手。中国大会では9番打者を任され、初戦・鳥取西戦では満塁ホームランを含む3打数3安打6打点を記録し、1点を争う接戦となった準決勝・鳥取城北戦では同点打を放つなど躍動。秋はチーム最多10打点を叩き出し、投手陣をバットでも援護する。

◆新監督は宇多村聡氏:2020年春から宇多村聡監督(34)が就任。宇多村監督は11年間コーチを務めた後、名将・迫田守昭さんから采配を引き継いだ。「スモール・ベースボール」を受け継ぎ、聖地で新・広島新庄野球を魅せる。



広島新庄 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更なし]

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 花田侑樹 3年 右左 広島県 北広島町立千代田
02 北田大翔 3年 右右 広島県 広島市立井口
03 諸田一真 3年 右左 滋賀県 竜王町立竜王
04 大可尭明 3年 右左 広島県 広島市立井口 ◎主将
05 繁光力輝 3年 右右 広島県 東広島市立向陽
06 瀬尾秀太 3年 右左 山口県 下松市立末武
07 伊永大蔵 3年 右右 広島県 広島市立東原
08 藤川蓮  3年 左左 広島県 広島市立三和
09 平田龍輝 3年 右左 山口県 平生町立平生
10 秋山恭平 3年 左左 福岡県 久留米市立明星
11 新開健音 3年 右右 広島県 三次市立十日市
12 高尾哉朱 3年 右右 広島県 広島市立庚午
13 梶岡伯空 3年 右左 広島県 広島市立大塚
14 岡田悠雅 2年 右右 広島県 福山市立駅家南
15 多元彰真 3年 右右 広島県 己斐上
16 嶋田士龍 3年 右右 広島県 呉市立昭和北
17 森下毅士 3年 右左 広島県 呉市立宮原
18 福本一弥 2年 右左 広島県 五日市
・監督:宇多村聡



秋季大会の主な成績・データ

<広島新庄の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】2年連続3回目(夏の甲子園=2回)
【成績】広島大会=優勝、中国大会=優勝
【勝敗】10戦10勝0敗
【評価】A=2、B=4、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .345 / 11位 (.332)
【防御率】1.37 / 7位 (2.19)
【失点数】13点 / 7位 (22.3点)
 →平均 1.3点 / 5位 (2.4点)
【得点数】82点 / 7位 (67.4点)
 →平均 8.2点 / 10位 (7.3点)
【本塁打】2本 / 20位 (3.5本)
 →平均 0.2本 / 21位 (0.4本)
【盗塁数】17個 / 13位 (15.9個)
 →平均 1.7個 / 15位 (2個)
【失策数】7個 / 16位 (7.2個)
 →平均 0.7個 / 11位 (0.8個)
【部員数】56人(2人) (12位)
【生徒数】399人 (29位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月27日(土) 2回戦  [第8日目]
09:00 広島新庄 2-5 智辯学園   [見所]
広島新庄|010|000|010|=2
智辯学園|003|101|00x|=5

✍️試合結果コメント
智辯学園が広島新庄に5-2で逆転勝利し、準々決勝へ進出。右のエース小畠一心(2年)が6安打・2四球・失点2で完投(123球)。甲子園マウンドで自信につなげる好投をみせた。試合は、序盤に1点を先制されるも、3回裏には頼りになる主将・山下陽輔(2年)のタイムリーなどで3点を奪い逆転。一方の広島新庄は、左右のダブルエース花田侑樹(2年)と秋山恭平(2年)が継投。初戦の上田西戦に続き、両投手ともに好投をするも、相手投手の前に打線がつながらず、攻めきれなかった。

✍️試合のみどころ
智辯学園打線と広島新庄のダブルエースの対決に注目したい。智辯学園は1回戦で、大阪桐蔭との優勝候補対決を8-6で制した。左腕の西村王雅(2年)は、8回を投げ被安打9・四球4・失点6と力投(141球)。6番・植垣洸(2年)が3打点、7番・森田空(2年)が2打点と活躍した。広島新庄は1回戦で、上田西との延長12回の投手戦を1x-0のサヨナラで制した。エース花田侑樹(2年)が先発し、7回1/3(84球)を被安打6・死四球0・奪三振6。続く、秋山恭平(2年)が4回2/3(73球)を被安打2・死四球1・奪三振6と好投した。広島新庄の先発花田から秋山への継投という勝利の方程式を、智辯学園打線が打ち崩せるかが試合のポイントとなりそうだ。


◆3月23日(火) 1回戦 [第4日目]
14:20 上田西 0-1x 広島新庄(延長12回) [見所]
上田西|000|000|000|000=0
広島新庄|000|000|000|001=1x

