《特集》下関国際 野球部メンバー徹底分析 センバツ2021

下関国際 野球部 メンバーを特集 

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手

センバツ2021年 下関国際 野球部のベンチ入りメンバー・注目選手・成績データなどを特集する。

秋季山口大会=準優勝。中国大会=準優勝:県大会の準決勝・宇部鴻城戦では、中盤に一挙5点を挙げ8-6で勝利。決勝・桜ヶ丘戦は、延長12回の死闘の末、3-5で敗れて準優勝。中国大会では、初戦・西条農業に8-1(7回コールド)、続く準々決勝は岡山学芸館に5-1で勝利。準決勝は米子東に12-0(7回コールド)で大勝。決勝戦は、広島新庄に3-2で敗れて準優勝。

◆弱者が強者に勝つ:チームのモットーとして掲げられた言葉だ。秋の公式戦では、打率.304(25位)、平均得点6.6点(21位)、防御率2.05(17位)、平均失点2.9点(22位)を記録。1試合平均盗塁数は、2.8個(6位)と機動力を絡めた攻撃が持ち味だ。スポーツ6氏の評価は全てB。秋は出場選手の大半が1年生で、1試合ごとに力をつけた。ひと冬越えた春、さらに成長した姿を甲子園で見せる。

◆1年生がキャプテンを務める:野球部員41人中31人が1年生で、中国大会では18人中14人がベンチ入りした。キャプテンも1年生が務め、秋季中国大会では山下世虎(1年)、出場決定時は賀谷勇斗(1年)が務める。ともに率先した行動で監督やチームの信頼を集める。選手は、2018年夏の甲子園で同校が8強入りした活躍に憧れて入学している。

◆エース古賀康誠とリードオフマン賀谷勇斗に注目:左腕エースの古賀康誠(1年)は、秋公式戦で8試合47回を投げて、被安打32、奪三振38、与死四球16、失点10、防御率1.15と安定感がある。また、控えの松尾勇汰(1年)も決勝・広島新庄戦で7回を投げて被安打5、四球1、3失点と力投した。打撃面では、先頭打者の賀谷勇斗主将(1年)が軸だ。秋は打率.326、本塁打1本、チームトップの9打点を記録。切り込み隊長として、米子東戦では先頭打者ホームランを放った。



下関国際 ベンチ入りメンバー

※最終登録選手を反映 [3/17発表分=変更なし]

【背番号・名前・投打・学年・出身中学校】
01 古賀康誠  2年 左左 福岡 九州市立高須
02 守優雅   3年 右右 福岡 福岡市立香椎第二
03 山川太陽  3年 右右 広島 呉市立横路
04 森凜琥   2年 右右 大阪 佐野市立新池
05 賀谷勇斗  2年 右左 広島 呉市立白岳 ◎主将
06 仲井慎   2年 右右 兵庫 加西市立加西
07 片桐優介  3年 右左 山口 下関市立長府
08 赤瀬健心  2年 左左 大阪 松原市立松原第二
09 水安勇   2年 右右 山口 宇部市立黒石
10 山下世虎  2年 右右 和歌山 橋本市立高野口
11 長琉之介  3年 右右 福岡 福岡市立照葉
12 井藤陸斗  2年 右右 広島 呉市立広中央
13 橋爪成   2年 右右 兵庫 加西市立加西
14 松本竜之介 2年 右左 広島 広島市立大洲
15 那波賢人  2年 右左 兵庫 河合
16 奥山晃大  2年 右右 兵庫 神戸市立有馬
17 染川歓多  2年 左左 広島 熊野町立熊野東
18 松尾勇汰  2年 右左 福岡 九州市立田原
監督:坂原秀尚



秋季大会の主な成績・データ

<下関国際の主な成績データ|昨秋公式戦>
【回数】3年ぶり2回目(夏の甲子園=2回)
【成績】山口大会=準優勝、中国大会=準優勝
【勝敗】10戦8勝2敗
【評価】A=0、B=6、C=0(スポーツ紙6紙)
【打率】 .304 / 25位 (.332)
【防御率】2.05 / 17位 (2.19)
【失点数】29点 / 27位 (22.3点)
 →平均 2.9点 / 22位 (2.4点)
【得点数】66点 / 18位 (67.4点)
 →平均 6.6点 / 21位 (7.3点)
【本塁打】1本 / 23位 (3.5本)
 →平均 0.1本 / 23位 (0.4本)
【盗塁数】28個 / 5位 (15.9個)
 →平均 2.8個 / 6位 (2個)
【失策数】12個 / 30位 (7.2個)
 →平均 1.2個 / 29位 (0.8個)
【部員数】41人(0人) (21位)
【生徒数】272人 (30位)
——————————————
※→平均=1試合あたりの平均値
※ (カッコ内)=全32出場校の平均値
※部員数( )=マネ数(内訳)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手



