【選手名簿】磐城 野球部ベンチ入りメンバー2019/秋季東北大会

【選手名簿】磐城 野球部ベンチ入りメンバー2019/秋季東北大会

2019年の高校野球・秋季東北大会におけるベンチ入りメンバーは以下の通り。

<背番号・名前・投打・学年>
1 沖政宗 右/右 2年
2 岩間涼星 右/右 2年
3 小川泰生 右/右 2年
4 今野颯良 右/左 1年
5 首藤瑛太 右/右 1年
6 市毛雄大 右/右 2年
7 樋口将平 右/左 2年
8 草野凌 右/右 2年
9 竹田洋陸 左/左 2年
10 清水真岳 右/左 2年
11 佐藤綾哉 右/右 1年
12 國府田将久 左/左 1年
13 馬上斗亜 右/右 2年
14 上田賢 右/右 1年
15 白土遥也 右/右 2年
16 菅波陸哉 右/右 2年
17 野田和孝 右/右 2年
18 栁澤諄 右/左 1年
19 鈴木隆太 右/右 1年



磐城、秋季東北大会27年ぶり白星…県屈指の進学校、部員19人で快進撃

10/12(土)スポーツ報知
<秋季高校野球 東北大会>
・1回戦 磐城6―0東海大山形(10月11日・花巻)

1回戦で12年ぶりの出場となった磐城(福島3位)が東海大山形(山形3位)に6―0で快勝。エース右腕・沖政宗(2年)が8安打を許したが、丁寧な投球で114球完封を果たし、1992年以来、27年ぶりの秋季東北大会白星を挙げた。

114球の完封劇。東海大山形の強力打線に8安打を許し、9回には2安打と死球で招いた無死満塁のピンチを凌ぎきり「まずはホッとした気持ち。打たれて当たり前という気持ちで投げていたけど、完封できて良かった」と笑顔で振り返った。

1971年夏に甲子園準優勝を果たしている県屈指の進学校は、聖光学院など私学の台頭もあり、県大会で上位に食い込めずに苦しんできた。今秋も部員はわずか19人だが、小学生時代に楽天ジュニアでプレーした経験のある沖を中心に躍進。右腕は「(新チームで)30試合くらいは経験して負けたのは6試合くらい。19人全員で戦うチームが出来ていると思う」と言う。

秋2勝となれば、東北王者となった1973年大会以来46年ぶり。公立対決を制して、悲願のセンバツ初出場に一歩近づける。



秋季東北大会2019 特集ページ

2019年の高校野球・秋季東北大会は、岩手県を舞台に10月11日(金)〜16日(水)の期間に開催。

◉組み合わせ日程・試合結果

2020年(来春)のセンバツは、北海道=1、東北=2、関東・東京=6、東海=2、北信越=2、近畿=6、中国・四国=5、九州=4、明治神宮大会枠=1、21世紀枠=3の合計32チーム(例年通り)が出場。

◉ベンチ入りメンバー(出場校リンク)
青森大会①青森山田 ②弘前東 ③東奥義塾 
岩手大会①盛岡大附 ②花巻東 ③一関学院
秋田大会①能代松陽 ②明桜 ③秋田商業
山形大会①鶴岡東 ②日大山形 ③東海大山形
宮城大会①仙台育英 ②仙台商業 ③仙台城南
福島大会①学法福島 ②福島成蹊 ③磐城
楽天トラベルで周辺ホテル予約

スポンサー リンク