【選手名簿】近江高校 野球部ベンチ入りメンバー2019/春季近畿大会

近江・林11回完投 疲労なんの2度志願し自覚貫く

6/3(月) 日刊スポーツ

高校野球春季近畿大会
近江 7-5 神戸国際大付(決勝)

春季近畿大会決勝が2日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで行われ、近江(滋賀)が神戸国際大付(兵庫)を延長戦で下し、16年ぶりに優勝。U18日本代表候補の林優樹投手(3年)が延長11回を投げ、16安打5失点で完投勝利した。「自分で投げきろうと思っていた。粘りの投球ができた」

忘れられない言葉がある。昨夏の甲子園準々決勝で金足農業に2ランスクイズでサヨナラ負けを喫してから、数日後だった。新チームが発足し、監督室に呼ばれた。多賀監督から「目配り、気配り、心配りが大切」。「今でも覚えています」と林は言う。指揮官は「(あの試合は)回りを見られていなかった」と成長を促した。

多賀監督も「林の粘投につきます。1番の自覚、責任感が生まれた。林は1年生にとったら雲の上の存在。野球のことを伝えてくれるので助かっている。人としての成長につながっている」と目を細めた。



近江の住谷が逆転サヨナラ3ラン 智弁学園を破り16年ぶりの決勝

6/1(土) スポーツ報知

高校野球春季近畿大会
準決勝 近江3x―2智弁学園

近江(滋賀)が智弁学園(奈良1位)に逆転サヨナラ勝ちし、優勝した2003年以来、16年ぶりの決勝進出。0―2の9回無死一、二塁、3番の住谷湧也(3年)が右越えに3ランを放った。

「人生初」という逆転サヨナラ弾に「自分が決めてやろうと思った。最高に気持ち良かった」。

U―18日本代表候補左腕の林優樹(3年)は6安打2失点(自責1)11奪三振で完投。「野手陣が何とか点を取ろうと思っていた」と住谷。



近江高校 野球部ベンチ入りメンバー2019/春季近畿大会

背番号 選手名 投/打 学年
1 林優樹 左/左 3年
2 有馬諒 右/右 3年
3 板坂豪太 右/右 3年
4 見市智哉 右/右 3年
5 鈴木脩太 右/右 2年
6 土田龍空 右/左 2年
7 岡田拓也 右/右 3年 (抹消)
7 島田一世 右/右 2年 (新規登録)
8 住谷湧也 左/左 3年
9 近藤樹 右/右 3年
10 教野純之介 右/右 3年
11 藤居海斗 右/左 3年
12 本郷凌園 右/右 3年
13 安田侑矢 右/左 3年
14 溝畑雄大 右/左 2年
15 長谷川勝紀 右/右 2年
16 三浦聖太 右/左 3年
17 浅野太輝 右/左 3年
18 田中航大 右/右 2年 (抹消)
18 髙木大地 右/左 3年 (新規登録)
19 勝部風雅 右/右 2年
20 有本大士郎 右/右 3年

2019春季近畿大会日程
開催地:奈良県
開幕:5月25日(土)~6月2日(日)
組み合わせ抽選会:5月20日(月)
出場校:奈良3・他1校
球場:佐藤薬品スタジアム

出場校・ベンチ入りメンバー
滋賀大会:1位 近江
京都大会:1位 京都国際
奈良大会:1位 智辯学園 2位 郡山 3位 高田
和歌山大会:1位 智辯和歌山
大阪大会:1位 大商大高
兵庫大会:1位 神戸国際大附

スポンサー リンク