✍️試合結果コメント
広島新庄が上田西との投手戦を1x-0(延長12回サヨナラ)で制した。エース花田侑樹(2年)が先発し、7回1/3(84球)を被安打6・死四球0・奪三振6。続く、秋山恭平(2年)が4回2/3(73球)を被安打2・死四球1・奪三振6と好投した。試合は行き詰まる投手戦となり、迎えた延長12回裏、広島新庄は2死からヒットで走者を出すと、4番・花田侑樹(2年)が外野を抜くタイムリーを放ち、決着をつけた。敗れた上田西は、エース山口謙作(2年)が最後まで一人で投げ抜き、162球の熱投。被安打7・奪三振9・四球はわずか1と好投した。出場校No.1の打率を持つも、相手投手の前に得点を奪えなかった。両チームともに失策0の引き締まったゲームだった。

✍️試合のみどころ
チームカラーが対照的な両校の対戦となる。高い投手力を持つ広島新庄に、強打の上田西が挑む構図か。広島新庄は、花田侑樹(2年)と秋山恭平(2年)の継投が基本で、チーム防御率1.37(7位)と守り勝つ野球が持ち味だ。また、中国大会では初戦以外は1点差の接戦を勝ち抜くなど粘り強さもある。一方の上田西は、出場32校中で打撃力がトップクラスで、打率.408(1位)、総得点101点(2位)、平均8.4得点(7位)と、打ち勝つ野球が持ち味だ。ゲームの鍵を握りそうなのが上田西のエース左腕・山口謙作(2年)だ。北信越大会は、日本航空石川戦は3失点、星稜戦は4失点と2試合連続完投勝利。山口が登板を回避した試合は、いずれも大量失点しており、平均失点は5点(32位)とワーストを記録する。

✍️注目ポイント(注目選手)
・広島新庄は、エースで4番の花田侑樹(2年)と元U15日本代表左腕の秋山恭平(2年)の継投が基本。攻撃面では、9番打者・北田大翔捕手がチーム最多10打点を記録。生徒会長を務める平田龍輝(2年)は中国大会全試合で盗塁を記録し、チームトップの打率.469を誇る。新チームは練習試合も含めて負けなしの39連勝中だ。

・上田西は、キャプテンの柳澤樹(2年)が打率.615、17打点を記録するなどチームを引っ張る。5番・飛鳥井洸(2年)は、星稜戦で2打席連続本塁打を放つなど、ラッキーボーイ的な存在だ。エースの山口謙作(2年)は、日本航空石川戦は3失点、星稜戦は4失点と2試合連続完投勝利。控え投手陣の成長が上位進出の鍵となる。



秋季中国大会の戦歴・試合結果

◆決勝戦
下関国際(山2) 2-3 広島新庄(広1) 

 下関国際|100|010|000|=2  
 広島新庄|001|100|10x|=3
————————————————
(下関国際)松尾、仲井ー守
(広島新庄)花田、秋山ー北田
・2塁打:花田、大可(広島新庄)片桐(下関国際)

————————————————
広島新庄が下関国際との投手戦を3-2で制し、優勝。先制したのは下関国際。1回表、2つの四球から走者をためると、5番・山川のタイムリーで1点を先制。一方の広島新庄は3回裏、四球で出た走者を犠打で確実に進め、1番・大可のタイムリー2塁打で1-1の同点に追いつく。広島新庄は4回裏、4番・花田が2塁打で出塁すると、5番・藤川がタイムリーを放ち、2-1と勝ち越す。しかし下関国際は5回表、四球で出た走者を犠打で送り、1番・賀谷のタイムリーで同点に追いつく。終盤の7回裏、広島新庄は7番・伊永のタイムリーで3-2と勝ち越し。これが決勝点となった。広島新庄は8回から、エース花田侑樹から秋山恭平へ継投し、試合を締めた。下関国際は、1年生の松尾勇汰が7回を投げて被安打5・四球1・失点3と力投を見せるも、打線が抑えられた。今大会は、広島新庄は投打の柱であるエース花田侑樹と左腕・秋山恭平の好投が光った。打線も4試合中3試合が1点差で勝ち上がるなど、勝負強さを見せた。一方の下関国際は、1年生の山下世虎がキャプテンを務めるなど、登録選手の大半が1年生ながら中国大会では準優勝と力を見せた。ひと冬越えた春、さらに成長した姿を甲子園で注目したい。

◆準決勝
鳥取城北(鳥2) 3-4 広島新庄(広1)

 鳥取城北|010|020|000|=3  
 広島新庄|000|111|10x|=4
————————————————
(鳥取城北)廣田ー岸野
(広島新庄)花田、秋山ー北田
・本塁打:畑中(鳥取城北)
・2塁打:徳山(鳥取城北)花田(広島新庄)

————————————————
広島新庄が鳥取城北との接戦を4-3で勝利し、決勝進出。センバツ出場が有力に。先制は鳥取城北、2回表に7番・岸野のタイムリーで1点を挙げる。一方の広島新庄は、4回裏に押出四球で1点を挙げ、1-1の同点とする。その後、鳥取城北は5回表に3番・畑中未来翔の2ラン本塁打で3-1と勝ち越す。しかし広島新庄は、5回裏に4番・花田のタイムリーで1点を返し、3-2。さらに6回裏には、9番・北田大翔捕手のタイムリーで3-3の同点に追いつく。7回裏には、4番・花田が2塁打で出塁すると、5番・藤川がタイムリーを放ち、4-3と勝ち越し。これが決勝点となった。広島新庄は、先発したエース花田侑樹が6回途中まで投げて9安打3失点を許すも、6回途中から継投した秋山恭平が鳥取城北打線を1安打に抑える好投を見せた。




