【春季四国大会】松山聖陵 野球部ベンチ入りメンバー2019/主将でエースの根本大蓮ら注目

春季四国大会2019・松山聖陵ベンチ入りメンバー

出場校・ベンチ入りメンバー
高知大会明徳義塾高知高校 
徳島大会徳島北富岡西
香川大会四国学院大香川西高松商業
愛媛大会松山聖陵今治西

背番号 選手名 投/打 学年
1 根本大蓮 右/右 3年
2 岸田明翔 右/右 2年
3 大村侑希 右/右 3年
4 田窪琉風 右/右 3年
5 坂本幸成 右/右 2年
6 後藤響 右/右 3年
7 新城健太朗 右/右 3年
8 折田玲 右/右 3年
9 市川尚樹 右/右 3年
10 平安山陽 右/右 2年
11 本永大 左/右 3年
12 小川諒大 右/右 2年
13 髙松亨有 右/右 2年
14 渡部龍弥 右/右 3年
15 伊佐龍之介 右/右 3年
16 宮川清次 右/右 3年
17 湧川輝星 右/右 3年
18 瀬尾侑霞 右/右 3年
19 三島勇愛斗 右/右 3年
20 松井翔磨 右/右 3年



松山聖陵(愛媛)センバツ2年連続2回目

センバツ/松山聖陵 1-4 大分高校

松山聖陵1-4大分(終了)
聖陵000 000 010=1
大分200 000 02X=4
【大】長尾
【聖】平安山、高松、根本

大分高校は、先発したエース・長尾凌我が粘り強い投球を見せ、松山聖陵を4ー1で振り切り、甲子園初勝利。初回、松山聖陵の先発・平安山陽の立ち上がりを攻め、1死一、二塁のチャンスに4番・中尾拓士がタイムリーツーベースを放ち、2点を先制。流れを引き寄せた。

【第5日 3月27日(水)】
国士舘 1-7 明石商業 (結果)
松山聖陵 1-4 大分 (結果)
啓新 5-3 桐蔭学園 (結果)
※開門時間:8時 第3試合 26,000人


チームの特徴

【主な成績】
・愛媛大会3位、四国大会準優勝

【チームデータ】
・部員:55人(マネ0)
・7勝2敗
・[率].330[本]2[防]2.88[盗]13
・スポーツ紙評価:B・B・B
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・チームの柱は、主将でエースの根本大蓮。身長188センチ、体重89キロ。その長身から最速136キロの直球を投げ込む。防御率は3.90。

【打撃力】
・打撃力強化に向け、冬場は1.2キロの金属バットと長さ110センチの竹バットで練習。

【トピックス】
・松山聖陵の中本恭平新監督(30)は、明徳義塾・馬淵監督のおい

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

背番号 選手名 投/打 学年/出身中学/中学時代の所属チーム
1 根本大蓮 右/右 3年 拓南【主将】
2 岸田明翔 右/右 2年 大阪・芝谷/高槻ボーイズ
3 大村侑希 右/右 3年 雄新
4 後藤響 右/右 3年 雄新
5 坂本幸成 右/左 2年 港南
6 田窪琉風 右/右 3年 沖縄・名護
7 新城健太朗 右/右 3年 沖縄・浦添
8 折田玲 右/左 3年 兵庫・西落合/神戸美蹴館ロケッツ
9 川口端午 右/左 2年 大阪・高槻第六/高槻ボーイズ
10 平安山陽 右/右 2年 沖縄・大宮
11 佐野幸輝 右/右 3年 大阪・梶/大阪畷ヤング
12 小川諒大 右/右 2年 愛知・岩倉/東海スラッガーズ
13 髙松亨有 右/右 2年 京都・精華西/南都ボーイズ
14 渡部龍弥 右/左 3年 松山西
15 宮川清次 右/右 3年 京都・西宇治/京都東山ボーイズ
16 湧川輝星 右/右 3年 沖縄・小禄/那覇ボーイズ
17 市川尚樹 右/左 3年 高浜
18 秀平琉晟 右/右 3年 大阪・如是/高槻ボーイズ

