【選手名簿】加藤学園 野球部 ベンチ入りメンバー 2020年|秋季東海大会

加藤学園 野球部ベンチ入りメンバー

2020年の秋季東海大会に出場する加藤学園 野球部のベンチ入りメンバーを特集!

【加藤学園・チーム紹介】
秋季静岡大会3位。センバツ甲子園交流試合出場校。初戦は静岡商業に2-1で競り勝つ。準決勝では藤枝明誠に6-1で敗れるものの、3位決定戦では三島南に5-2で勝利し、東海大会出場権を掴んだ。

センバツ甲子園交流試合では、1番ショート・太田圭哉(1年)、4番レフト・植田颯斗(2年)、8番捕手・雨宮快成(2年)、8番センター・佐野陸斗(2年)の4人がスタメン出場。中でも、太田は2安打と好守の活躍で一躍全国に名が知れ渡った。

攻守の要は、捕手・雨宮快成(2年)だ。1年秋から公式戦に出場し、甲子園の舞台に立つなど経験豊富。3位決定戦では、4回に勝ち越しとなるソロホームランを放つなど活躍を見せた。身長183センチエースの石山拓真(1年)と変速左腕の船橋知聖(1年)は共に1年生投手。雨宮のリードで盛り立てる。

【2020年秋季東海大会のベンチ入りメンバー】
【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 石山拓真 右右 1年 長峰
02 雨宮快成 右右 2年 茅野東部
03 杉本陽哉 右右 2年 中伊豆
04 宮崎新那 右右 2年 須山
05 平尾勝多 右右 2年 富士宮第一
06 太田圭哉 右右 1年 大富
07 植田颯斗 右右 2年 南部
08 佐野陸斗 右右 2年 富士川第二
09 水田裕翔 右右 1年 大富
10 樋口巧  右右 2年 南部
11 船橋知聖 右右 1年 篠岡
12 飯塚健太 右右 2年 富士南
13 稲葉悠  右右 2年 清水小島
14 内田歩希 右右 2年 尾西第三
15 吉田光輝 右右 2年 三島山田
16 鈴木翔太 右右 2年 富士南
17 大谷正和 右右 2年 立川第七
18 岩間昂生 右右 2年 吉原北
19 小林千哩 右右 1年 町清水南
20 井圡駿太 右右 1年大岡
監督:米山学
記録員:渡邉華美  ▶︎秋季東海大会の日程・結果




【センバツ甲子園交流試合出場選手】
【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
1 肥沼竣 右/左 3年 埼玉・所沢市立山口中
2 雨宮快成 右/左 2年 長野・茅野市立東部中
3 勝又友則 右/右 3年 静岡・裾野市立東中(主将)
4 大村善将 右/右 3年 静岡・静岡市立蒲原中 
5 杉山尊 右/左 3年 静岡・三島市立南中
6 太田圭哉 右/右 1年 静岡・焼津市立大富中
7 植田颯斗 右/右 2年 山梨・南部町立南部中
8 佐野陸斗 右/左 2年 静岡・富士市立富士川第二中
9 杉本敏 右/右 3年 静岡・静岡市立富士中 
10 岩間昂生 右/右 2年 静岡・静岡県富士市立吉原北中
11 船橋知聖 左/左 1年 愛知・小牧市立篠岡中
12 飯塚健太 右/右 2年 静岡・富士市立富士南中
13 稲葉悠 左/左 2年 静岡・静岡市立清水小島中
14 野極友太朗 右/右 3年 静岡・三島市立南中
15 吉田光輝 右/左 2年 静岡・三島市立山田中
16 宮崎新那 右/右 2年 静岡・裾野市立須山中
17 平尾勝多 右/右 2年 静岡・富士宮市立富士宮第一中
18 内田歩希 右/左 2年 愛知・尾西三中
19 杉本陽哉 右/左 2年 静岡・伊豆市立中伊豆中
20 大谷正和右/右 2年 東京・立川市立第七中
監督:米山学