◆準々決勝
広島新庄(広1) 3-2 桜ヶ丘(山1)

 広島新庄|000|000|300|=3 
 桜ヶ丘|000|000|101|=2
——————————————————–
(広島新庄)花田、秋山―北田
(桜ケ丘)戸高、宮城功―東川
・3塁打:平田(広島新庄)戸高(桜ケ丘)
・2塁打:宮城塁(桜ケ丘)

——————————————————–
広島新庄が3-2で桜ヶ丘との投手戦を制した。試合は両エースの好投で「0」スコアが並ぶ試合展開に。均衡を破ったのは広島新庄。7回表にヒットで出た走者を犠打で確実に送り、5番・藤川のタイムリーで1点を挙げる。さらに6番・平田が2点タイムリー3塁打を放ち、3-0。一方の桜ヶ丘は、7回裏に7番の棚橋のタイムリーで1点を挙げ、9回裏にも1点を挙げる粘りを見せたが、ゲームセット。広島新庄のエース花田は6回途中まで投げ、3安打7奪三振1失点。その後、夏以降にコンディション不良が続いた秋山恭平(U15日本代表)が継投し、3安打1失点と好投した。

◆1回戦
鳥取西(鳥3) 0-10 広島新庄(広1)(5回コ)

 鳥取西|000|000000|=0 
 広島新庄|001|450000|=10
————————————————
(鳥取西)池内―西原
(広島新庄)花田―北田
・本塁打:北田(広島新庄)
・3塁打:花田(広島新庄)
・2塁打:北田、平田(広島新庄)

————————————————
広島新庄が10-0の5回コールドで鳥取西に勝利。広島新庄は3回裏に2番・繁光のタイムリーで1点を先制すると、さらに4回裏には、1死満塁から9番・北田大翔の2点タイムリーなどで4点を追加し、5-0とリードを広げる。5回裏には、エースで4番の花田が3塁打で出塁すると、犠牲フライで1点を追加。さらに、9番・北田大翔が1死満塁からレフトへの満塁本塁打を放ち、コールド成立。広島新庄の9番・北田大翔は、満塁弾1本・2塁打1本を含む3打数3安打打点6と躍動した。



秋季広島大会での戦歴・試合結果

【秋季中国大会=広島(3枠)】
 秋季広島大会の結果

①広島新庄の戦歴・試合結果
・決勝戦 広島新庄 1-0 盈進
・準決勝 広島新庄 8-1 西条農業
・準々決勝 広島新庄 9-2 広陵(7)
・2回戦 広島新庄 9-2 市立呉(8)
・1回戦 広島新庄 5-1 崇徳

②盈進の戦歴・試合結果
・決勝戦 盈進 0-1 広島新庄
・準決勝 盈進 6-1 広島商業
・準々決勝 盈進 7-0 高陽東(8)
・2回戦 盈進 9-1 大竹(7)
・1回戦 盈進 8-7 三次

③西条農業の戦歴・試合結果
・3位決定戦 西条農業 8-5 広島商業
・準決勝 西条農業 1-8 広島新庄
・準々決勝 西条農業 8-1 広(7)
・2回戦 西条農業 8-0 三原(7)
・1回戦 西条農業 13-0 神辺(5)



甲子園交流試合メンバー2020年

【監督】宇多村聡
<背番号・名前・投打・学年・身長体重・出身>
0秋田駿樹  左左 3年 岡山 浅口市立金光中学
02 賀谷夢斗  右左 3年 広島 呉市立明徳中学
03 杉井秀斗  右右 3年 広島 広島市立五日市南中学
04 大可尭明  右左 2年 広島 広島市立井口中学
05 濵岡琉斗  右左 3年 山口 下関市立山の田中学
06 瀬尾秀太  右左 2年 山口 下松市立末武中学
07 野崎愛斗  左左 3年 岡山 岡山市立東中学
08 明光竜之介 左左 3年 広島 広島市立大塚中学
09 下志音   右左 3年 山口 岩国市立灘中学(主)
10 秋山恭平  左左 2年 福岡 久留米市立明星中学
11 今井亮太  右右 3年 東京 東久留米市立久留米中学
12 北田大翔  右右 2年 広島 広島市立井口中学校
13 花田侑樹  右左 2年 広島 北広島町立千代田中学 
14 小林礼央  右右 3年 広島 広島大学附属三原中学
15 江本直矢  右右 3年 山口 宇部市立川上中学
16 疋田渓   右右 3年 兵庫 西宮市立瓦木中学
17 永田巧   左左 3年 広島 広島市立早稲田中学校
18 伊與田将磨 右右 3年 京都 宇治市立西小倉中学
19 神尾遼寿  右右 3年 奈良 生駒市立生駒中学
20 谷山響   右右 3年 広島 広島市立口田中学校

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手