センバツ2021 戦歴・結果

◆3月19日(金) 1回戦 [第1日目]
15:20 下関国際 2-6 健大高崎 [見所]
  下関国際|000|000|002|=2
  健大高崎|020|000|04x|=6

✍️試合結果コメント
健大高崎が6-2で下関国際に勝利。エース髙松将斗(2年)は、9回を1人で投げ抜き、3安打・2死四球・2失点と好投。打撃が注目される中で、投手陣の力を魅せた。健大高崎は、8回裏にプロ注目の4番・小澤周平(2年)があわや本塁打という強烈な打球の2塁打を放つなど、一挙4得点で試合を決めた。下関国際は、先発の松尾勇汰(1年)、エース古賀康誠(1年)の継投で相手打線を苦しめた。また9回表には2点を挙げる”終盤の粘り”を見せるなど、持ち味を発揮した。

✍️試合のみどころ
大会トップレベルの強力打線を誇る関東大会王者・健大高崎に、「弱者が強者に勝つ」をチームモットーとする下関国際が挑む。健大高崎は、秋季大会で合計15本塁打(出場校No.1)を記録し、2年生全員の合計本塁打は230本を超える。1試合あたり平均3個の盗塁を記録するなど、機動破壊も健在だ。一方の下関国際は、秋はベンチ入り18人中14人が1年生。キャプテンも1年生の賀谷勇斗が務める。投手陣が健大高崎打線を抑え、接戦に持ち込みたい。

✍️ポイント(注目選手など)
・健大高崎の個人別本塁打数は、小澤周平は通算37本、森川倫太郎は23本、綱川真之佑は21本を記録など、誰でも一発の力がある。小澤周平主将(2年)は、秋は打率.324、本塁打3本(チーム1位)、17打点(チーム1位タイ)を記録し、通算本塁打数は最多37本を誇る。また、3番・櫻井歩夢(2年)にも注目だ。関東大会を通じて打率.667、チャンスにも強く、関東大会の決勝・常総学院戦では、土壇場9回の同点打を含む6打数5安打2打点と活躍した。

・下関国際は、左腕・古賀康誠(1年)が秋8試合47回を投げて防御率1.15と安定感がある。主将で先頭打者の賀谷勇斗(1年)は、米子東戦で先頭打者弾を放つなど、打率.326、本塁打1本、チームトップの9打点を叩き出したキーマンだ。1年生が多く、秋から春にかけての成長が期待される。



秋季中国大会の戦歴・試合結果

◆決勝戦
下関国際(山2) 2-3 広島新庄(広1)

 下関国際|100|010|000|=2  
 広島新庄|001|100|10x|=3
————————————————
(下関国際)松尾、仲井ー守
(広島新庄)花田、秋山ー北田
・2塁打:花田、大可(広島新庄)片桐(下関国際)

————————————————
広島新庄が下関国際との投手戦を3-2で制し、優勝。先制したのは下関国際。1回表、2つの四球から走者をためると、5番・山川のタイムリーで1点を先制。一方の広島新庄は3回裏、四球で出た走者を犠打で確実に進め、1番・大可のタイムリー2塁打で1-1の同点に追いつく。広島新庄は4回裏、4番・花田が2塁打で出塁すると、5番・藤川がタイムリーを放ち、2-1と勝ち越す。しかし下関国際は5回表、四球で出た走者を犠打で送り、1番・賀谷のタイムリーで同点に追いつく。終盤の7回裏、広島新庄は7番・伊永のタイムリーで3-2と勝ち越し。これが決勝点となった。広島新庄は8回から、エース花田侑樹から秋山恭平へ継投し、試合を締めた。下関国際は、1年生の松尾勇汰が7回を投げて被安打5・四球1・失点3と力投を見せるも、打線が抑えられた。今大会は、広島新庄は投打の柱であるエース花田侑樹と左腕・秋山恭平の好投が光った。打線も4試合中3試合が1点差で勝ち上がるなど、勝負強さを見せた。一方の下関国際は、1年生の山下世虎がキャプテンを務めるなど、登録選手の大半が1年生ながら中国大会では準優勝と力を見せた。ひと冬越えた春、さらに成長した姿を甲子園で注目したい。

◆準決勝
下関国際(山2) 12-0 米子東(鳥1)(7回コ)

 下関国際|230|112|300|=12 
 米子東|000|000|000|=0
————————————————
(下関国際)古賀ー守
(米子東)舩木、山崎ー舩木
・本塁打:賀谷(下関国際)
・3塁打:赤瀬(下関国際)
・2塁打:賀谷、片桐(下関国際)舩木佑(米子東)

