《広島新庄》野球部メンバー2022年⚡️

広島新庄 野球部 2022年

広島新庄 野球部メンバー 2022年 特集!

【秋季中国大会2022年ベンチ入りメンバー】
==背番号・名前・投打・学年・出身中学==
01 新田遥輝  右/右 2年 山口・華陽
02 吉田慎平  右/右 2年 福岡・本城
03 西川晴喜  右/右 1年 翠町
04 八尾剣太郎 右/左 2年 京都・西院
05 河野優輝  右/右 2年 大塚
06 空本脩吾  右/左 2年 段原
07 馬場陸生  右/左 2年 大塚
08 髙橋心雅  右/両 1年 吉島
09 奈須凛汰朗 右/右 2年 竹原
10 石津慶大  右/右 1年 戸坂
11 中重侑士  右/右 1年 山口・柳井
12 廣川翔一朗 右/左 2年 安浦
13 堺優羽   右/右 2年 井口
14 別府春輔  右/右 1年 向陽
15 小田青葉  右/左 1年 野坂
16 小嶋翔   右/右 2年 祇園東
17 西口宗佑  右/右 2年 祇園東
18 杉山響   右/右 2年 野坂

⚡️特集ページ:中国大会の日程・結果



[戦歴] 秋季中国大会2022年

⭐️特集ページ:中国大会の日程・結果

広島新庄(広3) 5-7 高川学園(山1)(み) ※1回戦
広島新庄|103|000|001|=5
高川学園|101|010|31x|=7 

————————————————–
⭐️試合結果⭐️高川学園が7-5で広島新庄に勝利。攻撃陣は計13安打。1点を追う7回裏、ボークや6番山口虎太郎(2年)の安打などで3点を奪い、6-4と逆転。その後、8回裏に1番北村心汰郎(2年)の犠牲フライで1点を奪い、突き放した。打者では、1番北村心汰郎(2年)が4打数2安打1打点、4番萬永晴音(2年)が4打数3安打4打点、6番山口虎太郎(2年)が4打数2安打1打点と活躍。投げては、背番号1葛西泰輝(1年)が9回を投げ抜き、被安打15・四死球1・奪三振3・失点5・計140球と力投をみせた。敗れた広島新庄は、背番号1新田遥輝(2年)が7回2/3を投げて失点7、その後は背番号10石津慶大(1年)が継投。攻撃陣は相手を上回る15安打を放ち、打者では1番髙橋心雅(1年)が5打数3安打、2番八尾剣太郎(2年)が5打数3安打1打点、4番河野優輝(2年)が4打数3安打3打点と活躍をみせた。

[戦歴] 秋季広島県大会2022年

⭐️特集ページ:広島大会の日程・結果

【広島新庄の戦歴|秋季広島大会2022年】
・3位決定:広島新庄  15-0 神辺旭
・準決勝 :広島新庄  5-7 0広陵 ●
・準々決勝:広島新庄  4-1 0如水館
・2回戦 :広島新庄  8x-7 尾道商業(10)
・1回戦 :広島新庄  4-0 0盈進
  ——地区大会—————
・代表決定:広島新庄 11-0 千代田・加計・加計芸北連合
・2回戦 :広島新庄 14-0 三次 ※Cなど略



[概要] 秋季中国大会2022年

【2022年 秋季中国大会 主な大会概要】
・抽選:10月21日(金) 組み合わせ抽選会
・日程:10月28日(金)〜11月6日(日) ※土日

・会場:広島県・楽天トラベル
・会場:しまなみ球場・みよし運動公園
・中継:準々決勝からスポーツナビが配信
・選抜:出場枠「中国2•四国3(例年+1)•比較1」
・備考:明治神宮大会(優勝校が出場予定)
————————————————————
・出場チーム一覧 ※◯の数字は各大会順位
————————————————————
岡山(3):おかやま山陽創志学園岡山学芸館
広島(4):広陵広島商業広島新庄神辺旭
鳥取(3):①鳥取城北米子松蔭米子東
島根(3):①浜田   ②三刀屋  ③益田
山口(3):①高川学園宇部鴻城
————————————————————
・今回:センバツ2023年 主な大会スケジュール
・今回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
・前回:東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州



