《特集》天理高校 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

天理 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 天理高校 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季奈良大会=優勝、秋季近畿大会=8強:奈良大会は他を寄せ付けぬ強さで決勝進出。決勝・智辯学園戦は、7回裏に一挙6得点を挙げ、8-2で勝ち優勝。近畿大会は、初戦・乙訓に2-1で競り勝ち、準々決勝・大阪桐蔭戦は、集中打を浴びて4-11(7回コールド)で敗れた。

◆近畿大会の優勝・準優勝校に1勝1敗:秋のチーム成績は、打率.327(18位)、平均得点6.9点(18位)、合計本塁打4本(9位)、防御率2.95(26位)、平均失点2.9点(22位)を記録。県大会では近畿大会優勝の智辯学園を破り、近畿大会・大阪桐蔭戦は大量失点を喫したものの試合内容は好ゲームを演じるなど、総合力は高い。エース達孝太(2年)、好打者・瀬千皓(2年)のタレントに加え、内山陽斗主将(2年)が打率.545、打点8、本塁打1本を記録するなど、力のある選手が揃う。スポーツ6紙はいずれもB評価。

◆ドラフト候補・達孝太に熱視線:身長193センチの右腕・達孝太(2年)は、最速146キロを誇る将来性が豊かな全国屈指の好投手。秋の公式戦は、7試合52回を投げ、被安打34、奪三振67、与四球9、15失点、防御率2.60を記録。注目すべきは、投球回数を大きく上回る奪三振数だ。乙訓戦では13奪三振、11失点を喫した大阪桐蔭戦でも11奪三振を記録。なお、夏の甲子園交流試合・広島新庄戦(2-4で敗戦)で、9回に聖地マウンドを経験している。

◆メガネが印象的な瀬千皓(せ・ちひろ):瀬千皓(2年)は、秋公式戦で打率.390、打点9を記録したチームの得点源。2019年の明治神宮大会では、仙台育英戦で2ラン、中京大中京戦では2ランなど8打数4安打8打点と大暴れし、その名を一気に全国区とした大会屈指の好打者だ。全国に350人ほどと言われる珍しい苗字の持ち主でもある。応援席からは「かせかせ・せ、かせかせ・せ」の掛け声で声援が送られる。



天理 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更なし]

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 達孝太 右右 3年 大阪 堺市立浜寺南 
02 政所蒼太 右右 3年 京都 京丹後市立久美浜
03 成田侑介 右左 3年 兵庫 豊岡市立日高東
04 堀内太陽 右右 3年 京都 宮津市立宮津
05 戸井零士 右右 2年 大阪 松原市立松原第三
06 杉下海生 右左 3年 大阪 田尻町立田尻
07 瀬千皓 右右 3年 奈良 生駒市立上
08 石本紘都 右右 3年 奈良 五條市立野原
09 内山陽斗 右左 3年 大阪 松原市立松原第四 ◎主将
10 大塚弘晴 右右 3年 埼玉 八潮市立八潮
11 南澤佑音 右左 2年 大阪 門真市立門真はすはな
12 重信滉太 右右 3年 大阪 豊能町立吉川
13 内藤大翔 右右 2年 奈良 生駒市立生駒南
14 岩月克介 右右 3年 大阪 豊中市立豊中十一
15 長野陽人 右右 3年 大阪 泉大津市立誠風
16 森田雄斗 左左 3年 和歌山 太地町立太地
17 仲川一平 左左 3年 奈良 五條市立五條東
18 木下和輔 右右 3年 大阪 阪南
監督:中村良二



秋季大会の主な成績・データ

<天理の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】2年連続25回目(夏の甲子園=28回)
【成績】奈良大会=優勝、近畿大会=8強
【勝敗】7戦6勝1敗
【評価】A=0、B=6、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .327 / 18位 (.332)
【防御率】2.95 / 26位 (2.19)
【失点数】20点 / 14位 (22.3点)
 →平均 2.9点 / 22位 (2.4点)
【得点数】48点 / 27位 (67.4点)
 →平均 6.9点 / 18位 (7.3点)
【本塁打】4本 / 9位 (3.5本)
 →平均 0.6本 / 8位 (0.4本)
【盗塁数】9個 / 25位 (15.9個)
 →平均 1.3個 / 25位 (2個)
【失策数】5個 / 8位 (7.2個)
 →平均 0.7個 / 11位 (0.8個)
【部員数】51人(7人) (16位)
【生徒数】1236人 (11位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月31日(水) 準決勝  [第10日目]
11:00 東海大相模 2-0 天理   [見所]
 東海大相模|100|000|001|=2
 天理・・・|000|000|000|=0