【特集記事リスト】
▷組み合わせ日程/対戦カード
▷ドラフト候補・注目選手
▷選手名簿・ベンチ入りメンバー
▷チケット前売券・当日券
▷開幕直前の練習試合結果
▷高校球児の注目進路・進学先

「スポンサーリンク」

注目は主将でエースの根本大蓮

2年連続のセンバツ出場が決まった松山聖陵で、主将とエースの2役を務めるのが根本だ。身長188センチ、体重89キロ。最速136キロの直球は威力十分で、スライダーやフォーク、チェンジアップなど変化球には落差がある。

冬場は砂浜での走り込みなどで下半身を強化。「スピードより、球のキレを出したい」と、センバツに向けてさらなる進化を図っている。松山聖陵は2016年夏に196センチの右腕・アドゥワ誠(広島)を擁して甲子園初出場。昨春は191センチ右腕・土居豪人(ロッテ)を中心にセンバツ初出場。2人の長身エースから背番号「1」。

出場決定直後に動画が投稿され監督処分へ

日本学生野球協会は2019年2月1日、高校・大学の不祥事を審査し処分を決める審査室会議を開き、春日部共栄・松山聖陵・龍谷大平安の監督や顧問に対し、部内での暴力行為があったとして有期の謹慎処分を決めた。これにより、この3チームの3名は、センバツ出場もベンチ入りできないことが決まった。

【暴力行為がツイッターで拡散】
私立松山聖陵高は1月28日、センバツ出場を決めた野球部の監督が部員の頭を小突く映像が動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されていると明らかにした。監督は同校の調査に「厳しい指導を反省する。今後は説諭する指導をしたい」と話した。

同校によると、動画は昨年9月ごろ、松山市内の野球部宿舎で撮影されたとみられ、監督が1年生部員の顔をつかみ、頭を壁にぶつける様子が写っている。生活態度について注意していたとみられる。出場校が決定したまさに1月25日の夜、ツイッターに投稿。

同校は26日午前、動画を確認し、監督に聞き取り調査。動画の削除依頼や投稿者の特定はせず、動画に写っていた部員への聞き取りもしない方針。県高野連には28日、報告した。

渡部正治校長は「暴力ではなく、指導の一環だ。ルール違反を繰り返す生徒への最も厳しい指導と捉えており、処分は高野連の判断に委ねる」と話しており、監督は野球部の指導を続けるという。

撮影は昨年9月ごろ。部員は生活態度を繰り返し注意されていたが、反抗的で監督が叱っていた。撮影者は3年生部員とみられ編集された痕跡もある。投稿したとみられる部員については「進路が決まっており犯人捜しはしたくない。進路決定にも監督が一生懸命奔走した」と話した。

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新

けが人などが出た場合は22日まで入れ替え可能。※変更の可能性あり

▷注目選手・ドラフト候補2019

札幌大谷(メンバー) 
札幌第一(メンバー) 
八戸学院光星(メンバー)
盛岡大付属(メンバー)
桐蔭学園(メンバー)
春日部共栄(メンバー)
習志野(メンバー)
山梨学院(メンバー)
国士舘 (メンバー)
横浜 (メンバー)
東邦(メンバー)
津田学園(メンバー)
星稜(メンバー)
啓新(メンバー)
龍谷大平安(メンバー)
明石商業(メンバー)
履正社(メンバー)
智弁和歌山(メンバー)
市立和歌山(メンバー)
福知山成美(メンバー)
広陵(メンバー)
米子東(メンバー)
高松商業(メンバー)
松山聖陵(メンバー)
市立呉(メンバー)
筑陽学園(メンバー)
明豊(メンバー)
日章学園 (メンバー)
大分(メンバー)
石岡第一(メンバー)
富岡西(メンバー) 
熊本西(メンバー)

「スポンサーリンク」

優勝候補アンケート募集中

※1月29日午後12時からアンケート開始※
※投票は一人1回まで※

【受付中】センバツ優勝候補はどこだ!

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

スポンサー リンク