大分商業 野球部ベンチ入りメンバー 2020年甲子園センバツ交流試合|エース川瀬堅斗は屈指の好投手

甲子園交流試合2020 大分商業 特集!

大分商業 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

ドラフト候補のエース川瀬堅斗(主将)に注目したい。兄は、ソフトバンク内野手の川瀬晃(大分商業OB)。

2019年の秋季大会の主な戦歴・試合結果(大分大会・九州大会)、得点・打率・防御率・本塁打数・エラー数・盗塁数・部員数・スポーツ紙評価(A/B/C)などの成績集も掲載中。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果

[交流試合結果 8月10日(月)]
大分商業 1-3 花咲徳栄 [大分|埼玉]
大分商業|000|001|000|1
花咲徳栄|300|000|00x|3

「プロ志望届」提出者一覧を毎日更新中。2020年春の全国球児の進学先《高校別》を特集!

・47都道府県の独自代替大会(結果)はこちら。センバツ甲子園交流試合(日程・結果)が開催中!



ベンチ入りメンバー

【監督】渡辺正雄
<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
1 川瀬堅斗 右/右 3年 大分・大分市立賀来中(主将)
2 末田龍祐 右/右 3年 大分・日出町立日出中
3 上野英暉 右/右 3年 大分・津久見市立第二中
4 千々和斗夢 右/左 3年 大分・杵築市立杵築中
5 神田泰佑 右/右 3年 大分・大分市立稙田東中
6 岩﨑竜也 右/右 3年 大分 ・大分市立明野中
7 三代祥貴 右/右 2年 大分・豊後大野市立緒方中
8 渡邊温人 右/右 3年 大分・大分市立稙田中
9 井田航太 右/左 3年 大分・大分市立城東中
10 渡辺幹太 左/左 2年 大分・大分市立城東中
11 寺下諒星 右/右 3年 大分・姫島村立姫島中
12 横山竜希 右/左 3年 大分・私立明豊中
13 倭将希 右/左 3年 大分・大分市立東陽中
14 森蓮太郎 右/右 3年 大分・大分市立滝尾中
15 得平琢己 右/右 3年 大分・大分市立大東中
16 赤峰渉平 右/右 2年 大分・大分市立稙田南中
17 渡辺龍生 右/右 3年 大分・由布市立湯布院中
18 佐藤直樹 左/左 2年 大分・佐伯市立直川中
19 姫野暁 左/左 2年 大阪・大阪市立長吉西中
20 吉田海音 右/右 3年 大分・大分市立城東中



注目選手(打者・投手)

センバツ屈指の好投手・エース川瀬堅斗最速は147キロ。身長183センチ、80キロの体格を持ち、力強いピッチングが持ち味だ。秋の九州大会では、決勝戦前までの1回戦から4日間で3戦連続で完投。計28回・459球で30奪三振、防御率1.93と安定感がある。

ソフトバンク内野手の川瀬晃(大分商業OB)を兄に持つ。兄と同学年でエースだった森下暢仁投手(大分商業→明治大学→広島カープ)からは、過去に直接投球のアドバイスを受けるなどし、成長を遂げた。

・川瀬は、中3秋に交通事故で頭蓋骨骨折などの大けがを負い生死の淵をさまよったという。1年前の秋には、腰の疲労骨折を経験。

・川瀬は、5歳年上の兄・晃の兄の背中を追って、小学生時代に大分商業のグラウンドの訪れ、渡邉監督から「大商に来て一緒に甲子園に行こう」とラブコールを送られた。

末田龍祐は、最速147キロを誇るエース川瀬堅斗とバッテリーを組む捕手。高校入学後は投手をしてきたが、秋から中学時代も経験した捕手に転向。遠投120mを誇る強肩、同郷のソフトバンク甲斐拓也に憧れる。打撃も4番打者として、チームをリードする。

元気のいい女子マネージャさんが応戦席からナインを後押しする。一際大きな声と躍動感あるキレキレの踊りに注目したい。ちなみに、大分商業は全校生徒の79%が女子生徒



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】九州準優勝、大分準優勝
【評価】A=0、B=5、C=0(スポーツ紙5紙)
【打率】.327
【防御率】3.64
【得点】70点 (7点)
【本塁打】2本 (0.2本)
【盗塁数】23★6位 (2.3)★7位
【エラー】18 (1.8)
【部員数】41人/全校生徒749人
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

戦歴・秋の試合結果

◉秋季九州大会=準優勝
大分商業 5-13 明豊(決勝)
大分商業 6-3 鹿児島城西(準決勝)
大分商業 5-2 福岡第一(準々決勝)
大分商業 4-3 大崎(延長10回)

◉秋季大分県大会=準優勝
大分商業 8-16 明豊(決勝)
大分商業 5-4 大分(準決勝)
大分商業 9-1 大分工業(7回コ)(準々決勝)
大分商業 9-0 臼杵(7回コ)
大分商業 9-4 大分東明(延長10回)
大分商業 10-6 佐伯豊南



出場校・ベンチ入りメンバー

※高校名(秋成績)・センバツ出場回数

【21世紀枠:3校】21世紀枠一覧
帯広農業(北海道4強):初出場
磐城(東北8強):3回目
平田(中国8強):初出場

【北海道:1校】北海道大会
白樺学園:初出場(優勝、神宮4強)

【東北:2校】東北大会
仙台育英:13回目(優勝)
鶴岡東:2回目(準優勝)

【関東・東京:6校】関東東京大会
健大高崎:4回目(優勝、神宮準優勝)
山梨学院:4回目(準優勝)
東海大相模:11回目(4強)
桐生第一:6回目(4強)
国士舘:10回目(優勝)
花咲徳栄:5回目(8強)

【東海:2校】東海大会
中京大中京:31回目(優勝、神宮優勝)
県立岐阜商業:19回目(準優勝)

【明治神宮枠 東海:1校】神宮大会
加藤学園:初出場 




【北信越:2校】北信越大会
星稜:14回目(優勝)
日本航空石川:2回目(準優勝)

【近畿:6校】近畿大会
天理:24回目(優勝、神宮4強)
大阪桐蔭:11回目(準優勝)
履正社:9回目(4強)
智辯学園:13回目(4強)
明石商業:3回目(8強)
智辯和歌山:14回目(8強)

【中国・四国:5校】中国四国大会
倉敷商業:4回目(優勝)
鳥取城北:2回目(準優勝)
明徳義塾:19回目(優勝)
尽誠学園:7回目(準優勝)
広島新庄:2回目(4強)

【九州:4校】九州大会
明豊:4回目(優勝)
大分商業:6回目(準優勝)
創成館:4回目(4強)
鹿児島城西:初出場(4強)

スポンサー リンク