✍️試合結果コメント
東海大相模が2-0で天理に勝利し、決勝進出。エース石田隼都(2年)が、天理打線をヒット3本・死四球0で完封。奪った三振は15つと、圧巻のピッチングを見せた。チームは1回表、2番・綛田小瑛(2年)が単打の当たりも、セカンドへ一気に進塁。4番・柴田疾(2年)がヒットで返し1点。最終回にも相手バッテリーの悪送球で1点を奪った。一方の天理は、エース達孝太(2年)は登板せず。先発した背番号17の左腕・仲川一平(2年)が8回を7安打1失点と好投するも、打線が押さえ込まれた。

✍️試合の見どころ
天理のエース達孝太(2年)の出来が試合の結果を左右しそうだ。達孝太(2年)は、準々決勝までの3試合全てに先発し合計459球。2回戦・健大高崎戦は4-0で完封と絶好調、しかし準々決勝・仙台育英戦は失点3に抑えたものの8安打・8四死球を記録するなど、やや制球に苦しんだ。一方の東海大相模は、3人の投手が好調だ。1回戦・東海大甲府戦では、背番号18・石川永稀(2年)が8回104球を投げて1失点。2回戦・鳥取城北戦では、背番号10・求航太郎(1年)が4回2安打と好投。いずれもエース石田隼都(2年)が救援した。準々決勝・福岡大大濠戦では、石田隼都(2年)が先発して被安打3・四球1・奪三振14で完封している。攻撃面においては、天理は打率が5割近い4番・瀬千皓(2年)が絶好調。9番の女房役・政所蒼太(2年)も勝負強い打撃でエース達を援護している。その他の打者も勝負強さが光り、全員野球のムードが高まっている。一方の東海大相模打線は、1・2回戦で計4得点とやや沈黙も、準々決勝・福岡大大濠戦では14安打8得点と上向いている。ただ、大塚瑠晏(2年)は急性胃腸炎で準々決勝を欠場。1番・門馬功(2年=門馬監督の息子)、4番・柴田疾(2年)などが、勝負強い打撃で大塚の穴をカバーしたい。




3月28日(日) 準々決勝  [第9日目]
08:30 仙台育英 3-10 天理     [見所]
仙台育英|002|000|010|=3
天理・・|200|422|00x|=10

✍️試合結果コメント
天理が仙台育英に10-3で勝利。エース達孝太(2年)は、8回を8安打・8四死球・6奪三振・3失点。計164球の粘りの投球をみせた。初回、3番・内藤大翔(1年)のタイムリーなどで2点を先制。4回には女房役・政所蒼太(2年)が勝ち越し打、5回には杉下海生(2年)が2点打、6回には4番・瀬千皓(2年)が2点打と、仙台育英の3投手を打ち崩した。一方の仙台育英は、失策3が響いた。左腕・古川翼(1年)が先発し2失点。2回からエース伊藤樹(2年)が登板するも8失点を喫した。その後は、右腕・松田隆之介(2年)に継投。中盤に大量失点し、最後まで流れを引き寄せられなかった。

✍️試合の見どころ
両チームともに投手陣の出来がポイントとなりそうだ。攻撃面は、両チームともに2回戦から調子が上向きだ。天理は、初戦・宮崎商業に7-1で勝利。2回戦の健大高崎戦は、達孝太(2年)が、被安打2に抑えて完封。宮崎商業戦では161球、健大高崎戦では134球と、合計295球を投じている。捕手・政所蒼太(2年)が配球やバットでエース達を好リードする。また、好打者の4番・瀬千皓(2年)にもあたりが出てきている。一方の仙台育英は、初戦・明徳義塾戦で、古川翼(1年)と伊藤樹(2年)が継投し、被安打1で1-0の完封勝利。2回戦・神戸国際大付属戦は、背番号10の松田隆之介(2年)が先発し、6回を投げて被安打3・四球2・奪三振8と好投(93球)した。14安打で13得点を挙げ、13-5で圧勝している。投球制限や疲労面からみると、仙台育英がやや有利か。ただ、天理の達孝太(2年)は健大高崎打線を2安打で完封し、中村監督も「出来過ぎ」というほどに調子を上げており、そのポテンシャルを甲子園で開花させている。なお、過去、天理と仙台育英は3度甲子園で対戦があり、仙台育英が2勝1敗としている。




