《國學院久我山》野球部メンバー2022年⚡️センバツ

國學院久我山 野球部 センバツ2022年

センバツ2022年 國學院久我山 野球部 特集!
ベンチ入りメンバー・戦歴・成績・注目選手
日程•結果名簿注目選手大会展望見所

⭐️秋季大会の主な戦歴:東京都大会では、準々決勝・帝京戦を7-4、準決勝・日大三戦を14-3(5C)で勝利。勝てば選抜当確となる決勝・二松学舎戦では、1-3と2点差を追う9回裏2死まで追い込こまれるも、2死満塁から4番成田陸(2年)が走者一掃となる決勝打を放って4x-3のサヨナラ勝利で優勝。11月にイチロー氏から受けた指導を生かし、センバツでの初勝利を目指す。なお、イチロー贈呈のバットを最初に振ったのは控えの鈴木勇司(1年)だ。 【戦歴:東京大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️チーム紹介サマリー:”1本出せよ”の大応援に後押しされる攻撃陣は、瞬足を持つ上位打線が活発だ。1番齋藤誠賢(2年)が打率.500・打点9・本塁打1本、2番木津寿哉(1年)が打率.483・打点8・盗塁6個(出場選手8位・50m6.0秒)、3番上田太陽主将(2年)がチーム最多9盗塁(同3位)と、”機動力”を生かした攻撃を見せる。決勝でサヨナラ打を放った勝負強い4番成田陸(2年)に続き、恐怖の5番下川邉隼人(2年)は、打率.371・打点12・本塁打2本(打点・本塁打は共にチーム1位)と力がある。投手陣は、最多イニングを登板した右腕の成田陸(2年)が、6試合(計35回)を投げて防御率1.03(出場選手5位)と安定。左腕の渡邉建伸(2年)は5試合(18回)を投げて防御率3.50も、明治神宮大会・花巻東戦(3-6で敗戦)では先発して5回0/3を2失点と好投した。このほか左腕・松本慎之介(2年)らが控える。



センバツ甲子園ベンチ入りメンバー

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

⭐️センバツ2022年 戦歴結果レポートはこちら

【センバツ2022 甲子園ベンチ入りメンバー】
===背番号 名前 投打 学年 出身中 ⭐️主将===

0成田陸   右/右 2年 国分寺市立第二中
02 吉川侑杜  右/右 2年 埼玉・狭山市立柏原中
03 鈴木勇司  右/左 1年 山梨・山梨市立南中
04 上田太陽  右/右 2年 三鷹市立第一中⭐️

05 萩野颯人  右/右 1年 日野市立日野第四中
06
下川邉隼人 右/右 2年 武蔵野市立第四中
07 大野良太  左/左 2年 江戸川区立松江第二中

08 齋藤誠賢  右/左 2年 千葉・富里市立富里北中
09 木津寿哉  左/左 1年 私立駿台学園中
10 松本慎之介 左/左 2年 私立國學院大久我山中
11 渡邉建伸  左/左 2年 墨田区立錦糸中

12 高橋昴聖  右/右 1年 神奈川・相模原市立大野南中

13 鈴木航生  右/右 2年 神奈川・相模原市立小山中
14 橋本大豊  右/右 2年 八王子市立長房中
15 松本宗二郎 右/左 1年 埼玉・長瀞町立長瀞中
16 宮城那洋  右/左 1年 埼玉•越谷市立武蔵野中
17 佐野大和  左/左 2年 八王子市立第二中
18 酒井洸明  右/右 2年 三鷹市立第一中

⭐️センバツ全出場校 選手名簿ページ[選手名鑑]



[チーム紹介] 注目選手•投手力•攻撃力

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

⭐️【センバツ:秋公式戦成績データ】スポーツ紙評価:A=1、B=4、C=0。打率:.346(14位)、平均得点:7.8点(13位)、本塁打:3本(13位)、平均盗塁数:2.4個(5位)、防御率:2.35点(17位)、平均失点数:2.7(14位)、平均失策数:0.8(13位) ※平均は1試合平均、(カッコ内)=32校順位 【戦歴:東京大会(優勝)明治神宮大会(初戦)


