帯広農業 野球部ベンチ入りメンバー 2020年甲子園センバツ交流試合|すず野球がスローガン

甲子園交流試合2020 帯広農業 特集!

21世紀枠としてセンバツ交流試合に出場する帯広農業。野球部ベンチ入りメンバーの出身・中学、チームの注目選手(投手・打者)を紹介する。

チームが掲げるスローガンは「すず野球」、NHK朝ドラ「なつぞら(広瀬すず出演)」のモデル校となった帯広農業。野球部員の多くが農業後継者を目指す。

====高校野球・関連情報=============
甲子園高校野球交流試合の日程・結果
 [交流試合 8月16日(日)]
 健大高崎 1-4 帯広農業 [群馬|北海道]

「プロ志望届」提出者一覧を毎日更新中。2020年春の全国球児の進学先《高校別》を特集!

・47都道府県の独自代替大会(結果)はこちら。センバツ甲子園交流試合(日程・結果)が開催中!



ベンチ入りメンバー

【監督】前田康晴
<背番号・選手名・投/打・学年・出身中学校>
1 井村塁 右/右 3年 北海道・幕別町立札内中(主)
2 澁谷悠稀 右/右 2年 北海道・帯広市立南町中
3 前田愛都 右/右 3年 北海道・本別町立勇足中
4 佐伯柊 右/右 2年 北海道・帯広市立南中
5 梶祐輔 右/右 3年 北海道・帯広市立帯広第七中
6 千葉俊輔 右/右 3年 北海道・音更町立下音更中
7 黒神佑馬 右/右 3年 北海道・帯広市立大空中
8 菅結汰 右/右 3年 北海道・帯広市立第一中
9 水上流暢 右/右 3年 北海道・音更町立駒場中
10 得地佳来 右/右 2年 北海道・音更町立駒場中
11 田中竜雅 右/右 3年 北海道・帯広市立西陵中
12 村中滉貴 右/右 2年 北海道・芽室町立芽室中
13 小松田智史 右/右 3年 北海道・池田町立池田中
14 千葉央喜 右/右 3年 北海道・帯広市立帯広第一中
15 松島陸 右/右 3年 北海道・中札内村立中札内中
16 谷口純也 右/右 2年 北海道・芽室町立芽室中
17 江森誠祥 右/左 3年 北海道・池田町立池田中
18 西川健生 右/右 2年 北海道・様似町立様似中
19 佐々木汰一 右/右 3年 北海道・幕別町立札内中
20 小島知真 右/右 3年 北海道・帯広市立西陵中



注目選手(投手・打者)

・NHK朝ドラ「なつぞら」のモデルとなった高校。広瀬すずにあやかり「すず野球」をスローガンとする。「す」は「スピード・スマイル・素直さ」、「ず」は「頭脳的・ずばぬけた物を持とう」の頭文字からくる。

・1926年創部。今年は創立100周年の節目を迎え、82年夏以来2度目となる甲子園出場となる。

全校生徒の多くが農業などの後継者を志望する。ナインのパワーの源は、学校で搾乳した牛乳と収穫した大豆から作ったきなこ、てん菜から作った砂糖を混ぜた「パワードリンク」。

・朝5時半起きで家畜の世話などに汗を流し、放課後も時間外実習があるため、全員で練習できるのは週末だけという。

・2019年の秋季大会では、十勝地区大会全3試合をコールド勝ち。北海道大会4強。夏の秋田遠征では、金足農と練習試合を行い1敗1分け。同じ農業校の強豪から刺激を受け、秋の躍進を果たした。

・NBAに進んだ八村塁とは一文字違いのエースで主将の井村塁に注目。1年春から背番号7でベンチ入り、チーム1の努力家と認められた存在だ。本格的に投手に転向したのは、新チーム発足のタイミング。

・井村は、地元の十勝牛の皮革でできたグローブを利用している。これは、2つ年上の兄が、農業のない冬にアルバイトでお金を貯めて、19年12月にプレゼントしたもの。

・打率は、出場校中4位の.404と強打が持ち味。中心となるのは水上流暢。秋は27打数18安打19打点、打率.667とチームを引っ張る。ちなみに「広瀬すず」を好きなタレントとして名前をあげたのは、この水上。

・水上は、8人兄弟(男6・女2)の三男坊。帯広農業卒業後は、家業の農家を継ぐ。甲子園交流試合が最後の公式戦となる。

・就任5年目で初の甲子園に臨む前田康晴監督は、農業科学科教員として大豆、小豆などの栽培を指導する。「農作物も生徒も毎日見ること。毎日見ていると大きな違いは気付きにくい。でも日々の小さな変化を見つけられるかどうかで、その先の成長は大きく変わる」と語る。



打率・防御率・本塁打・部員数

【成績】北海道4強
【評価】A=0、B=0、C=5(スポーツ紙5紙)
【打率】.404★4位
【防御率】3.78
【得点】58点 (8.3点)
【本塁打】1本 (0.2本)
【盗塁数】12 (1.8)
【エラー】7 (1)
【部員数】37人/全校生徒585人
※(カッコ内)=1試合あたりの数
※★=全32出場校中のランキングトップ10

戦歴・秋の試合結果

秋季北海道大会=4強
帯広農業 2-11 札幌日大(7回コ)(準決勝)
帯広農業 5-0 北海道栄(準々決勝)
帯広農業 7-3 札幌山の手
帯広農業 8-7 武修館



出場校・ベンチ入りメンバー

※高校名(秋成績)・センバツ出場回数

【21世紀枠:3校】21世紀枠一覧
帯広農業(北海道4強):初出場
磐城(東北8強):3回目
平田(中国8強):初出場

【北海道:1校】北海道大会
白樺学園:初出場(優勝、神宮4強)

【東北:2校】東北大会
仙台育英:13回目(優勝)
鶴岡東:2回目(準優勝)

【関東・東京:6校】関東東京大会
健大高崎:4回目(優勝、神宮準優勝)
山梨学院:4回目(準優勝)
東海大相模:11回目(4強)
桐生第一:6回目(4強)
国士舘:10回目(優勝)
花咲徳栄:5回目(8強)

【東海:2校】東海大会
中京大中京:31回目(優勝、神宮優勝)
県立岐阜商業:19回目(準優勝)

【明治神宮枠 東海:1校】神宮大会
加藤学園:初出場 




【北信越:2校】北信越大会
星稜:14回目(優勝)
日本航空石川:2回目(準優勝)

【近畿:6校】近畿大会
天理:24回目(優勝、神宮4強)
大阪桐蔭:11回目(準優勝)
履正社:9回目(4強)
智辯学園:13回目(4強)
明石商業:3回目(8強)
智辯和歌山:14回目(8強)

【中国・四国:5校】中国四国大会
倉敷商業:4回目(優勝)
鳥取城北:2回目(準優勝)
明徳義塾:19回目(優勝)
尽誠学園:7回目(準優勝)
広島新庄:2回目(4強)

【九州:4校】九州大会
明豊:4回目(優勝)
大分商業:6回目(準優勝)
創成館:4回目(4強)
鹿児島城西:初出場(4強)

スポンサー リンク