【高校野球】投球制限・球数制限と申告敬遠のルール(2020年春から導入開始)

高校野球 投球制限と申告敬遠のルールまとめ

2020年の春の高校野球から「投球制限」と「申告敬遠」が導入される。改めてもう一度ルールのポイントを確認しておく。

◉1人の投手の投球数が1週間で500球に達した場合(登板中に達した場合は打者との対戦が完了するまで)、それ以上投げることを認めない。

◉運用ルールについて。試合前のメンバー表交換時に、大会本部が両チームに過去6日間の試合で登板した投手の投球数が記された表を配布する。チームはどの投手があとどれだけ投げられるかを確認して、試合に臨む。

グラウンドでの運用は、審判にゆだねられる。登板中の投手の1週間の総投球数が450球前後になったところで、幹事審判が球審に連絡。500球に到達した場合、球審がその打者との対戦完了後、ベンチに投手交代を促す。降板した投手は再登板できない。そして試合後。公式記録を用いて、再び両チームに各投手の投球数を確認してもらう。

◉降雨などノーゲーム、再試合となった試合の投球数も制限にカウントする。

◉当初の日程から雨天などにより試合数が増えた場合でも、1週間内の投球数を500球を超えることはできない。

◉(参考)甲子園球場のバックスクリーンに投球数を表示予定

◉申告敬遠は、申告すれば投球せず故意四球に出来る。申告する場合は伝令に限り、カウント途中からでも適用できて、申告後はその打者への球数は加算されないほか、打者は必ず打席にいったん入る。

導入される対象の大会

・対象となる試合は、春夏の甲子園や地方大会の全公式戦

・今後、3年間は試行期間となり、翌年からルール化の方針

その他

・投手の障害を予防するため3連戦を回避する日程を設定する。ただし、雨天などによる日程変更の場合は3連戦になることはやむを得ない。

・金属製バットの見直しにも着手。最大径を67ミリから64ミリへ、木製に近いものにすることを目指す方向性の議論もなされる可能性がある。早ければ2021年の春から導入したい意向だが、ずれ込む可能性もある。

導入される主な取り組み

(1)1人の1週間の総投球数を500球以内(500球となる打者完了まで投球可能)
(2)原則として3連戦を回避
(3)投球せずに敬遠できる「申告敬遠」導入
(4)健康調査票を配布し障害の有無把握
(5)障害に関する情報を共有できる環境づくり
 ※試行期間は3年。夏の地方大会でデータを収集し検討する 

スポンサー リンク