⭐️攻撃力:チーム打率.346(14位)、平均得点7.8点(13位)、平均盗塁2.4個(5位)1番齋藤誠賢(2年)が打率.500・打点9・本塁打1本、2番木津寿哉(1年)が打率.483・打点8・盗塁6個(出場選手8位・50m6.0秒)と好調で、上位打線から攻撃のリズムを作る。3番上田太陽主将(2年)は走攻守揃った頼れるリーダーで打率.267もチーム最多9盗塁(出場選手3位)を記録。4番を任された成田陸(2年)は打率.267・打点7ながら、決勝・二松学舎戦では逆転サヨナラ打を放つなどチャンスに強い。恐怖の5番打者・下川邉隼人(2年)は、打率.371・打点12・本塁打2本(打点・本塁打は共にチーム1位、花巻東戦でソロ弾)と力がある。


⭐️投手力:チーム防御率2.35(17位)。尾崎監督は「完投はできなくても7人の多彩な投手がいることがチームの武器」と語る。最多イニングを投げた右腕の成田陸(2年)は6試合(計35回)を投げて防御率1.03(出場選手5位)と安定し、予選から都大会1回戦まで完投。成長著しいサウスポーの渡邉建伸(2年)は5試合(18回)を投げて防御率3.50。明治神宮大会では花巻東戦(3-6で敗戦)で先発し、5回0/3を投げて2失点の好投を見せた。最速130キロ左腕の松本慎之介(2年)は、4試合(計14回)を投げて防御率4.50を記録し、ダイヤのA沢村のような動く直球が持ち味だ。


⭐️個人成績ランク(トップ10以内):右腕の成田陸(2年)は防御率=1.03(5位)、与四死球数=11個(7位)。2番木津寿哉(1年)は盗塁数=6個(8位)。3番上田太陽主将(2年)は盗塁数=9個(3位)。[順位は出場選手中|個人成績ランキング]



[戦歴] センバツ2022年

大阪桐蔭 13-4 國學院久我山 ※準決勝
大阪桐蔭|305|102|020|=13
久我山|000|002|002|=4

======試合結果・総評レポート========
大阪桐蔭國學院久我山に13-4で勝利。計19安打を記録し、3番松尾汐恩(2年)は今大会自身初となる2ランなど5打数4安打2打点と躍動。4番丸山一喜(2年)は5打数3安打4打点とこの日も活躍が光った。先発の背番号10川原嗣貴(2年)が7回を被安打5・死四球1・奪三振8・計92球と好投し、残る2回をエース別所孝亮(2年)がしめた。國學院久我山は、渡辺建伸(2年)、松本慎之介(2年)、成田陸(2年)の「3本の矢」が継投。守備陣の失策は0。攻撃では、6回裏と9回裏に「一本出せよ」の声援を受けて2点ずつを奪う粘りを見せた。


星稜 2-4 國學院久我山 ※準々決勝
星稜|000|200|000|=2
久我山|000|040|00x|=4 

======試合結果・総評レポート========
國學院久我山が4-2で星稜に勝利。2点を追う5回裏、出塁した先頭打者を犠打で送ると、1番斎藤誠賢(2年)が「一本だせよ」に乗せてタイムリーを放ち1点、相手失策から1点を奪い2-2の同点。さらに、4番下川邊隼人(2年)が弾丸ツーラン本塁打を放ち4-2とした。投げてはエース成田陸(2年)が5回を、その後は背番号11渡辺建伸(2年)が9回途中までを投げ、ピンチの場面で登板した背番号10松本慎之介(2年)が強気の投球で試合を締めた。敗れた星稜は、武内涼太(1年)が先発し4回1/3を被安打1・死四球5。その後はマーガード真偉輝キアン(2年)が登板し2ランを浴びた。2年分の先輩の想いを背負い、3月末に勇退する林監督と日本一長い春を目指したがベスト8で聖地をあとにした。


國學院久我山 6-3 高知 ※2回戦
久我山|200|020|020|=6
高知 |001|000|011|=3

======試合結果・総評レポート========
國學院久我山が6-3で高知に勝利。バントが武器となり、序盤・中盤・終盤に2点ずつを奪った。1回表には2連打でチャンスを作るとスクイズと失策から2点。5回にもスクイズで1点、3番木津寿哉(1年)の3塁打で1点。8回には松本慎之介(2年)と萩野颯人(1年)の安打で2点を奪った。投げては、背番号11の左腕渡邉建伸(2年)が4回を被安打3・失点1、背番号10の左腕松本慎之介(2年)が5回を被安打6・失点2と好投し、粘る高知を振り切った。敗れた高知は、背番号1山下圭太(2年)・背番号9川竹巧真(2年)・背番号16中嶋奏輔(1年)の3人が代わる代わる継投。打者に専念した高橋友(2年)は2打点と活躍。9回裏には1死満塁のチャンスを作るも、1点を返すにとどまった。


