【結果】秋季北海道大会2021年 全試合結果一覧⚡️

高校野球 北海道大会 2021年

秋季北海道大会 高校野球 2021年 日程 速報 結果

・優勝=クラーク記念国際、準優勝=旭川実業
・初優勝のクラークが、センバツ出場決定
・参考:夏の北海道大会2021年の試合結果一覧

センバツ2022年 北海道地区 選考理由

⭐️2022年選抜選考委員会(1/29開催)における選考理由


“北海道大会を制したクラーク記念国際が選ばれた。変化球を要所に決めて2完投を記録した左腕・山中、力強い速球を武器に好投した右腕・辻田の二枚看板を中心に、5試合を4失策にまとめた堅実な守備が評価された。2年連続準優勝の旭川実が補欠1位、4強で好投手・門別を擁する東海大札幌が同2位に回った。” [主催者:毎日新聞の原文まま]



10月12日(火) 決勝戦

10:00 クラーク 3-1 旭川実業 (円) ※決勝戦
クラーク|100|001|100|=3
旭川実業|000|001|000|=1

——————————————
⭐️試合結果⭐️全国で最も早い地区大会の決勝戦は、クラークが3-1で旭川実業に勝利し初優勝!センバツの北海道出場枠は「1」となり、来春センバツ出場が有力となった。先発した背番号3の辻田旭輝が6回裏に一度マウンドから降りるも、9回裏途中から再登板。6回1/3を投げて被安打4・四球2・奪三振8と好投。中盤は、エース山中麟翔が投げ、2回2/3を被安打2・四球1・奪三振3と力投した。攻撃陣は、1年生の4番麻原草太、6番越智飛王、1番のキャプテン白取太郎が打点1を記録。出塁した走者を確実に犠打で進め、盗塁3を決めるなど機動力も光った。今大会、クラークは駒大苫小牧や北海などの強豪を撃破し、堂々の優勝。初戦・駒大苫小牧戦と2回戦・北海戦ではエース山中が2試合連続完投、準決勝・決勝では背番号3を背負う辻田旭輝が好投し、地区大会3試合はいずれも無失点、全道大会全5試合で6失点(1試合2点以上許さず)と投手陣が力を見せた。攻撃陣は、越智飛王(19年7月に同校の父母会長も務めていた父が他界)や新岡兄弟のほか、1年生の4番麻原や準々決勝で2ランを放った9番藤野(寮長)などの活躍が光った。一方の敗れた旭川実業は、エース佐々木聖和(せな)が8回を投げて被安打9・四球2・奪三振6と粘投するも、攻撃陣が6安打に抑えられた。決勝までの3試合はいずれも1点差ゲームの接戦を制するなど粘りの野球を見せた。



[過去の戦歴] 上位進出4チーム

①クラークの戦歴|秋季北海道大会2021年
・決勝戦  :クラーク 3-1 旭川実業
・準決勝  :クラーク 5-1 東海大札幌

・準々決勝 :クラーク 5-1 立命館慶祥
・2回戦  :クラーク 6-2 北海 
・1回戦  :クラーク 4-1 駒大苫小牧
—–地区大会——————————
・代表決定戦:クラーク 15-0 滝川工業(5)
・2回戦  :クラーク 04-0 深川西
・1回戦  :クラーク 29-0 岩見沢西(5)

②旭川実業の戦歴|秋季北海道大会2021年
・決勝戦  :旭川実業 1-3 クラーク
・準決勝  :旭川実業 4-3 国際情報

・準々決勝 :旭川実業 3-2 旭川明成
・2回戦  :旭川実業 5x-4 函館工業(11)
—–地区大会——————————
・代表決定戦:旭川実業 10-6 旭川西
・2回戦  :旭川実業 07-4 旭川大学
・1回戦  :旭川実業 11-1 旭川南(5)


◆国際情報の戦歴|秋季北海道大会2021年
・準決勝  :国際情報 3-40 旭川実業

・準々決勝 :国際情報 18-0 士別翔雲(5)
・2回戦  :国際情報 15-3 釧路江南(5)
・1回戦  :国際情報 13-1 遠軽(5)
—–地区大会——————————
・代表決定戦:国際情報 07-3 札幌月寒
・2回戦  :国際情報 10-3 山の手(8)
・1回戦  :国際情報 10-2 千歳

◆東海大札幌の戦歴|秋季北海道大会2021年
・準決勝  :東海大札幌 01-5 クラーク

・準々決勝 :東海大札幌 06-1 白樺学園 
・2回戦  :東海大札幌 10-3 札幌静修(7)
—–地区大会——————————
・代表決定戦:東海大札幌 07-6 札幌大谷
・2回戦  :東海大札幌 10-0 札幌北(5)
・1回戦  :東海大札幌 05-1 文教大附



