【飛ばない金属バット】高校野球導入開始は2022年、完全移行は24年

飛ばない金属バット 導入開始へ

高校野球「飛ばない金属バット」導入について

<導入時期>
・2024年のセンバツ&各春季大会から完全適用
・2022年と2023年の2年間は移行期間
※以降期間は現在の金属バットと並行して使用が可能


<主な変更点>
・現行の最大直径67mm未満から64mm未満に(-3mm)
・打球部の素材の厚さを約3ミリから約4ミリに(+1mm)
・バットの重量は900グラム以上で変更はない
・打球は従来よりも5m〜6m飛ばなくなる見通し


<その他、導入されること>
・顎ガードつきヘルメットの使用が可能


<導入の理由>
・2019年の第101回全国高校野球選手権で、投手が顔に打球を受けて骨が折れる大けがを負ったこと(=岡山学芸館の投手が打球を顔面に受けて骨折)。このほか、投手の安全確保、(打者有利の現状から)投打の力のバランスをできるだけ均一とすること、などが挙げられている。

👉各地の大会日程・結果を調べる👉

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体 U18
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
===================================
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京 神奈川
長野 新潟 富山 石川 福井
静岡 愛知 岐阜 三重
滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫
岡山 広島 鳥取  島根 山口
香川 徳島 高知 愛媛
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
高校生の進路進学先全国「高校別」進路