有田工 2-4 國學院久我山 ※1回戦
有田工業|000|100|010|=2
久我山|101|001|10x|=4 

======試合結果・総評レポート========
國學院久我山が4-2で有田工業に勝利。エース成田陸(2年)が被安打7・死四球3・奪三振7・計126球で完投、自らバットでは3打数2安打・2打点と投打で活躍が光った。失策3を記録するも、ナインがカバーし合いながら接戦をものした。敗れた有田工業は、エース塚本侑弥(2年)が4失点の力投。8回には「俺たちの8回」の合言葉通り、1点を奪う粘りを発揮。主将の上原風雅(2年)は4回と8回にタイムリーを放つなど4打数3安打2打点とチームを牽引してみせた。



[チーム成績] 秋の公式戦データ集

日程•結果名簿注目選手大会展望見所

【秋の戦歴:東京大会(優勝)明治神宮大会(初戦)
⭐️スポーツ紙評価:A=1、B=4、C=0
⭐️打撃/攻撃力データ=========
・打率   :.346(14位) [平均.328]
・得点   :70点(12位) [平均69.2点]
・平均得点 :7.8点(13位) [平均7.1点]
・本塁打  :3本(13位) [平均4.3本]
・平均本塁打:0.3本(15位) [平均0.4本]
・盗塁数  :22個(6位) [平均15.8個]
・平均盗塁数:2.4個(5位) [平均1.7個]
⭐️投手/守備力==============
・失点   :24(13位) [平均25.6]
・平均失点数:2.7(14位) [平均2.8]
・防御率  :2.35点(17位) [平均2.4点]
・平均防御率:0.3点(17位) [平均0.3点]
・失策数  :7(13位) [平均8.1]
・平均失策数:0.8(13位) [平均0.9]
⭐️参考データ===============
※試合数:9戦8勝1敗
※部員数:60人(10位)
※[平均]:出場32チーム平均 [全出場校のデータ集]

[個人成績] 秋の公式戦 上位ランキング

🏆個人成績ランキング(出場選手における上位成績者)🏆
=====以下の学年は、新学年を指す=================
成田陸   3年 防御率=5位:1.03(計6試合/計35回)
・成田陸 3年   与四死球数=7位:11個(計6試合/計35回)
・成田陸 3年   与四死球(1回あたり)=18位:0.31個
・木津寿哉  2年 打率=14位:.483(29打数14安打)
・木津寿哉 2年  盗塁数=8位:6個(9試合) 6.0秒
・齋藤誠賢  3年 打率=11位:.500(36打数18安打)
下川邉隼人 3年 本塁打数=16位:2本(9試合)
・上田太陽  3年 盗塁数=3位:9個(9試合) 6.2秒
※順位は出場選手におけるランキング[個人成績データ集]



[リンク集]センバツ2022年 特集ページ

⭐️センバツ2022年の各種特集ページ⭐️
日程•結果名簿注目選手大会展望見所


⭐️センバツ2022年の出場校特集ページ⭐️
・北海道/東北:クラーク 花巻東 聖光学院
・関東 /◉◉明秀日立 山梨学院
・関東 /◉◉木更津総合 浦和学院
・東京 /◉◉國學院久我山 二松学舎
・北信越/東海:敦賀気比 星稜 日大三島 大垣日大
・近畿 /◉◉大阪桐蔭 和歌山東 天理 金光大阪
・近畿 /◉◉京都国際 市立和歌山 東洋大姫路
・近畿 /◉◉近江(京都国際辞退による補欠出場)
・中国/四国 :広陵 広島商業 高知 鳴門 倉敷工業
・九州 /◉◉九国大付 大島 有田工業 長崎日大
・21世紀枠/只見 丹生 大分舞鶴