10月10日(日) 準決勝

09:30 国際情報 3-4 旭川実業 (円) 
国際情報|001|020|000|=3
旭川実業|000|211|00x|=4

——————————————
⭐️試合結果⭐️旭川実業が国際情報に4-3で勝利し、決勝進出。3試合連続で1点差ゲームを制した。投手陣は、背番号7黒木・背番号10五十嵐・背番号1の佐々木の3投手が継投し、ここまで3試合連続2桁得点(計41安打・46得点)の国際情報打線に8安打を許すも、バックが堅守で支えた。敗れた国際情報は、1点を追う9回表に1死満塁のチャンスを作るも、あと一本が出なかった。また、守備では3つの失策が響き失点を招いた。/////⭐️試合経過⭐️国際情報(公立)はエース三浦隼太郎、旭川実業は背番号7の黒木巴瑠が先発。3回表、国際情報は2番三田村のタイムリーで1点を先制。4回表、国際情報は2つの四球と失策から1死満塁のチャンスを作るも無得点。4回裏、旭川実業は1死1・2塁から7番五十嵐のタイムリー(送球ミス絡む)で同点、さらに8番鈴木恋斗の2塁打で1点を奪い、2-1と逆転。5回表から旭川実業は3人目としてエース佐々木聖和(せな)に継投。5回表、国際情報は1死2・3塁のチャンスから6番三浦翼のタイムリーで2点を奪い、3-2と逆転。5回裏、旭川実業が2本の安打と四球から1死満塁のチャンスから、6番丹代の初球スクイズで3-3の同点。6回裏、旭川実業は相手の2つの失策から1点を奪い、4-3と勝ち越し。9回表、1点を追う国際情報は死球と2連打から1死満塁のチャンスを作るも、後続が続かずゲームセット。


12:10 東海大札幌 1-5 クラーク (円)
東海大札幌|100|000|000|=1
クラーク|000|013|10x|=5

——————————————
⭐️試合結果⭐️クラークが5-1で東海大札幌に勝利し、決勝進出。クラークは先発した背番号3の辻田旭輝が9回を一人で投げ抜き(計142球)、被安打7・四死球2・奪三振11の好投でチームを勝利に導いた。打っては7番の越智飛王が、5回に同点につながる2塁打、6回には2点2塁打を放つなど、4打数2安打2打点と活躍した。一方の東海大札幌は7安打を放つも1回表に相手のバッテリーミスで奪った1点にとどまった。/////⭐️試合経過⭐️東海大札幌はエース門別啓人、クラークは背番号3の辻田旭輝が先発。東海大札幌は1回表、ヒット2本などから2死1・3塁のチャンスを作ると相手バッテリーミスで1点を先制。5回裏、クラークは7番越智飛王の2塁打と9番新岡(兄)のタイムリーで1点を返し同点に追いつく。6回裏、クラークは6番藤野(寮長)が内野と外野の間に落ちるタイムリーを放ち、2-1と勝ち越し。さらに7番越智飛王の2点2塁打で2点を追加し、4-1。7回裏、東海大札幌は先発した背番号1 門別に代わり背番号2 唐川がマウンドへ。7回裏、クラークは先頭の2番金原が3塁打で出塁すると、相手バッテリーミスから1点を追加し、5-1とした。



10月4日(月) 準々決勝

09:30 旭川明成 2-3 旭川実業 (円) 
旭川明成|010|010|000|=2
旭川実業|020|100|00x|=3

——————————————
⭐️試合結果⭐️旭川実業が3-2で旭川明成に勝利。エース佐々木聖和が9回を完投し、被安打6・四死球1・奪三振9の好投でチームを勝利に導いた。1点をリードされた直後の2回裏、相手失策から1点、9番川田の安打で1点を奪い2-1と逆転に成功。さらに4回裏には9番川田が2塁打で出塁すると1番宮崎が2塁打を放ち1点を追加し3-1とした。対する旭川明成は、2回表に6番河瀬の2塁打で1点を先制。5回表には5番中村の安打で1点を返すも、試合を通じて6安打に抑えられた。


09:30 クラーク 5-1 立命館慶祥 (麻) 
クラーク|002|101|010|=5
立命館慶祥|000|001|000|=1

——————————————
⭐️試合結果⭐️クラークが5-1で立命館慶祥に勝利。注目投手のエース山中麟翔は、5回を投げて被安打1・四死球1・奪三振4で無失点と好投。その後、6回から背番号6 新岡に継投(1失点)、7回途中から背番号3 辻田が相手打線を無失点に抑えた。攻撃では、3回表に9番藤野(寮長を務める)の2ラン本塁打で2点を先制。その後、4回表に相手失策から1点、6回表に6番新岡の安打で1点、8回表に7番越智の安打で1点を奪い、合計5得点。一方の立命館のエース杉本は、9回を一人で投げ抜き被安打9・四死球1・奪三振1と力投を見せた。一方、守備では失策3、攻撃陣は4安打に押さえ込まれた。


