日本航空石川 野球部ベンチ入りメンバー 2020年甲子園センバツ交流試合|エース嘉手苅に注目

甲子園交流試合2020 航空石川 特集!

日本航空石川 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

注目を集めそうなのは、身長190センチ超のエース嘉手苅浩太(かてかる)。スケール感抜群の巨体から球威のある球が持ち味だ。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果
 [交流試合 8月16日(日)]
 日本航空石川 3-5 鶴岡東 [石川|山形]

「プロ志望届」提出者一覧を毎日更新中。2020年春の全国球児の進学先《高校別》を特集!

・47都道府県の独自代替大会(結果)はこちら。センバツ甲子園交流試合(日程・結果)が開催中!



ベンチ入りメンバー

【監督】中村隆
<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
1 嘉手苅浩太 右/右 3年 兵庫・姫路市立広畑中
2 中谷仁人 右/右 3年 大阪・枚方市立蹉跎中
3 毛利水樹 右/左 3年 岐阜・岐阜市立長良中
4 井口太陽 右/左 3年 兵庫・姫路市立広畑中(主将)
5 天羽柊人 右/左 3年 兵庫・宝塚市立長尾中
6 城田凌介 右/右 3年 東京・昭島市立清泉中
7 竹下樹 右/左 3年 石川・金沢市立西南部中
8 石井幸希 右/右 2年 兵庫・神戸市立塩屋中
9 小川純明 右/右 3年 大阪・枚方市立蹉跎中
10 田中颯希 右/右 3年 福井・福井市社中
11 正木康盟 左/左 3年 大阪・堺市立浜寺南中
12 杉本真紀人 右/右 3年 兵庫・神戸市立垂水東中
13 石本隼都 右/左 3年 奈良・五條市立野原中
14 田川大智 右/右 3年 京都・京都市立山科中
15 渡邉直斗 右/両 3年 東京・墨田区立桜堤中
16 中村京史 右/左 3年 奈良・生駒市立鹿ノ台中
17 岩崎怜音 右/左 3年 富山・富山市立速星中
18 山中大空 右/右 3年 岐阜・岐阜市立陽南中
19 遠藤大志 右/右 3年 大阪・大阪市立佃中
20 国兼大聖 右/右 3年 愛知・清須市立新川中



注目選手(打者・投手)

2020年夏の石川大会(独自大会)では、絶対王者である星稜を2-1の接戦で破り、悲願の優勝を果たした。甲子園交流試合には、最高の状態で臨む。

・身長190センチ、体重105キロのビッグなエース嘉手苅浩太(かてかる)に注目。最速147キロの球威のあるストレートが持ち味。19夏前に右足甲を疲労骨折、秋の北信越大会では右肘が不調で、登板機会が限られてきた。交流試合でそのパワーを存分に発揮する。

最速143キロ右腕・田中颯希は、秋の大会は全9試合に登板。うち6試合で先発し、3完投(1完封)。防御率3.80と、実質的なエースとしての活躍をみせた。

・注目打者は、井口太陽主将。夏の石川大会で優勝を果たした時、校歌を歌いながら号泣していた姿が印象的な熱いキャプテンである。秋の石川大会では、本塁打2本を放つなど打率は.545の好打者。エース嘉手苅とは中学時代の同級生で、共に兵庫から甲子園を目指し、石川の地にやってきた。

・捕手・中谷仁人は、2塁送球タイムは常時1.9秒、遠投100mの強肩を持つ。大阪東淀川ボーイズでプレーしながら通っていた野球塾で、軽自動車を後ろから押して動かすトレーニングを積み、体全体を使ってのスローイングを習得した。

・日本航空石川は、全国でも珍しい空港に隣接する高校。学科は航空科のみ。パイロットや航空整備士、キャビンアテンダントなどを目指す専攻がある。



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】北信越準優勝、石川準優勝
【評価】A=0、B=3、C=2(スポーツ紙5紙)
【打率】.336
【防御率】5.57
【得点】63点 (7点)
【本塁打】6本 (0.7本)★10位
【盗塁数】12 (1.4)
【エラー】6★8位 (0.7)★9位
【部員数】69人★7位/全校生徒688人
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

戦歴・秋の試合結果

◉秋季北信越大会=準優勝
日本航空石川 1-19 星稜(決勝)
日本航空石川 9-1 北越(準決勝)
日本航空石川 7-3 敦賀気比(準々決勝)
日本航空石川 11-9 高岡商業

◉秋季石川県大会=準優勝
日本航空石川 2-16 星稜(決勝)
日本航空石川 7-0 津幡(準決勝)
日本航空石川 12-2 小松大谷 (8回コ)(準々決勝)
日本航空石川 4-0 小松
日本航空石川 10-0 鶴来(6回コ)



出場校・ベンチ入りメンバー

※高校名(秋成績)・センバツ出場回数

【21世紀枠:3校】21世紀枠一覧
帯広農業(北海道4強):初出場
磐城(東北8強):3回目
平田(中国8強):初出場

【北海道:1校】北海道大会
白樺学園:初出場(優勝、神宮4強)

【東北:2校】東北大会
仙台育英:13回目(優勝)
鶴岡東:2回目(準優勝)

【関東・東京:6校】関東東京大会
健大高崎:4回目(優勝、神宮準優勝)
山梨学院:4回目(準優勝)
東海大相模:11回目(4強)
桐生第一:6回目(4強)
国士舘:10回目(優勝)
花咲徳栄:5回目(8強)

【東海:2校】東海大会
中京大中京:31回目(優勝、神宮優勝)
県立岐阜商業:19回目(準優勝)

【明治神宮枠 東海:1校】神宮大会
加藤学園:初出場 




【北信越:2校】北信越大会
星稜:14回目(優勝)
日本航空石川:2回目(準優勝)

【近畿:6校】近畿大会
天理:24回目(優勝、神宮4強)
大阪桐蔭:11回目(準優勝)
履正社:9回目(4強)
智辯学園:13回目(4強)
明石商業:3回目(8強)
智辯和歌山:14回目(8強)

【中国・四国:5校】中国四国大会
倉敷商業:4回目(優勝)
鳥取城北:2回目(準優勝)
明徳義塾:19回目(優勝)
尽誠学園:7回目(準優勝)
広島新庄:2回目(4強)

【九州:4校】九州大会
明豊:4回目(優勝)
大分商業:6回目(準優勝)
創成館:4回目(4強)
鹿児島城西:初出場(4強)

スポンサー リンク