[過去] 夏の甲子園2021年

◆夏の甲子園=5年ぶり3回目|広島県大会の結果 

◆地方大会成績:スポーツ紙評価:A=0、B=4、C=0。打率:.367(14位)、平均得点:8.7点(14位)、本塁打:4本(13位)、盗塁数:23個(2位)、平均犠打数:2.3(35位)、平均失点:2.2点(34位)、平均失策数:0.2(4位) ※カッコ内(出場校順位)


◆新チーム結成後、県内無敗”のまま春夏連続の甲子園出場。全6試合で失策1と堅守が光る。チーム打率.367(14位)、6試合で23盗塁(出場校中2位)と機動力を生かしながら、全6試合で計52得点と効率的に得点を重ねる。


◆”準決勝・西条農業戦”では大熱戦をものにした。最大5点をリードされる展開も、終盤に粘りをみせ、延長12回2死1・2塁から5番 藤川蓮(3年)がサヨナラ打。背番号18の左腕 西井拓大(たくと・3年)がロングリリーフし、勝利を引き寄せた。※背番号11 新開健音(3年)は、ベンチのムードメーカーで「自分はお笑い担当的なところがある。準決勝では”俺を甲子園に連れて行け!”と声をかけた」とコメント


エースで4番の花田侑樹(3年)は、182センチ・75キロから最速146キロのストレートを持つ本格右腕。広島大会では3試合に先発し、計16回を投げ7失点。打率.300ながら、チームトップの本塁打2本・打点9・盗塁5を記録した。


背番号18 西井拓大(たくと・3年)は、”新星サウスポー”だチーム最多6試合33回を投げて、41奪三振・5失点と圧巻の成績を残し、優勝に大きく貢献した。決勝・祇園北戦(12-0)でも、7回を10奪三振・無失点と好投。昨年11月に左肩を故障し、約4カ月間投げることができず、センバツではボールボーイを務めた。西井の登場で、花田・秋山のWエース体制から「3本の矢」に進化した。


サウスポーの秋山恭平(3年)にも、熱い視線が向けられる。広島大会では登板機会が限られるも、決勝ではリリーフ登板し、優勝の瞬間を任された。身長170センチと小柄な体格ながら、コーナーをつく切れのあるボールが持ち味だ。中学時代はU15日本代表、20年のセンバツ選考委員からは、当時1年生ながら「中国地区No.1左腕」と評価された。


◆攻撃陣は、1番 大可尭明主将(3年)が打率.350・盗塁5、2番 繁光力輝(3年)が打率.444で、1/2番がチャンスを広げる。その後、3番 平田龍輝(3年・生徒会長)が打率.400・打点8、4番 花田侑樹(3年)が打率.300・本塁打2本・打点9・盗塁5と中軸が返して得点を奪う。この他、6番 瀬尾秀太(3年)も打率.400と当たっており、上位から下位まで切れ目の打線を持つ。


◆背番号2 北田大翔(3年)は、主に8番打者を任されて、今夏の広島大会では打率.400。今春センバツにつながる20年秋季中国大会では、初戦・鳥取西戦で満塁ホームランを含む3打数3安打6打点、準決勝・鳥取城北戦では同点打を放つなど活躍した。


宇多村聡監督(34)は、20年春から同校監督に就任。11年間コーチを務めた後、名将・迫田守昭さんから采配を引き継いだ。


==背番号・名前・学年・投打・出身中学==
01 花田侑樹  3年  右左  千代田(広島)
02 北田大翔  3年  右右  井口(広島)
03 葛西太陽  3年  右右  三原一(広島)
04 大可尭明  3年  右左  井口(広島) ◎
05 繁光力輝  3年  右右  向陽(広島)
06 瀬尾秀太  3年  右左  末武(山口)
07 佐野秀太  3年  左左  三隅(島根)
08 藤川蓮   3年  左左  広島・三和(広島)
09 平田龍輝  3年  右左  平生(山口)
10 秋山恭平  3年  左左  明星(福岡)
11 新開健音  3年  右右  十日市(広島)
12 高尾哉朱  3年  右右  庚午(広島)
13 杉政快成  3年  左左  長尾西(大阪)
14 梶岡伯空  3年  右左  大塚(広島)
15 河野優輝  1年  右右  大塚(広島)
16 嶋田士龍  3年  右右  昭和北(広島)
17 森下毅士  3年  右左  宮原(広島)
18 西井拓大  3年  左左  高田西(奈良)



