【夏の甲子園】誉(ほまれ) 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

誉(ほまれ) 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学
1 山口伶生(3年)丹陽(愛知)
2 林山侑樹(3年)品野(愛知)<主将>
3 吉田卓矢(3年)誠風(大阪)
4 手塚陸斗(2年)城東(愛知)
5 内田力斗(3年)浅井(愛知)
6 沢野聖悠(3年)大曽根(愛知)
7 坂又宗太(3年)福泉(大阪)
8 松田龍二(3年)春日(愛知)
9 坂拓斗(3年)登龍(愛知)
10 杉本恭一(3年)訓原(愛知)
11 吉永祥吾(3年)応時(愛知)
12 小泉純一郎(3年)春日井・西部(愛知)
13 菊野塁椰(3年)藤浪(愛知)
14 岩崎由弥(3年)柏原(愛知)
15 谷口智哉(3年)羽鳥・中央(岐阜)
16 菅野立成(2年)坂下(愛知)
17 畠中大雅(2年)味岡(愛知)
18 大野蓮(3年)大野(岐阜)



誉チーム紹介

愛知:春夏通じて初出場

<地方大会のチーム成績>
全8試合 失点20 打率.304
本塁打2 盗塁5 失策7

◉チームの特長:初出場。4回戦では愛工大名電を、準決勝で中京大中京を撃破。春センバツ王者の東邦を破った星城を準々決勝で下し、全国最多188チームが出場した戦国・愛知大会を制す。

読み方は「ほまれ」。「尾関学園」として83年に開校し、09年に校名を変更。校名は「何度も口ずさみたくなるような音の響きと名前のインパクトが決め手」と尾関俊長(校長)談。チームは、山口伶生・杉本恭一の継投、プロ注目の遊撃手・澤野聖悠に注目。




矢幡監督は街の電器屋さんを経営。1990年に美濃加茂高校のエースとして夏の甲子園に出場。背番号12は小泉純一郎。兄は「洸太郎」。小・中学校時代のあだ名は「首相」だという。

また、誉のアルプスには、センバツ優勝の東邦と同じ小牧市内にある小牧工業高校の吹奏楽部が友情応援に駆けつける。小牧工業ブラバンは、「作業着とヘルメット姿」での演奏に注目。東邦はセンバツで大阪桐蔭の友情応援を受けていた。

◉学校紹介:1983年(昭58)創立の私立校。09年に尾関学園から改称。生徒数364人(女子123人)。野球部も83年に創部。部員数は63人(マネジャー1人)。甲子園出場は春夏通じて初。主なOBは元巨人松沢裕介、元ソフトバンク伊藤大智郎。所在地は愛知県小牧市大字本庄字郷浦2613の2。尾関俊長校長。

スポンサー リンク