【夏の甲子園】山梨学院 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

山梨学院 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 相澤利俊 3年 玉幡(山梨)<主将>
2 栗田勇雅 2年 平一(福島)
3 飯塚大河 3年 石神井(東京)
4 菅野秀斗 3年 七生(東京)
5 高垣広大 3年 東淀(大阪)
6 小吹悠人 2年 小名浜二(福島)
7 岸本捷汰 3年 城南(山梨)
8 渡邉嵩馬 2年 西桂(山梨)
9 野村健太 3年 東山(愛知)
10 佐藤裕士 3年 城南(山梨)
11 中込陽翔 3年 鰍沢(山梨)
12 椙浦元貴 3年 山中湖(山梨)
13 木村渓人 3年 韮崎東(山梨)
14 功刀史也 2年 白根巨摩 (山梨)
15 宮崎一樹 3年 平山(山梨)
16 石神悠樹 3年 松江五(東京)
17 上野颯夏 2年 西中原(神奈川)
18 室井耀 3年 府中六(東京)



チーム紹介

山梨:山梨学院(私立)4年連続9度目

<地方大会のチーム成績>
全5試合 失点6 打率.343
本塁4 盗塁12 失策1

◉チームの特長:「山梨のデスパイネ」こと野村健太の打撃に注目が集まる。通算50本塁打以上を誇り、3季連続の甲子園弾に注目が集まる。

主将でエース左腕の相沢利俊は、珍しい左投右打。小さな頃、右投げの兄とキャッチボールし、兄が投げる側の腕で投げているうちに“鏡映し”で左投げに。

◉学校紹介:1956年(昭31)創立の私立校。普通科に特進コース、進学コースがあり、生徒数は1011人(女子434人)。野球部は57年に創部。部員数94人。甲子園出場は春3度、夏は9度目。主なOBは元巨人松本哲也ら。所在地は甲府市酒折3の3の1。山内紀幸校長。



熊本工 3-2 山梨学院 8月10日(1回戦)

21度目の出場となった伝統校の熊本工が、延長12回裏、サヨナラ弾で春夏連続出場の強豪、山梨学院を退けて、節目となる夏30勝目を挙げた。12回裏、7番山口環生がバックスクリーンにサヨナラ本塁打を放った。

熊本工は3回までは山梨学院先発の相沢利俊投手の前に無得点だったが、4回に2死一塁で、5番森翔太郎(2年)が、左翼線への適時二塁打を放って1点を返すと、続く6番青山典勢捕手が三塁線を鋭く破る適時二塁打で同点に追いついた。

熊本工は6回から先発の蓑茂然投手に代わって村上仁将投手(2年)にスイッチ。互いに譲らずの延長戦だった。



センバツ・山梨学院 5年ぶり3回目

2回戦/筑陽学園に2-3で敗れる

山梨学院2-3筑陽学園(終了)
筑陽100 000 110=3
山学100 000 010=2
【山】佐藤、相沢
【筑】西、菅井、西舘

筑陽学園が強打を誇る山梨学院に競り勝ち、甲子園初出場で8強入り。強力打線を「三本の矢」であるエーの西・左腕の菅井・本格派右腕の西舘の継投で2点に抑え込んだ。初戦で2本塁打を放った「山梨のデスパイネ」こと野村健太は、先制タイムリーを3安打と奮闘も、敗れて甲子園を去る。

【第7日 3月29日(金)】
札幌大谷 1-2 明豊 (結果)
盛岡大付 1-9 龍谷大平安 (結果)
筑陽学園 3-2 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第2試合 21,000人



初戦・札幌第一/デスパイネ2発・24得点で圧勝

<3月25日・試合結果>
山梨学院24-5札幌第一
札一 011 010 002=5
山学 ⑩20 322 05X=24
【山】相沢、佐藤、中込、木村
【札】山田、野島、近藤、畠山、上井、椙浦、斉川
【本】菅野、野村2
※山梨学院は大会タイの24安打

山梨学院は初出場した94年以来25年ぶりのセンバツ勝利。1回から打線が爆発。00年の智弁和歌山に並ぶ大会タイ記録となる毎回の24安打で24点を奪い札幌第一に圧勝。山梨のデスパイネこと野村健太が本塁打二本の活躍をみせた。初回には、2番・菅野秀斗がソロ本塁打など一挙10点。試合を通じて、先発全員安打、先発全員打点もマーク。3度目出場の札幌第一は大敗。センバツ初勝利ならず。

【第3日 3月25日(月)】
龍谷大平安 2-0 津田学園 11回 (結果)
石岡一 2-3x 盛岡大付 11回 (結果)
札幌第一 5-24 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第1試合 18,000人



センバツ/チームの特徴

【主な成績】
・山梨大会準優勝、関東大会ベスト4

【チームデータ】
・部員数:53人(マネ0)
・6勝2敗
・[率].316[本]6[防]2.14[盗]12
・スポーツ紙評価:B・B・B 
 (日刊・スポニチ・サンスポ)

【打撃力】
・最注目は「山梨のデスパイネ」こと高校通算27本塁打(3月12日現在)を誇る4番・野村健太。打率.500、秋公式戦の本塁打数は4本と出場選手の中でもトップレベル。
・1試合平均得点は7.38点と高い打撃力。

【投手力】
・投手陣は、左腕エース相澤(背番号1)が先発を担い、右サイドの佐藤(背番号16)と最速142キロの駒井(背番号11)が継投。タイプの異なる3投手で的を絞らせない。
・1試合平均のエラーは0.63と堅い守備。

【トピックス】
・ラッパー球児「椙浦元貴」が存在



野村健太、山梨のデスパイネの異名

「山梨のデスパイネ」野村健太は、2019年の高校野球界屈指のスラッガー。選抜開幕前時点での、高校通算本塁打数は37本(3月12日時点)を誇る。

18夏の甲子園では、2年生ながら高知商業線で本塁打を放つ活躍。18年秋季関東大会の準々決勝(前橋育英戦)では2ランを放つなど、秋の公式戦8試合では、26打数13安打の打率5割に加え、ともにチーム最多の18打点、4本塁打。

愛知県・安城市生まれ。高校入学時の体重は99キロも、減量を行い、体を絞り上げてきた。加えて、ウェートトレーニングなどで筋力を付けた。現在は、180センチ、88キロに。

ラストイヤーの2019年、野村は「50本はいきたい」と豊富を語る。

キャプテン相沢は成績優秀

吉田監督は「文武両道のキャプテン相沢が先頭に立ってチームを引っ張ってきた」と、その存在を評価する。

2年までの評定平均は4・7。練習態度と同じく、授業態度や校内での振る舞いも主将としての自覚にあふれている。チーム全体が相沢の指示に瞬時に反応し、以心伝心で動く集団に成長している。

18年末には2年連続で、吉田監督の故郷・長崎で10日間の合宿。川内峠、古川岳の山道や石段を走り込み、足腰を強化した。「山を走るのは本当に大変だが、たちの達成感が半端ない。最終日は、ほぼ全員が人目もはばからず泣いていた」と指揮官。

スポンサー リンク