[戦歴•結果] 夏の甲子園2021年

◆8/11(水) 広島新庄(広島) 2-3x 横浜(神奈川) ※初戦
広島新庄|000|010|001|=2
横浜・・|000|000|003|=3x

——————————————
⭐️試合結果⭐️横浜が3x-2(9回サヨナラ)で勝利。広島新庄が2-0で完封勝利かと思われた9回裏2死1・3塁、横浜の1年生の1番 緒方漣がレフトへ逆転サヨナラ3ラン(大会第1号)を放ち、劇的勝利。9回表にマウンドにあがった1年生左腕の杉山が1点を奪われるも、同級生の緒方が”人生で一番良いあたり”をここ一番で放った。投げては、背番号5 宮田が抜群の制球力で、8回を被安打4・無死四球・1失点と好投。一方の広島新庄は、存分に持ち味を出した。エース花田は充実した投球をみせ、守備陣はセカンド大可主将のファインプレーなど再三の好守で守り抜いた。攻撃は少ないチャンスから、唯一の1年生 河野が先制打。投手陣は、センバツではボールボーイを務めた左腕西井が好救援。Wエースとして現チームの躍進を引っ張ってきた左腕秋山は、9回裏のマウンドを託され最後は逆転弾を浴びた。



[戦歴•結果] センバツ2021年

《センバツ2021年:広島新庄チーム紹介
◆秋季広島大会=優勝、中国大会=優勝:県大会は、初戦・崇徳に5-1で勝利すると、市立呉に9-2(8回コ)、広陵に9-2(7回コ)と甲子園常連校をコールドで撃破。準決勝は西条農業に8-1、決勝・盈進戦は初回の1点を守り切り、1-0で制し優勝。中国大会では、初戦・鳥取西に10-0(5回コールド)で圧倒。続く準々決勝・山口桜ヶ丘戦は3-2の投手戦を制し、準決勝・鳥取城北戦は4-3で逆転勝利。決勝・下関国際戦はシーソーゲームを3-2で制し、優勝。


◆秋のチーム成績は、打率.345(11位)、平均得点8.2点(10位)、防御率1.37(7位)、平均失点1.3点(5位)を記録するなど、投打に高い総合力がある。エースで4番の花田侑樹(3年)と全国屈指のサウスポー秋山恭平(3年)の継投で守り勝つ野球が持ち味だ。中国大会では、初戦以外はいずれも1点差の接戦をものにするなど、粘り強さがある。新チームは練習試合も含めて負けなしの39連勝中(春の対外試合解禁前まで)。スポーツ6紙の評価はAが2つ、Bが4つ。上位進出を予感させる優勝候補の一角だ。


◆3月27日(土) 2回戦  [第8日目]
09:00 広島新庄 2-5 智辯学園
広島新庄|010|000|010|=2
智辯学園|003|101|00x|=5

——————————————
⭐️試合結果⭐️智辯学園が広島新庄に5-2で逆転勝利し、準々決勝へ進出。右のエース小畠一心(2年)が6安打・2四球・失点2で完投(123球)。甲子園マウンドで自信につなげる好投をみせた。試合は、序盤に1点を先制されるも、3回裏には頼りになる主将・山下陽輔(2年)のタイムリーなどで3点を奪い逆転。一方の広島新庄は、左右のダブルエース花田侑樹(2年)と秋山恭平(2年)が継投。初戦の上田西戦に続き、両投手ともに好投をするも、相手投手の前に打線がつながらず、攻めきれなかった。


◆3月23日(火) 1回戦 [第4日目]
14:20 上田西 0-1x 広島新庄(延長12回)
上田西|000|000|000|000=0
広島新庄|000|000|000|001=1x

——————————————
⭐️試合結果⭐️広島新庄が上田西との投手戦を1x-0(延長12回サヨナラ)で制した。エース花田侑樹(2年)が先発し、7回1/3(84球)を被安打6・死四球0・奪三振6。続く、秋山恭平(2年)が4回2/3(73球)を被安打2・死四球1・奪三振6と好投した。試合は行き詰まる投手戦となり、迎えた延長12回裏、広島新庄は2死からヒットで走者を出すと、4番・花田侑樹(2年)が外野を抜くタイムリーを放ち、決着をつけた。敗れた上田西は、エース山口謙作(2年)が最後まで一人で投げ抜き、162球の熱投。被安打7・奪三振9・四球はわずか1と好投した。出場校No.1の打率を持つも、相手投手の前に得点を奪えなかった。両チームともに失策0の引き締まったゲームだった。



👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取 島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路