花巻東 佐々木麟太郎 驚異的ハイペースで本塁打量産中|出身・経歴

花巻東 佐々木麟太郎 本塁打数を量産中の超高校級スラッガー

⭐️センバツ2022 注目選手•ドラフト候補⭐️

花巻東・佐々木麟太郎(1年)は、1年生ながら”高校通算56本塁打(センバツ開幕前)”の記録を持つ超高校級スラッガーだ。注目ポイントは、以下の通り。※学年は2022年3月時点、数字は2021年秋季時点

◆高校通算本塁打数の最多記録111本を持つ早実清宮(日本ハム)は1年時は22本。佐々木の量産ぶりがいかにハイペースかがわかる。歴代高校通算本塁打ランキングはこちら

◆2021年の秋季大会では打率.435・本塁打6本(出場選手1位)・打点23(同4位)。秋までの高校通算本塁打は50本(公式戦12本、練習試合38本)を誇る。

◆秋季岩手大会では決勝を含めて3試合連続本塁打、東北大会では初戦で通算47号となる2ランを記録。その後、明治神宮大会では打率.600、2本塁打(國學院久我山戦でソロ、広陵戦で3ラン)、9打点と、全国区で鮮烈なデビューを果たした。

◆父の佐々木洋監督が指揮する花巻東には「野球だけでなく、人としても成長できる環境。自分はここでプレーしたい」という想いを持ち、入学を決意した。中学時代は生徒会長。名前は勝海舟の幼名に由来する。好きな教科は日本史。

◆2021年12月に胸郭出口症候群(中学2年から腕や手にしびれ)の手術し、2022年2月中旬から徐々に練習へと復帰。


◆参考データ:2022年秋季大会での打撃成績
・岩手大会(4試合):16打数6安打、打率.375
          3本塁打、8打点、5四死球
・東北大会(4試合):13打数5安打、打率.385
          1本塁打、4打点、5四死球
・神宮大会(3試合):10打数6安打、打率.600
          2本塁打、9打点、2四死球

佐々木麟太郎 プロフィール経歴

・名前の読み方:ささき りんたろう
・身長・体重:183cm・117kg
・生年月日:2005年4月18日
・50m走:6.9秒
・出身中学:北上市立江釣子中
・出身チーム:金ヶ崎シニア
・趣味:温泉
・好きな選手:大谷翔平・菊池雄星
・好きな球団:なし
・将来の夢:メジャーリーガー
・好きな食べ物:お米
・嫌いな食べ物:なし
・好きな芸能人:なし
・ニックネーム:りんたろう


⭐️センバツ2022「花巻東チーム特集」⭐️
センバツ日程・結果  ②注目選手(全32校)
優勝候補&大会展望  ④試合毎の見どころ
ベンチ入りメンバー  ⑥前売券チケット