【夏の甲子園】履正社 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

履正社/夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号 選手名 投/打 学年/出身中学
1 清水大成 左/左 3年/兵庫・氷上
2 野口海音 右/右 3年/大阪・松原第四【主将】
3 内倉一冴 右/左 3年/大阪・旭陽
4 池田凛 右/左 2年/大阪・英田
5 小深田大地 右/左 2年/兵庫・飾磨中部
6 野上聖喜 右/右 3年/大阪・長栄
7 西川黎 右/右 3年/兵庫・神戸大学付
8 桃谷惟吹 右/右 3年/兵庫・湊川
9 井上広大 右/右 3年/大阪・南郷
10 植木佑斗 右/右 3年/兵庫・荒牧
11坂口敦也 右/左 3年/兵庫・常陽
12 関本勇輔 右/右 2年/兵庫・苦楽園
13 高寺真生 右/左 3年/兵庫・武庫
14 中原雄也 右/右 2年/大阪・久宝寺
15 田上奏大 右/左 2年/大阪・住之江
16 岡本一聖 右/右 3年/兵庫・大的
17 岩崎峻典 右/右 2年/大阪・大宮
18 大西蓮 右/右 2年/兵庫・両荘



履正社チーム紹介

大阪:履正社(私立)3年ぶり4度目

<地方大会のチーム成績>
全7試合 失点8 打率.367
本塁打10 盗塁3 失策3

◉チームの特長:タレント揃いで全国制覇目指す。高校通算46発、大阪大会で4発を放った井上広大(ニックネームはイノエル)小深田大地(2年)ら破壊力ある打撃陣。主砲の井上は昨夏83キロも冬場に100キロ超えでパワーUP、さらに90キロ台に絞り込んだ。

チーム最高打率.481を誇るのは、5番・内倉一冴。エース左腕・清水大成の投球にも注目。

これまでセンバツに出場した年は、夏の甲子園に出場できないというジンクスも、それを覆し、初の春夏連続出場。

◉学校紹介:1922年(大11)創立の私立校。生徒数は1189人(女子706人)。野球部も同年創部で部員数81人。甲子園は春8度、夏4度。春夏連続出場は今年が初。主なOBにヤクルト山田哲人、オリックスT-岡田ら。所在地は大阪府豊中市長興寺南4の3の19。小森重喜校長。



履正社 7-1 明石商 8月20日◇準決勝

センバツでは準優勝2度の履正社が、夏の甲子園では初めての決勝進出。

履正社は1回表に6安打を集中し4点を先制。守っては今大会初先発となった背番号17の岩崎峻典投手(2年)が好投。10三振を奪い1失点完投で快勝。

履正社は明石商先発の中森俊介投手(2年)の立ち上がりを攻め、先頭の桃谷惟吹が中堅フェンス直撃の三塁打で無死三塁。さらに池田凜の左前適時打で先制に成功。さらに井上広大の左前打で1死一、二塁とチャンスを広げ、内倉一冴、西川黎の連続適時打で3点を追加し、この回4点を奪った。

明石商はその裏、先頭の来田涼斗外野手(2年)が、バックスクリーンへ今大会通算47号を運び1点を返した。

履正社は5回、西川、野口海音の連打で1点を追加。9回にも満塁の好機をつくり野口が2点適時打を放った。



履正社 7-3 関東第一 8月16日(準々決勝)

履正社が初の準決勝進出。関東第一は初回、履正社の先発清水大成に対し、平泉遼馬が左翼へ先制3ランを放ち3点をリード。

履正社はその裏、先発の谷幸之助に対し、先頭打者の桃谷惟吹が二塁打で出塁。その後、4番打者井上広大の中前打で1点を返した。さらに2回裏、池田凜の中前打で1点差とした。

攻める履正社は5回裏、1死満塁から内倉一冴の右前適時打で同点。なおも1死満塁と攻め、関東第一の2番手・土屋大和から西川黎が犠牲フライで勝ち越しに成功。続く6回裏、2死満塁から井上が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち7-3とリードを広げた。履正社はリードを守りきった。



履正社 9-4 高岡商 8月17日(3回戦)

履正社が高岡商に快勝し、4度目の夏の甲子園で初の8強進出を決めた。

強力打線が1回戦から3試合連続の2桁14安打をマークし9得点。6回にはプロ注目の主砲・井上広大が今大会2本目、高校通算48号となる2ランを左中間へ打ち込んだ。

高岡商は9回に2点を返すなど粘りを見せたが、1947年(昭22)以来、72年ぶりの8強進出はならなかった。



履正社 7-3 津田学園 8月13日(2回戦)

