【飛ばない金属バットとは】導入開始は2022年、完全移行は2024年

高校野球 飛ばない金属バット 導入開始

高校野球における「飛ばない金属バット」の導入について

<導入時期>
・2024年のセンバツ、各春季大会から完全適用
・2022年と2023年の2年間は移行期間
※以降期間は現在の金属バットと並行して使用が可能

<主な変更点>
・現行の最大直径67mm未満から64mm未満に(-3mm)
・打球部の素材の厚さを約3ミリから約4ミリに(+1mm)
・バットの重量は900グラム以上で変更はない
・打球は従来よりも5m〜6m飛ばなくなる見通し

<その他、導入されること>
・顎ガードつきヘルメットの使用が可能

<導入の理由>
・2019年の第101回全国高校野球選手権で、投手が顔に打球を受けて骨が折れる大けがを負ったこと(=岡山学芸館の投手が打球を顔面に受けて骨折)。このほか、投手の安全確保、(打者有利の現状から)投打の力のバランスをできるだけ均一とすること、などが挙げられている。