【高校野球】夏の東京大会 2020年は東京ドームで準決勝・決勝戦で開催【更新:神宮球場に変更へ】

2020年の高校野球・東京大会は東京ドームで準決勝・決勝戦

▶︎新着:甲子園中止に伴う夏の東京大会:最新情報はこちら

2020年夏の高校野球 東西東京大会、準決勝以降(6試合)は「東京ドーム」で開催される。東京五輪の影響を受け、神宮球場は、2020年7月6日(月)~9月13日(日)まで使用中止となる。「神宮球場」が使えるのは、開会式とその翌日だけの見通し。

ただし、東京オリンピックが1年程度延期が決定。これにより、東京ドームで予定通りに実施されるかには注目が集まる。使用できなかった神宮球場の使用が解禁されれば、神宮球場での開催に変更の可能性もある。




高野連では、東京五輪延期で、夏の東西東京大会で神宮球場を使用する日数を増やすように球場側に求めいる。

現時点での予定では、東京大会は、8月1日(土)に西東京準決勝、2日(日)に東東京準決勝、3日(月)に東西東京の決勝戦を行う予定。

ただ、ここにきて、神宮球場を本拠地とするプロ野球・ヤクルトは、主催試合として東京ドームで開催予定だった7月7日~9月6日までの間の4カード11試合の会場を「神宮球場」に変更することを発表。

ヤクルトの対応を踏まえれば、この夏も東京の高校球児は「聖地・神宮球場」でプレーする機会が例年通り設けられそうだ。

◉夏の東京都大会の日程
組み合わせ抽選会:6月20日(土)
開会式・開幕:7月4日(土)@神宮球場
準決勝:8月1日(土)西・8月2日(日)東 @東京ドーム
決勝戦:8月3日(月)東西決勝 @東京ドーム

スポンサー リンク