秋季東海大会の戦歴・試合結果

10月24日(土) 加藤学園(静3) 4-5 東邦(愛2) ※1回戦
加藤学園|000|010|210|=4
東邦|000|200|03x|=5
————————————————
(加藤学園)樋口、石山、船橋、岩間、稲葉―雨宮
(東邦)三浦、知崎―落合
・本塁打:平尾(加藤学園)落合、内田(東邦)
・2塁打:植田、水田、佐野(加藤学園)柳瀬(東邦)
————————————————
両チーム10安打ずつの打ち合いは、終盤に粘りを見せた東邦が5-4で加藤学園に勝利。先制したのは東邦。4回裏に6番の落合がレフトへ2ラン本塁打を放ち2点をリード。しかし加藤学園は、5回表に内野ゴロの間に1点をあげると、7回表には3番・植田の2点タイムリーで3-2と逆転。さらに8回表には8番・平尾のソロホームランで1点を加え、4-2とリードする。しかし直後の8回裏、東邦は3番・内田龍承のソロ本塁打で1点を返すと、7番・上田琉久の安打で4-4の同点に追いつき、9番・知崎滉平のタイムリーで5-4と逆転。これが決勝点となった。東邦は、三浦心空と知崎滉平の2投手が半分ずつのイニングを粘投した。

静岡県出場チームの戦歴・試合結果

【静岡(3枠)】秋季静岡大会の結果

①藤枝明誠の戦歴・試合結果
・決勝戦 藤枝明誠 16-2 常葉大菊川
・準決勝 藤枝明誠 6-1 加藤学園
・準々決勝 藤枝明誠 10-1 常葉大橘(7)
・2回戦 藤枝明誠 5-4 掛川西
・1回戦 藤枝明誠 5-0 富士宮西

②常葉大菊川の戦歴・試合結果
・決勝戦 常葉大菊川 2-16 藤枝明誠
・準決勝 常葉大菊川 9-1 三島南
・準々決勝 常葉大菊川 5-3 浜松商
・2回戦 常葉大菊川 6-2 御殿場西
・1回戦 常葉大菊川 6-5 駿河総合

③加藤学園の戦歴・試合結果
・3位決定戦 加藤学園 5-2 三島南
・準決勝 加藤学園 1-6 藤枝明誠
・準々決勝 加藤学園 8-0 磐田東(7)
・1回戦 加藤学園 2-1 静岡商



東海大会 高校野球 2020年

2020年の高校野球 秋季東海大会は、10月24日(土)〜11月1日(日)の日程で、三重県で開催予定。

センバツの出場枠東海地区=「2」となり、優勝校・準優勝校はセンバツ出場が有力となる。

秋季東海大会2020年 日程・出場校
・組み合わせ抽選会:10/13(火)
・日程:10/24(土) 25(日) 31(土) 11/1(日)
・開催地:三重県(三重のホテル予約はこちらから)
=出場校(全12校)|秋季県大会の順位======
静岡(3枠)|①藤枝明誠 ②常葉大菊川 ③加藤学園
愛知(3枠)|①中京大中京 ②東邦 ③至学館
岐阜(3枠)|①県立岐阜商業 ②大垣商業 ③岐阜第一
三重(3枠)|①三重 ②松阪商業 ③海星



秋季東海大会 優勝予想アンケート

※アンケート開始:10月5日(月)

秋季東海大会 優勝予想アンケート

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

[特集] ドラフト会議 10/26 プロ志望届提出者(更新)
[特集] 秋季大会の優勝校・準優勝校一覧 47都道府県

Q.秋季地区大会の優勝予想アンケート実施中!
北海道 東北 関東 東京 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州
プロ志望届(更新) センバツ2021 神宮大会 楽天トラベル

静岡県球児の進路・進学先 2020年

静岡 磐田東 掛川西 加藤学園 御殿場西 飛龍
静岡商業 静清 駿河総合 東海大静岡翔洋 
常葉大橘 常葉大菊川 日大三島 浜松商業
藤枝明誠 三島南 清水東 浜松学院 浜松工業
伊豆中央 城南静岡 静岡市立 浜松開誠館 知徳



甲子園センバツ交流試合 加藤学園 特集!