◆3月25日(木) 2回戦  [第6日目 8時開門]
14:20 天理 4-0 健大高崎 [見所]
天理・・|110|000|200|=4
健大高崎|000|000|000|=0

✍️試合結果コメント
天理が強力打線を誇る健大高崎に4-0で勝利。エース達孝太(2年)が、被安打2・四球6で完封(合計134球)。捕手・政所蒼太(2年)が盗塁を刺すなど、バックが相手のチャンスを早摘みし、得点を許さなかった。攻撃では、1回表に先頭の内山陽斗主将(2年)からの3連打で先制。2回には捕手・政所蒼太(2年)の安打で2点目。7回表には、4番・瀬千皓(2年)のタイムリー2塁打で2点を追加し、勝負を決めた。一方の健大高崎は、達孝太(2年)の前に2安打と沈黙。投手陣は、野中駿哉、今仲泰一、高松将斗の3投手が継投、11安打を浴びた。序盤でリードを奪われ、試合の流れを最後まで引き寄せられなかった。

✍️試合の見どころ
ドラフト候補・天理のエース達孝太(2年)と、2年生の合計本塁打230本超の強打を誇る健大高崎との対戦となる。大会注目の好投手と強力打線の対決は、5〜6点の点の取り合う接戦を予想する。天理は、初戦・宮崎商業に7-1で勝利。達孝太は強力打線を相手に6安打・1失点・10奪三振とその力を発揮。ただ161球と球数を多く投げていることから、継投も予想される。一方の健大高崎は、初戦・下関商業に6-2で勝利。エース髙松将斗が3安打2失点と好投し、投手力の高さも示した。打線は、その片鱗を見せるも、まだ爆発まではいっておらず、甲子園の2戦目でその力を発揮しそうだ。


◆3月20日(土) 1回戦 [第2日目]
09:00 天理 7-1 宮崎商業      [見所]
  天理・・|020|000|410|=7
  宮崎商業|000|000|010|=1

✍️試合結果コメント
天理が7-1で宮崎商業に勝利し、2回戦へ進出。天理のエース達孝太は、161球を投じ、6安打・1失点・10奪三振の完投勝利。試合は、天理が先制するも、その後は宮崎商業の投手陣(日高大空、長友稜太)が力投。迎えた7回表に、エース達とバッテリーを組む捕手で9番の政所蒼太(達とは身長30センチ差)が、2点タイムリーを放ち、試合の流れを引きつけた。一方の宮崎商業は、52年ぶりの出場。終盤の8回裏には、中村碧人主将が意地のタイムリー3塁打を放ち1点を返すも敗れた。

✍️試合の見どころ
ドラフト候補の達孝太(2年)を擁する天理に、強力打線の宮崎商業が挑む構図か。宮崎商業は、宮崎大会で準決勝・決勝戦はともに6点差を逆転勝利するなど粘り強さがある。平均8.2得点(10位)、本塁打6本(3位)の強力打線が持ち味だ。一方の天理は、智辯学園・大阪桐蔭に一勝一敗と互角に渡りあい、今大会は優勝候補の一角だ。宮崎商業は、点の取り合い・シーソーゲームに持ち込みたい。

✍️主なポイント(注目選手など)
・天理は、最速146キロの達孝太(2年)とメガネがトレードマークの強打者・瀬千皓(2年)が投打の柱だ。このほか、打率.545・打点8・本塁打1本を記録した内山陽斗主将(2年)も好打者として注目したい。一方の宮崎商業のエース日高大空(2年)は、秋9試合58回を投げて、防御率2.02と安定感がある。”6点差は逆転圏内”の打線は、秋に合計3本塁打を記録したキャプテン中村碧人(2年)がキーマンだ。



秋季近畿大会の戦歴・試合結果

◆準々決勝
大阪桐蔭(大1) 11-4 天理(奈2)(7回コ)

