《選手名簿》関根学園 野球部メンバー 2021年春季大会

関根学園 野球部 メンバー 2021年

関根学園 野球部 メンバーを特集!2021年春季北信越大会におけるベンチ入りメンバー[学年・出身中学]および春季県大会における戦歴・結果は、以下の通り。

[背番号 名前 投打 学年 出身中学校]
・メンバーは発表され次第、お知らせ

春季新潟大会での戦歴・試合結果

◆2021年春季新潟大会の戦歴・結果
・決勝 関根学園 2-3 新潟産大附
・準決勝 関根学園 4-2 新潟明訓
・準々決勝 関根学園 12x-11 北越
・3回戦 関根学園 6x-5 日本文理
・2回戦 関根学園 7-1 高田
・1回戦 関根学園 4-1 帝京長岡

◆2020年秋季新潟大会の戦歴・結果
・3位決定戦 関根学園 3x-2 東京学館新潟
・準決勝 関根学園 2-4 加茂暁星
・準々決勝 関根学園 7-0 新潟工(7)
・3回戦 関根学園 10-4 北越
・2回戦 関根学園 4-1 帝京長岡
・1回戦 関根学園 7x-6 長岡工(10)

春季北信越大会 高校野球 2021年

・日程:6月5日(土) 6日(日) 8日(火)
・組み合わせ抽選会:5月27日(木)
・会場:新潟(ハードオフ、長岡市悠久山球場)
・宿泊:新潟のホテルを予約(楽天トラベル)
・出場校:開催地の新潟県が4校で、残り4県は1校
 長野(1)|①—–(開催中)
 新潟(4)|①新潟産大附 ②関根学園 ③④新潟明訓新潟
 富山(1)|①高岡第一
 石川(1)|①小松大谷
 福井(1)|①敦賀気比



2020年 秋季北信越大会ベンチ入りメンバー

2020年の秋季北信越大会に出場する関根学園のベンチ入りメンバーを特集!

秋季新潟県大会3位。初戦・長岡工業戦は延長10回サヨナラ勝利で発進。準決勝では、優勝した加茂暁星に4-2の接戦で敗れる。北信越大会出場がかかる3位決定戦・東京学館新潟戦では、同点で迎えた9回裏に2点を挙げ、サヨナラ勝利した。

攻撃のキーマン・滝澤夏央(2年)は、秋季県大会では6試合で22打数9安打、打率4割9厘。1年生の春から背番号4でベンチ入りするなど下級生時代から活躍している。チームの主砲・4番の尾身颯太(2年・群馬県高崎市出身)は、北信越大会・準々決勝の佐久長聖戦では5打数4安打と躍動。

また、エース牧野水樹(2年)は、6試合中5試合で登板し、防御率は2.61と安定した投球をみせる。

<背番号・名前・投打・学年>
01 牧野水樹  右右 2年
02 大竹直樹  右左 2年
03 尾身颯太  右右 2年
04 増野樹   右右 1年
05 近藤晶英  右左 1年
06 滝澤夏央  右左 2年
07 増井琉壱  左左 2年
08 田原輝也  左左 2年
09 染川剛生  右右 2年
10 平井蓮人  右右 2年
11 田中雄心  右右 2年
12 岩崎利夢  右右 2年
13 瓶子歩夢  右右 2年
14 草間堅太  右右 2年
15 岩﨑皐晟  右右 2年
16 竹之内陵  右右 2年
17 村上斗海  右右 2年
18 笠松和希  右右 1年



2020年 秋季北信越大会における試合結果

関根学園 4-5x 敦賀気比(延長10回) ※準決勝
関根学園|003|000|100|0=4 
敦賀気比|200|000|101|1=5x 
—————————————
敦賀気比が延長戦を制し、5x-4の延長10回サヨナラで関根学園に勝利。先制したのは敦賀気比。1回裏に死球や失策などでチャンスを作ると、4番・大島正樹の3塁打で2点を先制。一方の関根学園は、3回表に8番・竹之内からの3連打で1点を返し、4番・尾身の2塁打で2点を加え、3-2と逆転する。さらに関根学園は、7回表に8番・竹之内陵(背番号16)が前回の佐久長聖戦に続く本塁打(ソロ)で1点を追加。リードされた敦賀気比は、7回裏に1番・東鉄心の2塁打で4-3の1点差に。さらに、土壇場の9回裏2死1・2塁から大島正樹が同点タイムリーを放ち延長戦へ。延長10回裏、敦賀気比は2死1・3塁から、1番・東鉄心がセンター前へ運び、5x-4のサヨナラで勝利。敦賀気比エースの竹松は初回5球で降板し、大島・上加世田が継投。元U15の上加世田は4回からロングリリーフし、力投した。関根学園は、先発の牧野水樹が7回4安打と好投。8回から背番号6の滝澤夏央が登板するも、敦賀気比の粘りが勝った。
—————————————
(関根学園)牧野、滝沢―大竹
(敦賀気比)竹松、大島、上加世田―長尾
・本塁打:竹之内(関根学園)

佐久長聖 5-7 関根学園 ※準々決勝
佐久長聖|110|000|210|=5
関根学園|000|012|22x|=7
—————————————
一進一退の点の取り合いとなったシーソーゲームは、関根学園が終盤に得点を重ねて7-5で勝利。関根学園は、2点リードされた5回裏に竹之内がソロ本塁打を放ち、勢いづくと、6回裏に逆転に成功。その後、佐久長聖が7回表に逆転するも、7回裏に関根学園・大竹の2ラン本塁打で再逆転。佐久長聖は直後の8回表に同点とするも、関根学園はすぐさま8回裏に2点を追加し再逆転。両チーム合計27安打の打ち合いを制した。
—————————————
(佐久長聖)出口、藤岡、井出―江原
(関根学園)牧野、滝沢―大竹
・本塁打:竹之内、大竹(関根学園)
・2塁打:朝田(佐久長聖)増井、竹之内、増野(関根学園)

新湊 2-9 関根学園 (8回コ) ※初戦
新湊・・|000|002|00x|=2
関根学園|010|031|13 |=9
—————————————
関根学園が14安打で大勝。2回に増井の2塁打で先制すると、5回に滝沢の適時打などで追加点。新湊は6回に二山の犠飛などで2点を返したが3安打に抑えられた。
—————————————
(新湊)津田、常川、竹村、石灰-島倉
(関根学園)牧野、滝沢-大竹
・2塁打:増井2、大竹(関根学園)

新潟県の高校球児 進路・進学先 

新潟県
日本文理 開志学園 中越 新潟明訓 北越 長岡
新潟産業大学附 東京学館新潟 加茂暁星
新発田中央 関根学園 長岡大手 帝京長岡