加藤学園 野球部 ベンチ入りメンバー(出身・中学校を含む)およびチームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

「ぼくの代で甲子園に行きます」と2年前の高校の入学試験の面接で、現在の主将・勝又友則は宣言し、夢を実現させる。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果
 [交流試合の予定 8月12日(水)]
 鹿児島城西 1-3 加藤学園 [静岡|鹿児島]

注目選手(打者・投手)

・「ぼくの代で甲子園に行きます」2年前の入学試験の面接で、現在の主将・勝又友則は面接官に高らかに宣言。実は、その面接官は米山監督だったという。有言実行のキャプテンがチームを率いる。

・秋季東海大会は、準決勝で敗退。その後、明治神宮大会で中京大中京が優勝し、神宮枠(東海2→3枠)としてセンバツ出場を果たす。

・注目はエースの肥沼竣(右腕)。最速は139キロながら、高い制球力を誇る。秋の静岡大会、東海大会の全試合を完投し、通算の防御率は2.16と安定感抜群の好投手。

・東海大会準決勝・県立岐阜商業戦では、延長10回にサヨナラ負けも、4点に抑える力投を魅せた。センバツ選考委員会では「エースは安定感のあるピッチャー。低めに丁寧に投げ、打たせて取る右の技巧派です」と高い評価を受ける。

・投手陣は、学校から約6キロ離れた練習グラウンドまでの坂道を毎日走り込み、スタミナや精神力の強化を図る。

打撃陣は、大村善将に注目。秋の静岡大会・準決勝で逆転3ランを放つなど、秋通算4本塁打の活躍。また、植田颯斗(2年)は東海大会準決勝で2ランを放つ活躍を見せた。

・女子校として創立してまもなく100年、一方で野球部は創部24年。野球部創設の動きは95年から始まった。松本商業(現・松商学園)で夏の甲子園を制し、38年に南海入りした故・高野百介さん(徴兵され太平洋戦争で戦死)を父に持つ加藤校長が、周囲に働きかけ、創部。費用面、練習場所の見通しが立たず複数の反対意見も挙がったが、熱心に説得を重ねて翌春始動して、現在に至る。

・応援団は、野球部応援のため設立。現在、部員は男子14人、女子17人の31人(春時点)。25代目団長の大橋渉がまとう丈の長さ140センチほどの長ランは、17代目団長以来代々引き継がれているものだという。

米山学(監督)は、1978年生まれ。長野県出身で、信州工業から亜細亜大学に進み、ショート。大学日本代表では主将を務めた。卒業後はHondaでプレーし、2013年に加藤学園のコーチに就任。14年から監督。社会科の先生。



打率・防御率・本塁打・部員数(秋)

【成績】東海4強、静岡準優勝
【評価】A=0、B=3、C=2(スポーツ紙5紙)
【打率】.280
【防御率】2.28
【得点】66点 (5.1点)
【本塁打】7本★9位 (0.6本)
【盗塁数】39★2位 (3)★2位
【エラー】17 (1.4)
【部員数】37人/全校生徒1370人★7位
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

戦歴・秋の試合結果

◉秋季東海大会=4強
加藤学園 3-4x 県岐阜商業(10回サヨナラ)(準決勝)
加藤学園 5-4 近大高専(延長10回)(準々決勝)
加藤学園 6-1 大垣西

◉秋季静岡県大会=準優勝
加藤学園 4-5×藤枝明誠(決勝)
加藤学園 3-2 静岡商業(準決勝)
加藤学園 5x-4 静岡(準々決勝)
加藤学園 5-4 常葉大菊川
加藤学園 5-0 島田商業

スポンサー リンク