12:10 国際情報 18-0 士別翔雲 (5)(円)
国際情報|001|34⑩|000|=18
士別翔雲|000|00000|=0

——————————————
⭐️試合結果⭐️国際情報が17安打18得点で士別翔雲に5回コールドで勝利。この試合では、1番高根・3番佐藤大和・7番白圡の3打者がいずれも4打点と活躍が光った。試合は3回表、3番佐藤大和の3塁打で1点を先制。4回表に、1番高根の2点安打と相手失策から1点を奪い、4-0。5回表に、6番三浦の犠牲フライで1点、押出四球で1点、さらに満塁から2番三田村の安打で2点を追加し、8-0。さらに6回表には、無死満塁から7番白圡の2塁打で2点、9番三浦の安打で1点、1番高根の安打で1点。なお1死満塁から、3番佐藤大和の走者一層となる3塁打で3点、4番関の2塁打で1点、7番白圡の3塁打で2点を追加し、この回合計10得点を奪い、18-0とした。


12:10 白樺学園 1-6 東海大札幌 (麻)
白樺学園|000|100|000|=1
東海大札幌|320|001|00x|=6

——————————————
⭐️試合結果⭐️東海大札幌が6-1で白樺学園に勝利。全道大会では初登板となるエース門別啓人が9回を一人で投げ抜き、被安打3・四死球1・奪三振12・1失点の好投でチームを勝利に導いた。打撃陣は、2番守野と4番唐川が本塁打を放つなど、1-2回の序盤に5点のリードを奪い、試合を優位に進めた。試合は1回裏、3番佐藤の2塁打で1点を先制すると、失策で1点、4番唐川の本塁打で2点を追加し、3-0。2回裏には2番守野の2ラン本塁打で2点を追加し、5-0。6回裏には2番守野の安打で1点を追加し、計6得点。一方の白樺学園は、4回表に4番金丸の犠牲フライで1点を返すも、合計3安打に抑えられた。



10月3日(日) 2回戦

09:30 北海 2-6 クラーク (円)
09:30 滝川西 0-5 旭川明成 (麻)
12:10 札幌第一 1-2 白樺学園 (円)
12:10 釧路江南 3-15 国際情報 (5)(麻)

10月2日(土) 2回戦

09:30 立命館慶祥 3-1 北照 (11)(円)
09:30 函館工業 4-5x 旭川実業 (11)(麻)
12:10 札幌静修 3-10 東海大札幌 (7)(円)
12:10 知内 1-2x 士別翔雲 (麻)

10月1日(金) 1回戦

09:30 苫小牧中央 0-5 滝川西 (円) 
09:30 クラーク 4-1 駒大苫小牧 (麻) 
12:10 札幌国際情報 13-1 遠軽 (5)(円)
12:10 白樺学園 9-4 帯広工業 (麻)

秋季全道大会2021年 組み合わせ

【秋季北海道大会2021年 出場校一覧】
・函館2:函館工業知内
・室蘭2:駒大苫小牧苫小牧中央
・札幌6:札幌第一立命館慶祥札幌静修

・札幌6:国際情報北海東海大札幌
・小樽1:北照
・空知2:クラーク記念国際滝川西
・旭川2:旭川明成旭川実業
・名寄1:士別翔雲
・北見1:遠軽
・十勝2:白樺学園帯広工業
・釧根1:釧路江南




北海道 高校球児の進路・進学先

【北海道】
北海 旭川大高 旭川実業 北照 クラーク
苫小牧中央 駒大苫小牧 札幌大谷 札幌日大
札幌第一 札幌光星 札幌創成 白樺学園 知内
東海大札幌 江陵 武修館 北星学園 北海道栄
北海道科学大学 札幌国際情報 北見北斗
とわの森三愛 札幌山の手 札幌龍谷 遠軽
釧路江南 旭川北 稚内大谷 鵡川 立命館慶祥
帯広農業 札幌新陽 札幌丘珠 北見柏陽
帯広緑陽 函館大学付属有斗 小樽水産
帯広北 旭川龍谷 旭川永嶺 富良野 別海
大野農業 小樽双葉 

高校野球 日程・結果 [大会別]

センバツ 夏の甲子園 明治神宮 国体
東北 関東 北信 東海 近畿 中国 四国 九州
北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京
神奈川 長野 新潟 富山 石川 福井 静岡
愛知 岐阜 三重 滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫 岡山 鳥取 広島 島根 山口
香川 愛媛 徳島 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄 楽天トラベル

高校野球 強豪ランキング [大会別]

北海道 青森 岩手 秋田 山形 宮城 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 山梨 千葉 東京
神奈川 長野 新潟 富山 石川 福井 静岡
愛知 岐阜 三重 滋賀 京都 奈良 和歌山
大阪 兵庫 岡山 鳥取 広島 島根 山口
香川 愛媛 徳島 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本
大分 宮崎 鹿児島 沖縄 楽天トラベル