【センバツ2021】宮城県の21世紀枠推薦校 柴田高校が選出

宮城県の21世紀枠推薦校 柴田高校が選出

宮城県におけるセンバツ2021年の21世紀枠推薦校は、柴田高校に決まった。11月12日(木)、宮城高野連が発表した。

柴田高校は1986年、普通科と体育科を併設し開校。2002年と13年に夏の宮城県大会で決勝に進出したが、甲子園出場はない。現在の野球部員は33人。

2020年の秋季宮城県大会では3位。県大会・準々決勝は、夏の独自大会4強・仙台第一との対決となり、6-1で勝利。東北大会がかかる準決勝は、仙台育英に12-2(6回コールド)で敗れるも、3位決定戦では古川学園に対し、得点をこまめに重ね8-4で勝利し、東北大会の出場権を獲得した。

秋季東北大会では、学法石川(福3)・八学光星(青1)・東日大昌平(福1)・日大山形(山1)を撃破し初の決勝進出を果たすなどなど、「柴田旋風」を巻き起こした。エース谷木亮太は、大黒柱としてチームの躍進の核となった。

また、野球部員らは、2019年の台風19号で被害を受けた丸森町で家屋から土砂をスコップでかき出す活動にあたった。

▶︎センバツ21世紀枠推薦校一覧(更新中)



柴田高校の秋季大会における戦歴・結果

◆柴田高校 野球部 ベンチ入りメンバーはこちら

【秋季東北大会の戦歴・結果】
・決勝 柴田 1-18 仙台育英
・準決勝 柴田 6-0 日大山形
・準々決勝 柴田 15-10 東日大昌平
・2回戦 柴田 6-2 八戸学院光星
・1回戦 柴田 7-2 学法石川

【秋季宮城大会の戦歴・結果】
・3位決定戦 柴田 8-4 古川学園
・準決勝 柴田 2-12 仙台育英(6)
・準々決勝 柴田 6-1 仙台第一
・3回戦 柴田 7-1 聖和学園
・2回戦 柴田 7-2 東北学院榴ケ岡
・1回戦 柴田 7-0 白石(7)



センバツ高校野球 2021年

2021年春のセンバツ高校野球は、3月19日(金)に開幕し、31日(水)=決勝の日程で開催予定。休養日は、準々決勝翌日と準決勝翌日となる。

出場校数(出場枠)は例年通り。北海道=1、東北=2、関東東京=6(関東4・東京1・比較1)、東海=2、北信越=2、近畿=6、中国四国=5(中国2・四国2・比較1)、九州=4、明治神宮大会枠=1、21世紀枠(東日本1・西日本1・地域限定なし1)=3の合計32チーム。※明治神宮大会中止に伴う変更は別途議論予定

【センバツ2021年の大会日程】
・11月から順次〜 47都道府県の21世紀枠推薦校発表
・12月11日(金)全国9地区の21世紀枠推薦校発表
・1月29日(金)出場校決定 ※選考委員会
・3月12日(金)組み合わせ抽選会
・3月19日(金)開幕
・3月27日(土)準々決勝
・3月28日(日)休養日
・3月29日(月)準決勝
・3月30日(火)休養日
・3月31日(水)決勝
・8月09日(月)夏の甲子園が開幕

【センバツ2021年の特集ページ】

スポンサー リンク