【高校野球】練習試合など対外試合禁止・解禁期間はいつまで?12月1日〜3月7日まで|解禁日程は3月8日

対外試合禁止の期間はいつまで?

高校球児、そして高校野球ファンにとっては長い冬がやってくる。

高野連は例年12月1日から翌3月7日までを「対外試合禁止期間」と定めている。この期間は練習試合を含めて対外試合は禁止となる。

対外試合禁止期間:12月1日〜3月7日まで|解禁は3月8日

対外試合が解禁されるのは3月8日から。

公式戦については3月19日から。
※3月19日が日曜日の場合は、日本高野連の承認を得ることで3月19日にも公式戦が開ける。
(出典:毎日新聞)

この約3か月半の対外試合禁止期間では、高校球児たちは基礎体力の充実を測ったり、抱えている怪我の治療に専念するなどする。

「スポンサーリンク」

対外試合禁止期間

  • 12月1日〜3月7日まで禁止
  • 3月8日から対外試合解禁(練習試合)
  • 3月19日※or20日から公式戦解禁

  ※3月19日が日曜日の場合

対外試合禁止期間がある理由

(1)地域間格差の解消
冬場になると、地域によっては雪などの影響で他のチームと練習試合をすることが困難となる。
一方で、暖かい地域では練習試合が実施可能(=実力差が付く懸念)となるため、この不平等さを無くすためが理由の1つ。

(2)故障対策、学業専念・教師負担の軽減など
高校球児たちが肩や肘を使いすぎないようにする配慮でもある。
また、野球に偏りすぎずに「学業」にも力を入れてほしいという意図もある。

スポンサー リンク