尽誠学園 野球部ベンチ入りメンバー 2020年甲子園センバツ交流試合|エース村上と守備は安定感あり

選抜高校野球2020 尽誠学園 野球部 特集!

※最新メンバー反映 甲子園交流試合[週刊朝日]

尽誠学園 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

エースの村上侑希斗は「打たせて取る」を基本とし安定感がある。また、公式戦8試合で4失策と安定した守備も持ち味のチーム。

2019年の秋季大会の主な戦歴・試合結果(香川大会・四国大会)、得点・打率・防御率・本塁打数・エラー数・盗塁数・部員数・スポーツ紙評価(A/B/C)などの成績集も掲載中。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果

テレビ番組 ABC「2020高校野球 僕らの夏」やNHK「#高校最後の夏だから 僕らの夏」などが放送予定

プロ志望届(更新中)が8月1日(土)から提出開始!また、現時点で公表の全国球児の進路・大学進学先《高校別》特集



ベンチ入りメンバー

※最新メンバー反映 甲子園交流試合[週刊朝日]

【監督】西村大
<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
1 村上侑希斗 3年 左/左 和歌山・印南町立印南中学
2 橘孝祐 3年 右/右 香川・高松市立香東中学
3 川﨑風汰 3年 右/右 京都・京都市立勧修中学
4 菊地柚 3年 右/右 兵庫・神戸市立高倉中学(主将)
5 宝来真己 3年 右/右 香川・小豆島町立小豆島中学
6 仲村光陽 3年 右/右 愛知・大府市立大府北中学
7 福島武颯士 3年 右/右 大阪・東大阪市立新喜多中学
8 井脇将誠 3年 右/左 香川・善通寺市立西中学
9 福井駿 3年 左/左 兵庫・宝塚市立御殿山中学
10 谷口颯汰 2年 右/右 和歌山・田辺市立衣笠中学
11 田中君尚 2年 右/右 兵庫・姫路市立広畑中学
12 幹大和 3年 右/左 兵庫・姫路市立安室中学
13 杉山叶也 3年 右/右 和歌山・田辺市立明洋中学
14 山田真翔 3年 右/左 大阪・守口市立第一中学
15 清水佑樹 3年 右/右 兵庫・芦屋市立潮見中学
16 和気亮太 3年 左/左 大阪・大阪市立大正北中学
17 岡本佳樹 2年 右/右 兵庫・神戸市立湊川中
18 櫻田大和 3年 右/右 京都・京都市立桂川中
19 武田日向 3年 右/左 和歌山・串本町立潮岬中
20 乾陽太 3年 右/左 大阪府・枚方市立蹉跎中



注目選手(打者・投手)

公式戦8試合で4失策と安定した守備をみせる。夏のベンチ入りメンバーが9人残っており、経験豊富。

福島武颯士(むさし)の叔父は、元オリックスや巨人で活躍した谷佳知(尽誠学園OB、妻は谷亮子=柔道)。谷を「おっちゃん」と呼び、谷亮子を「亮ちゃん」と呼ぶという。プロ野球で活躍した谷は、福島の母・真由美さんの弟。

エース村上侑希斗は、秋の防御率は3.25で安定感がある。西村太監督は「村上の調子が上がれば、チームの調子も上がる」と評する。村上と橘孝祐捕手のバッテリーの2人は「バッテリーノート」をつけている。「ノートをきっかけに会話が多くなり、仲も深まった」と語る。表紙には「甲子園で勝つために」との文字が刻まれている。

打撃の中心は、4番 仲村光陽。秋は本塁打2本・11打点とチームの得点源。誰もが認める努力家で、チャンスには一番強いとのチーム評。中学時代は、ヤングリーグの中日本選抜のキャプテンとして、国士舘の黒澤、山梨学院の吉川大・河瀬貴洋と共に台湾遠征を経験。父は、同じ尽誠学園で第74回目の夏の甲子園でベスト4(センター・3番)。三菱自動車岡崎時代に都市対抗野球で首位打者を獲得。



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】四国準優勝、香川優勝
【評価】A=0、B=4、C=1(スポーツ紙5紙)
【打率】.352
【防御率】3.41
【得点】53点 (6.7点)
【本塁打】3本 (0.4本)
【盗塁数】6 (0.8)
【エラー】4★4位 (0.5)★4位
【部員数】55人/全校生徒686人
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

戦歴・主な試合結果

◉秋季四国大会=準優勝
尽誠学園 1-8 明徳義塾(決勝)
尽誠学園 13-2 岡豊(6回コ)(準決勝)
尽誠学園 7-3 新田

◉秋季香川県大会=優勝
尽誠学園 5-3 大手前高松(決勝)
尽誠学園 7-4 英明 (準決勝)
尽誠学園 4-2 藤井(準々決勝)
尽誠学園 9-3 寒川
尽誠学園 7-0 坂出(7回コ)



出場校・ベンチ入りメンバー

※高校名(秋成績)・センバツ出場回数

【21世紀枠:3校】21世紀枠一覧
帯広農業(北海道4強):初出場
磐城(東北8強):3回目
平田(中国8強):初出場

【北海道:1校】北海道大会
白樺学園:初出場(優勝、神宮4強)

【東北:2校】東北大会
仙台育英:13回目(優勝)
鶴岡東:2回目(準優勝)

【関東・東京:6校】関東東京大会
健大高崎:4回目(優勝、神宮準優勝)
山梨学院:4回目(準優勝)
東海大相模:11回目(4強)
桐生第一:6回目(4強)
国士舘:10回目(優勝)
花咲徳栄:5回目(8強)

【東海:2校】東海大会
中京大中京:31回目(優勝、神宮優勝)
県立岐阜商業:19回目(準優勝)

【明治神宮枠 東海:1校】神宮大会
加藤学園:初出場 




【北信越:2校】北信越大会
星稜:14回目(優勝)
日本航空石川:2回目(準優勝)

【近畿:6校】近畿大会
天理:24回目(優勝、神宮4強)
大阪桐蔭:11回目(準優勝)
履正社:9回目(4強)
智辯学園:13回目(4強)
明石商業:3回目(8強)
智辯和歌山:14回目(8強)

【中国・四国:5校】中国四国大会
倉敷商業:4回目(優勝)
鳥取城北:2回目(準優勝)
明徳義塾:19回目(優勝)
尽誠学園:7回目(準優勝)
広島新庄:2回目(4強)

【九州:4校】九州大会
明豊:4回目(優勝)
大分商業:6回目(準優勝)
創成館:4回目(4強)
鹿児島城西:初出場(4強)

スポンサー リンク