————————————————
下関国際が12-0(7回コールド)で米子東に勝利し、センバツ出場が有力に。下関国際は初回、1番・賀谷が先頭打者本塁打で勢いをつけると、二連打のあとに6番・片桐のタイムリーで1点を追加。2回には、2死満塁から4番・守のタイムリーと失策が絡み3点を追加。4回表には3番・水安の犠牲フライで1点、5回表には7番・赤瀬の右中間への3塁打で1点、6回表には3番・水安、4番・守のタイムリーで2点を追加。さらに7回表には、1番・賀谷の犠牲フライや3番・水安のタイムリーなどで3点を追加し、12-0とした。下関国際は先発・古賀康誠が7回を一人で投げ抜き、3安打無死四球の9奪三振で完封。打線では3番・水安、4番・守の中軸が2人で5打点をあげる活躍をみせた。一方の米子東は、初戦は立正大淞南に3x-2(延長11回)、準々決勝では盈進に延長11回で勝ち上がるなど勢いを見せてきたが、序盤の失点が響き流れを作れなかった。




◆準々決勝
下関国際(山2) 5-1 岡山学芸館(岡3)

 下関国際|300|020|000|=5 
 岡山学芸館|100|000|000|=1
——————————————————–
(下関国際)古賀、松尾―守
(岡山学芸館)岡田景、西村―赤木
・2塁打:水安、山川(下関国際)

——————————————————–
下関国際が5-1で岡山学芸館に勝利。先制したのは下関国際。1回表に3番・水安の2塁打で1点をあげると、2つの四球で2死満塁から7番・赤瀬が2点タイムリーを放ち、3-0と先制。一方の岡山学芸館は1回裏、4番・岡野の犠牲フライで1点を返す。その後、下関国際は5回表にもヒットで出た2者を5番・山川太陽が2塁打で返し2点を追加した。投げては先発・古賀が7回を8安打1失点と粘投、2番手の松尾が試合を締めた。

◆1回戦
下関国際(山2) 8-1 西条農業(広3)(7回コ)

 下関国際|101|123|000|=8  
 西条農業|000|000|100|=1
————————————————
(下関国際)古賀、松尾―守
(西条農)沖田、佐々木、沖田―福井
・本塁打:清水(西条農)
・3塁打:賀谷、仲井(下関国際)
————————————————
下関国際が西条農業に8-1(7回コールド)で勝利。1回表、下関国際は安打と2つの四球から満塁とし、押出死球で1点を先制。さらに3回表には2連続四球と失策で満塁とすると、8番・古賀康誠のスクイズで1点を追加した。4回表には、四球2つと安打で1死満塁とし、6番・片桐優介のタイムリーで1点を追加。5回表には、1番・賀谷勇斗の3塁打で1点、5番・山川太陽のタイムリーで1点をあげ、5-0とリードを広げる。6回表には、2番・仲井慎の3塁打と3番・水安勇のタイムリー、失策から3点を追加し、8-0とする。7回裏、西条農業は先頭の代打・清水淳見がソロホームランを放つなど粘りをみせるも、ゲームセット。下関国際の先発・古賀康誠は、7回途中までを投げ5安打1失点と西条農業打線を抑え込んだ。攻撃では合計5盗塁を決め、相手を揺さぶり流れを作った。西条農業の投手陣は合計13死四球、守りでは失策4を記録するなどリズムを作ることができなかった。



秋季山口大会での戦歴・試合結果

【秋季中国大会=山口(3枠)】
 秋季山口大会結果

①山口県桜ヶ丘の戦歴・試合結果
・決勝戦 山口県桜ヶ丘 5-3 下関国際(12)
・準決勝 山口県桜ヶ丘 9-2 萩商工(7)
・準々決勝 山口県桜ヶ丘 7-1 宇部工業
・3回戦 山口県桜ヶ丘 4-1 高川学園
・2回戦 山口県桜ヶ丘 5-3 徳山

②下関国際の戦歴・試合結果
・決勝戦 下関国際 3-5 山口県桜ヶ丘(12)
・準決勝 下関国際 8-6 宇部鴻城
・準々決勝 下関国際 8-5 柳井学園
・3回戦 下関国際 7-1 山口県鴻城
・2回戦 下関国際 5-2 長門
・1回戦 下関国際 8-5 宇部商業

③宇部鴻城の戦歴・試合結果
・3位決定戦 宇部鴻城 4-0 萩商工
・準決勝 宇部鴻城 6-8 下関国際
・準々決勝 宇部鴻城 11-1 南陽工業(5)
・3回戦 宇部鴻城 5-1 西京
・2回戦 宇部鴻城 17-0 美祢青嶺(5)

①日程・結果 ②注目選手 ③優勝候補 ④登録選手