大阪桐蔭 前田悠伍 出場投手1位の防御率を誇る世代最強サウスポー|出身・経歴

大阪桐蔭 前田悠伍 出場投手1位の防御率を誇る世代最強サウスポー

⭐️センバツ2022 注目選手•ドラフト候補⭐️

大阪桐蔭 前田悠伍(1年)は、最速ストレートは145キロを誇り、高い奪三振能力を持つ。センバツ2022年出場投手No.1の”防御率0.78”を誇る世代最強クラスのサウスポー投手だ。注目ポイントは、以下の通り。※学年は2022年3月時点、数字は2021年秋季時点

◆センバツにつながる2021年秋季大会では、チーム最多11試合(計57回2/3)を投げて、防御率0.78(出場選手1位)・奪三振51(同9位)・与死四球14と圧倒的な成績を残した。優勝した明治神宮大会では、全3試合に登板して17奪三振・3失点と圧巻な成績を残し、鮮烈な全国デビューを果たした。冬場は23mの距離から投げ込み、球の力を磨き上げる。

◆打者としても、打率.348・打点7・本塁打1本(天理戦で3ラン)と打撃センスの高さを持つ。

◆小学生時代は、オリックスジュニアに選出。中学時代は湖北ボーイズでプレーし、1年時にカル・リプケン12歳以下世界少年野球日本代表に選出され、世界一を経験。大阪桐蔭では、21年夏の甲子園でボールボーイを務めた。

前田悠伍 プロフィール経歴

・名前の読み方:まえだ ゆうご
・身長・体重:180cm・77kg
・生年月日:2005年8月4日
・50m走:6.5秒
・出身中学:長浜市立高月
・出身チーム:湖北ボーイズ
・趣味:音楽鑑賞
・好きな選手:今永昇太
・好きな球団:巨人
・将来の夢:プロ野球選手
・好きな食べ物:焼肉
・嫌いな食べ物:辛い物
・好きな芸能人:永野芽郁


⭐️センバツ2022「大阪桐蔭チーム特集」⭐️
センバツ日程・結果  ②注目選手(全32校)
優勝候補&大会展望  ④試合毎の見どころ
ベンチ入りメンバー  ⑥前売券チケット