【夏の甲子園】関東一高 野球部ベンチ入りメンバー2019/出身中学・注目選手・チーム紹介

関東一高 夏の甲子園ベンチ入りメンバー2019

◉夏休み 甲子園ホテル予約(楽天トラベル)
◉前売券は「チケットストリート」でも
◉小型扇風機(手持ち用)で熱中症対策

【第101回・特集記事リスト】
◉組み合わせ日程・出場校一覧
◉優勝候補予想アンケート・展望 
◉今大会の注目選手・ドラフト候補

背番号・名前・学年・出身中学校
1 土屋大和 3年 上一色
2 野口洋介 3年 横川
3 平泉遼馬 3年 雪谷
4 村岡拓海 3年 出雲
5 金森優 3年 深川三
6 渋谷嘉人 3年 荏原一<主将>
7 平川嶺 3年 葛西
8 大久保翔太 3年 中根台(茨城)
9 重政拓夢 2年 伊藤学園
10 谷幸之助 3年 上柚木
11 市川祐 1年 四谷
12 谷口龍汰 3年 伊奈東
13 長嶋峻佑 3年 君津(千葉)
14 根崎仁人 3年 上一色
15 初谷健心 1年 ひよどり山
16 藤原雄斗 3年 平(神奈川)
17 藤松丈一郎 3年 深川二
18 吉安飛祐豪 3年 おゆみ野南(千葉)



関東一チーム紹介 

東東京:関東第一(私立)3年ぶり8度目

<地方大会のチーム成績>
全6試合 失点4 打率.390
本塁3 盗塁19 失策2

◉チームの特長:東東京大会で6戦19盗塁と機動力が魅力。ダブルエース谷幸之助・土屋大和は、6試合でわずか4失点の安定感を誇る。

チーム一の俊足である大久保翔太は、大会中7盗塁を決め、4年前のOBオコエが東東京大会で記録した6盗塁を上回る「オコエ超え」。ランニングホームランも記録したその足に注目。

4番・平泉遼馬は打率.500、高校通算本塁打は30本超え。

◉学校紹介:1925年(大14)に創立した私立校。生徒数は1854人(女子932人)。野球部は1927年に創部。部員数は71人。甲子園出場は春6度、夏8度で通算14度目。主なOBに楽天オコエ瑠偉、広島中村祐太、中日石橋康太。所在地は東京都江戸川区松島2の10の11。渋谷実校長。



関東第一 7-6 鶴岡東 8月17日(3回戦)

関東第一が競り勝ち、4強入りした15年以来4年ぶりの準々決勝進出。

鶴岡東は2回、山路将太郎の二塁打で1点を先制。関東第一は2回、村岡拓海の二塁打で同点。大久保翔太のセーフティー内野安打で1点を勝ち越した。さらに、大久保の二盗が敵失を誘い、もう2点追加。この回だけで4点。

鶴岡東は3回、竹花裕人の2ランで1点差に追い上げる。鶴岡東は6回、山路将太郎の右中間への二塁打で同点。さらに、相手投手の暴投などで2点を勝ち越した。

関東第一は7回、渋谷嘉人の中越えへの二塁打で1点差。さらに、平泉遼馬の左前適時打で同点。

関東第一は11回、2死一、三塁で平川嶺がサヨナラ打を放った。



関東第一 6-5 熊本工 8月14日(2回戦)

関東第一(東東京)が熊本工に競り勝ち、4強入りした15年以来の16強。

関東第一は3回裏、敵失で1点を先取。熊本工は4回表、内田雄大の右前適時打で同点に追いついた。その後、関東第一は5回裏、野口洋介の左前適時打で1点を勝ち越し、さらに、重政拓夢の左前適時打、初谷健心(1年)の右前適時打、敵失で3点を追加。この回、計4点を勝ち越した。

熊本工は7回表、山口環生の2点左前適時打、江川輝琉亜の中前適時打で計3点を加え、1点差に追い上げた。関東第一は7回裏、渋谷嘉人の犠飛で1点を加え、2点差に広げた。9回に関東第一は熊本工に1点差に詰め寄られたが逃げ切った。



関東第一 10-6 日本文理 8月10日(1回戦)

3年ぶり8度目出場の関東第一(東東京)が日本文理(新潟)に打ち勝ち、4強入りした15年以来の初戦突破。

日本文理は1回1死満塁から5番南隼人投手の中前適時打で先制した。3回、日本文理は2死二塁から南が左前に2打席連続の適時打を放ち、リードを広げる。

関東第一はその裏、1死から4番平泉遼馬がバックスクリーンにソロ本塁打を放って1点差に。さらに2死満塁から9番土屋大和投手が右越えの走者一掃の適時二塁打で4-2と逆転。

関東第一は5回表から土屋に代わって谷幸之助投手、日本文理は5回裏から南に代わって三塁手の長谷川優也(2年)がマウンドへ。

6回、関東第一は1死二塁から6番渋谷嘉人遊撃手の中前適時打でリードを2点に広げる。

日本文理は7回表、1死二、三塁から南の三ゴロの間に三塁走者の長坂が生還。1点差に。その裏、関東第一は1死二、三塁から3番平川嶺左翼手の中前2点適時打で9-6とした。関東第一は8回にも1点を加え10点を奪った。

スポンサー リンク