【高校野球】2018年春季関東大会|開幕日程・組み合わせ抽選会(開催:千葉県)

【高校野球】2018年春季関東大会|開幕日程・組み合わせ抽選会(開催:千葉県)

2018年の高校野球シーズンは、まず選抜甲子園から始まる。選抜が終われば、すぐさま夏に向けて春季大会が開幕する。県大会を勝ち抜いたチームが集う関東大会は、5月19日(土)から5日間の日程で、千葉県で開催される。
【スポンサード リンク】


関東地区の注目高校は?

センバツでは、関東地区からは6校が出場。

中央学院はエースで4番の大谷の活躍に主将・池田の好リード、そつなく得点を挙げる攻撃力が高い。

明秀日立は、2017年秋の関東大会で全試合に登板した本格派右腕・細川の投球が際立つ。

強打の東海大相模、左腕・生井を擁する慶応の神奈川勢も実力がある。

東京大会6試合中4試合でコールド勝ちし、強力打線を武器とする日大三。

栃木大会から3投手の継投で勝ち上がり1試合平均の失点が1点台と投手力の安定する国学院栃木も注目だ。
【スポンサード リンク】


春季関東大会の開幕日程・会場(2018年)

5/19(土)~千葉県 5日間

春季関東大会の組み合わせ日程

今後判明次第追記

選抜高校野球の関東・東京出場校一覧(6校)

明秀学園日立(茨城)

国学院栃木(栃木)

中央学院(千葉)

東海大相模(神奈川)

慶応(神奈川)

日大三(東京)

21世紀枠・関東地区の選出高校一覧

茨城・日立一

栃木・青藍泰斗

群馬・藤岡中央

埼玉・市立川越

千葉・柏南

東京・佼成学園

山梨・都留興譲館
【スポンサード リンク】


2017年秋季関東大会の試合結果一覧

決勝

中央学院 6 – 5 明秀日立

準決勝

明秀日立 7 – 4 慶応

中央学院 3 – 2 東海大相模 (延長10回)

準々決勝

慶応 3 – 2 国学院栃木

明秀日立 7 – 5 健大高崎

東海大相模 12 – 1 作新学院 (5回コールド)

中央学院 5 – 1 霞ケ浦

1回戦

明秀日立 7 – 3 山梨学院

健大高崎 3 – 1 桐光学園

中央学院 6 – 3 花咲徳栄

霞ケ浦 13 – 9 東海大甲府

作新学院 9 – 4 関東学園大付

国学院栃木 2 – 1 市川越

慶応 5 – 4 拓大紅陵

【スポンサードリンク】