⭐️秋季地区大会2021年の結果一覧⭐️
明治神宮大会北海道東北関東東京
北信越東海近畿 |中国四国九州



明治神宮大会2021年 戦歴結果

⚡️特集ページ:明治神宮大会の日程・結果

國學院久我山(東京) 3-6 花巻東(東北) ※初戦
國學院久我山|011|010|000|=3
花巻東・・・|101|000|40x|=6

==============================
⭐️試合総評⭐️花巻東が6-3で國學院久我山に勝利。エース萬谷大輝が9回を完投し、被安打8・与死四球3・奪三振5・失点3(計144球)で完投。1回裏、1年生佐々木麟太郎のソロ本塁打(通算48号)で1点を先制。1点を追う3回裏には3番佐々木の犠牲フライで2-2の同点。さらに1点差を追う7回裏には、9番熊谷の3塁打、1番宮澤・2番渡辺が連続四球から1死満塁とし、3番佐々木の犠牲フライで3-3の同点、続く4番田代主将・5番小澤・6番千葉の3者連続タイムリーで1点ずつを奪い6-3とした。1年生スラッガー佐々木麟太郎は、第1打席=ソロ本塁打(1点)、第2打席=犠牲フライ(1点)、第3打席=四球、第4打席=犠牲フライ(1点)と計3打点。敗れた國學院久我山は、背番号1渡邉建伸が5回0/3を投げて2失点と好投するも、7回裏に2番手の背番号10松本慎之介が連続四球などからピンチを招き、集中打を浴びた。攻撃陣は2回表に5番下川邉がソロ本塁打を放つ活躍を見せた。



秋季東京都大会2021年 戦歴結果

二松学舎 3-4x 國學院久我山 (神) ※決勝戦
二松学舎・・|001|100|010|=3
國學院久我山|000|000|013|=4x

=========================
⭐️試合総評⭐️國學院久我山が4x-3(サヨナラ)で二松学舎に勝利し、37年ぶり3回目の優勝!明治神宮大会へ出場&センバツ出場が有力に。國學院久我山は、2点差を追いかける9回裏に、1死から代打鈴木がヒットで出塁すると、1番齋藤が四球、2番木津が安打で続き、1死満塁のチャンスを作る。ここで3番上田は外野フライに倒れるも、4番成田陸がライトオーバーの走者一掃となる3点タイムリーを放ち、4x-3と劇的サヨナラ(1本出せよの応援を受ける)。この試合、2番木津寿哉は4打数4安打と活躍し、4番成田陸は8回裏に2塁打を放って反撃の狼煙を挙げると、9回裏には決勝サヨナラ打を放つなど4打数2安打3打点と活躍した。投げては、先発の背番号19渡邉が3回を被安打5・四球1・失点1、背番号10松本が残る6回を被安打5・四球2・失点2と力投した。敗れた二松学舎は、エース布施東海が9回を被安打11・四球2・奪三振4・失点4・計143球と力投するも、最後はサヨナラ打を浴びた。打者では、6番小林が4打数3安打2打点と活躍が光った。


◆國學院久我山の戦歴|秋季東京大会2021年
・決勝戦 :國學院久我山 4x-3 二松学舎
・準決勝 :國學院久我山 14-3 日大三(5)
・準々決勝:國學院久我山 07-4 帝京 

・3回戦 :國學院久我山0 9-0 日野台(7)
・2回戦 :國學院久我山 06-3 共栄学園 
・1回戦 :國學院久我山 10-3 日体大荏原(7)



東京都の高校球児 進路・進学先 

東京都
日大三 二松学舎 関東一 岩倉 桜美林 帝京
佼成学園 國學院久我山 国士舘 修徳 小山台
世田谷学園 創価  東亜学園 東海大菅生 堀越
東海大高輪台 日大豊山 日大二 八王子 明星
法政大高 早大学院 早稲田実業 立正大立正
雪谷 紅葉川 東京実業 東京成徳大 実践学園
日比谷 日大鶴ヶ丘 国分寺 立川 桐朋 高島
八王子実践 日本学園 上野学園 昭和第一学園
日野 工学院大 錦城学園 正則学園 明学東村山
安田学園 城西大城西 啓明学園 工学院 片倉
日大櫻丘 狛江 拓大一 大森学園 昭和第一
大東文化第一 淑徳 駿台学園 日体大荏原 
豊南 日大一 駒込