春夏連続出場の履正社が津田学園の好投手・前佑囲斗を攻略し、3年ぶり3回目の3回戦進出。

2回、清水大成の左前適時打で1点を先制すると、3回には井上広大(3年)の左二塁打から、野上聖喜の右中間を破る適時2点三塁打など打者9人の猛攻で一挙5得点を奪い前をマウンドから降ろした。さらに6回にも1点を加え、試合を優位に進めた。



履正社 11-6 霞ケ浦 8月7日(1回戦)

初の春夏連続甲子園出場となった履正社が大会タイ記録の1試合5本塁打。

1回表、桃谷惟吹の先頭打者本塁打と、4番井上広大のソロで2点を先制。井上は大阪大会準々決勝から4戦連発となる高校通算47号。打ち合いを制した。



(過去)センバツ出場・チームの特徴

【主な成績】
・大阪大会優勝、近畿大会準優勝

【チームデータ】
・部員数:58人(マネ0)
・9勝1敗
・[率].309[本]11[防]2.48[盗]2
・スポーツ紙評価: B・B・B
 日刊・スポニチ・サンスポ

【打撃力】
スラッガー井上広大は、ケタ違いの力。187cm、95kg、足は31センチ。甲子園練習では明らかに他の選手と異なる打球の速さを見せる。秋公式戦は3本、春の練習試合では本塁打を量産中。ニックネームはイノエル。
・サードを守る2年生の小深田大地は注目打者。秋はチームトップの14打点。あだ名は「こぶ」

【投手力】
・エースは最速145キロを誇る左腕・清水大成。奪三振率は驚異の10.96と出場投手中4位(1位は及川、2位は中森、3位は奥川)。

【トピックス】
主将は野口海音(みのん)。長男は万太、次男は仁平と海に関する名前がつく。チームメイトからのあだ名は「ゴリラ」と親しまれる。
左腕・清水大成は、そのルックス含め「モテる」とのチーム評。「他の部活の人から見られているのをよく見ます。清水も笑顔で挨拶していますね」とチームメイト。あだ名は「たいちゃん」



主将は野口海音(みのん)

元U15日本代表の主将も務めた捕手。

球史に残る18年の夏、北大阪大会の準決勝・大阪桐蔭戦、9回2死走者なしからの逆転負けを喫したが、この試合でマスクをかぶっていたのが野口である。敗戦の翌日、新チームの主将になった。岡田監督から「できるか?」と聞かれ、「できます。最後までやり切ります」と答えたという。

野口海音は、3人きょうだいの末っ子。父はダイバーのインストラクターを務めている。長男は万太、次男は仁平と海に関する名前がつく。

4番・井上広大に注目

履正社の4番はプロ注目の井上広大(こうた)だ。秋の近畿大会4強まで導いた後、右膝を手術。実は1年冬に右膝蓋腱炎(みぎしつがいけんえん)を発症し、1年間痛みをこらえ続けていたという。体重もウエートトレや食事で秋から5キロ増やし、聖地で躍動する。



背番号1は清水大成

名門の背番号1を背負う最速145キロの左腕。18年夏の北大阪大会の準決勝・大阪桐蔭戦では、主将・濱内太陽の2番手として登板。1つのアウトも奪えぬままに降板した悔しい経験を持つ。

小深田大地、主軸担う2年生

履正社の主軸を任される2年生・小深田大地。

18秋季大阪大会の18年秋季大阪大会の準々決勝、東海大仰星戦(履正社7-3東海大仰星)では、3-3の同点で迎えた9回2死満塁のチャンスでサヨナラ満塁ホームランを放つ活躍を魅せた。

中学時代は、姫路アイアンズに所属し、NOMOJAPANに選出。「打力がある。うちで1年生で試合に出ていたのは山田(ヤクルト)やT―岡田(オリックス)、寺島(ヤクルト)らくらいですから」と期待を寄せる。

関本勇輔、阪神関本の息子/中3で1.89秒の2塁送球タイム

履正社高校の2年生・関本勇輔は、あの阪神タイガースで活躍した関本賢太郎氏の長男。中学時代は「西宮ボーイズ」で捕手を務め、中学3年時には二塁送球のタイムが驚異の1.89秒という強肩の持ち主。

岡田龍生監督は「チームで一番肩が強い。捕手はスローイングが一番」と高く評価する。

スポンサー リンク