《選手名簿》立正大淞南 野球部メンバー 2021年

立正大淞南 野球部 メンバー 2021年

立正大淞南 野球部 メンバーを特集!2021年春季中国大会におけるベンチ入りメンバー[学年・出身中学]および春季県大会における戦歴・結果は、以下の通り。

[背番号 名前 投打 学年 出身中学校]
01 持田翔秀  右/左 2年 松江四
02 谷川翔太  右/右 2年 安来二
03 満田稔弥  右/左 3年 湖南
04 中野耀   右/左 3年 和田山
05 興梠フェリペ ケンゾウ 右/右 2年 アウローラ
06 外間進之介 右/右 3年 美里
07 島袋雄陽  右/左 3年 豊見城
08 藤田大吾  右/左 3年 大田一
09 山田力輝  右/右 3年 泉ヶ丘東
10 本田琉斗  右/右 3年 美原
11 森迫勇翔  右/左 3年 高西
12 田中翔平  右/右 3年 明治池
13 重栖立樹  左/左 3年 五箇
14 福島悠生  右/左 2年 松江四
15 田中康生  右/右 2年 深井
16 福島脩太  右/左 2年 湖東
17 小坂純輝  左/左 2年 甲田
18 新地大河  左/左 3年 北谷
[2021年春季中国大会の日程・結果]



春季中国大会での戦歴・試合結果

◆2021年春季中国大会の戦歴・結果

6月6日(日) 下関国際 9-2 立正大淞南 ※準決勝
下関国際|000|122|004|=9
立正大淞南|000|100|100|=2
投手:下関国際=松尾勇汰
投手:立正大淞南=持田翔秀→本田琉斗→新地大河
—————————————-
[試合結果] 下関国際が9-2で立正大淞南に勝利し、決勝進出。中盤以降に得点を重ね、計16安打9得点。打っては、2番松本竜之介が4打数3安打、4賀谷が4打数3安打2打点、8番赤瀬が5打数3安打1打点と活躍。投げては、先発の背番号18 松尾勇汰が9回を完投(122球)し、被安打8・四死球2・奪三振5と好投した。

[試合経過] 先発は、下関国際が背番号18 松尾勇汰、立正大淞南が背番号1 持田翔秀。3回終了まで、下関国際の松尾は被安打1・四死球0・奪三振2、立正大の持田は被安打1・四死球1・奪三振2と好投。4回表、下関国際は先頭2番の松本が2塁打で出塁すると、4番賀谷の2塁打で1点を先制。対する立正大は4回裏、2番山田・4番谷川がヒットで出塁するなどし1点を返す。下関国際は4回表、1番仲井が安打で1点、3番守の安打で1点を奪い、3-1と勝ち越し。立正大は6回途中から2番手 背番号10 本田琉斗に交代。 下関国際は6回表、6番片桐のタイムリーで1点、さらに1死満塁から9番松尾のスクイズで1点を追加し、5-1。7回裏、立正大は2番山田のタイムリーで1点を返す。9回表、立正大は無死1・3塁のピンチを招くと、ここで3番手として背番号18 新地大河に交代。下関国際は4番賀谷の安打で1点、7番水安の3塁打で2点、8番赤瀬の安打で1点を追加し、9-2とした。

6月5日(土) 立正大淞南 9-1 鳥取商業(8回コ) ※1回戦
立正大淞南|000|520|020|=9
鳥取商業|000|100|000|=1
投手:立正大淞南=持田→高田→本田
投手:鳥取商業=浦田→長谷川→山根→岩﨑
—————————————-
[試合結果] 立正大淞南が鳥取商業に9-1(8回コールド)で勝利。4回表にヒット6本などで5得点、5回には1番藤田大吾が2ラン本塁打を放つなど、鳥取商業の4投手から計13安打9得点で大勝した。

[試合経過] 先発は、両チームともに背番号1。立正大淞南は持田・鳥取商業は浦田。4回表、立正大は3連打で無死満塁のチャンスを作ると、1番藤田の犠牲フライで1点、2番山田の安打で1点、3番島袋の内野ゴロの間に1点、4番谷川の安打で1点を加え、4点を先制。さらに2死満塁から7番外間の安打で1点を奪い、一挙5点を先制。一方の鳥取商業は、4回裏に4番山本のタイムリーで1点を返す。5回表、鳥取商業は2番手として背番号11 長谷川に交代。5回表、立正大は1番藤田大吾が2ラン本塁打を放ち、7-1。6回裏から立正大は、背番号16 高田に交代。7回表から鳥取商業は3人目の背番号18 山根に交代。8回表、立正大は4番谷川の2塁打で1点、6番中野の安打で1点を加え、9-1とした。8回表途中から鳥取商業は4人目の背番号9 岩﨑に交代。8回裏、立正大は3人目の背番号10 本田に交代し試合を締めた。



春季島根大会での戦歴・試合結果

◆2021年春季島根大会の戦歴・結果
・決勝戦 立正大淞南 3-1 浜田
・準決勝 立正大淞南 11x-10 大田
・準々決勝 立正大淞南 10-0 出雲北陵(6)
・1回戦 立正大淞南 10-0 出雲商業(5)

◆2020年秋季島根大会の戦歴・結果
・3位決定戦 立正大淞南 6-3 矢上
・準決勝 立正大淞南 3-4 浜田(10)
・準々決勝 立正大淞南 7-3 飯南
・2回戦 立正大淞南 8-0 出雲西(7)



2020年秋季中国大会の戦歴・試合結果

立正大淞南(島3) 2-3x 米子東(鳥1)(延長11回)※1回戦
立正大淞南|000|101|000|00=2 
米子東・・|200|000|000|01=3x
————————————————
(立正大淞南)持田、新地、井上―谷川
(米子東)舩木佑―舩木洸
・2塁打:谷川2、重栖、藤田(立正大淞南)津田(米子東)

————————————————
米子東が立正大淞南に3x-2(延長11回サヨナラ)で勝利。7回以降、両チームは共に守り合い「0点」が並ぶ投手戦となった。迎えた延長11回の裏、米子東は1死から連続四球と4番・瀬川の安打で満塁チャンスとすると、7番・岡本陽希がサヨナラタイムリーを放ち、3x-2で勝利。秋季鳥取大会の決勝・鳥取城北戦に続き、2戦連続の延長サヨナラ勝利で準々決勝に進出。投げては、米子東のエース舩木佑(たすく)は、延長11回を一人で投げ抜き、被安打8与死四球4の2失点と力投した。サヨナラ打を放った岡本陽希の2歳上の兄は、2019年春夏の甲子園に出場した岡本大翔さん。

島根県の高校球児 進路・進学先 

島根県
石見智翠館 開星 益田東 三刀屋 大社
立正大淞南 出雲 浜田 矢上 島根中央