 大阪桐蔭|004|100|600|=11
 天理・・|100|002|100|=4

——————————————————–
(大阪桐蔭)松浦―田近
(天理)達―政所
・本塁打:宮下(大阪桐蔭)
・3塁打:内山(天理)
・2塁打:藤原、前田、田近(大阪桐蔭)瀬、堀内(天理)
——————————————————–
昨年の秋季近畿大会・決勝戦と同一の対戦カードとなった準決勝の一戦は、大阪桐蔭が11-4(7回コールド)で天理に勝利。大阪桐蔭はセンバツ出場が有力に。昨年抑えられた天理のエース達に対して、大阪桐蔭打線が序盤と終盤にたたみ掛けた。天理が1回裏に瀬の2塁打で1点を先制し迎えた4回表、大阪桐蔭は2番・野間のタイムリーで同点に追いつくと、3番・宮下が3ラン本塁打を放ち4-1。さらに5回には、7番・藤原の2塁打で1点を追加する。一方の天理は6回裏、連打で2者が出塁すると、2番・堀内の2塁打で2点を返し、5-3と追い上げる。しかし大阪桐蔭は7回表、2死1・3塁から4番・池田主将のタイムリーで1点、5番・前田のタイムリーで1点、6番・花田のタイムリーで1点、さらに8番・田近の2塁打で3点と、この回に一挙6点をあげ、11-3とする。天理は7回裏に無死満塁のチャンスを作るも、得点は1点にとどまりゲームセット。大阪桐蔭は昨年決勝で天理に12-4で敗れたが、今秋は11-4のスコアで勝利。大阪桐蔭のエース松浦は、6・7回に連打を浴びるものの、被安打7・2奪三振・1死球と力投した。対する天理のエース達者は、11安打を浴びるものの、奪三振は7回で11つを記録するなど力を見せた。

◆1回戦
天理高校(奈1) 2-1 乙訓高校(京2)

 天理高校|100|000|001|=2 
 乙訓高校|000|000|100|=1
————————————————
(天理)達―政所
(乙訓)北見―岡村
・3塁打:堀内(天理)
・2塁打:戸井、瀬、石本(天理)岡村(乙訓)
————————————————
天理が投手戦を制し、2-1で乙訓に勝利。先制したのは天理。1回表、天理は3番・戸井が2塁打で出塁すると、メガネがとーレドマークの4番・瀬がタイムリー2塁打を放ち1点を先制。その後、試合は両エース(天理=達、乙訓=北見)の投げ合いとなる。迎えた7回裏、乙訓は四球で出たランナーを2塁へ進めると、8番・横山がタイムリーを放ち1-1の同点に追いつく。9回表、天理は4番・瀬がヒットで出塁すると、6番・堀内が三塁打を放ち、2-1と勝ち越し、これが決勝点。天理のエース達は、9回5安打1四球1失点、13奪三振と好投した。対する乙訓のエース北見も9回を一人で投げ抜き、8安打1四球8奪三振と好投が光った。



秋季奈良大会での戦歴・試合結果

【秋季近畿大会=奈良(2枠)】秋季奈良大会の結果

①天理の戦歴・試合結果
・決勝戦 天理 8-2 智辯学園
・準決勝 天理 7-0 畝傍(7)
・準々決勝 天理 11-6 御所実業
・2回戦 天理 9-0 橿原(7)
・1回戦 天理 7-0 法隆寺国際(7)

②智辯学園の戦歴・試合結果
・決勝戦 智辯学園 2-8 天理
・準決勝 智辯学園 3-1 奈良大附
・準々決勝 智辯学園 10-0 高田(5)
・2回戦 智辯学園 12-2 平城(5)
・1回戦 智辯学園 5-3 郡山



センバツ甲子園交流試合メンバー2020年

【背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校】
01 庭野夢叶 右/右 3年 埼玉・八潮市立八潮中
02 山元太陽 右/右 3年 大阪・能勢町立能勢中
03 河西陽路 右/左 3年 奈良・橿原市立橿原中
04 田中輝希 右/右 3年 大阪・堺市立浜寺中
05 下林源太 右/左 3年 大阪・大阪市立蒲生中(主将)
06 杉下海生 右/左 2年 大阪・田尻町立田尻中
07 田中勝大 右/左 3年 京都・京都市立藤森中  
08 山地裕輔 右/右 3年 大阪・大阪市立南中
09 河村拓民 右/右 3年 福井・福井市立藤島中
10 吉岡大誓 左/右 3年 奈良・天理中
11 達孝太 ・・右/右 2年 大阪・堺市立浜寺南中
12 山田孝徳 右/右 3年 和歌山・御坊市立湯川中
13 逸見顕太郎 左/左 3年 徳島・阿波市立土成中
14 根兵啓 右/右 3年 奈良・天理中
15 瀬千皓 ・・右/右 2年 奈良・生駒市立上中
16 江口巨樹 右/右 3年 佐賀・佐賀市立鍋島中
17 実岡優大 右/右 3年 大阪・大東市立谷川中
18 堀内太陽 右/右 2年 京都・宮津市立宮津中
19 嶋田優心 右/右 3年 大阪・大阪市立東住吉中
20 福重翔三 右/右 3年 岡山・岡山市立瀬戸中

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手